« 春を探して・・・ | トップページ | 雪でした~♪ »

2008年1月24日 (木)

名も知らぬ 遠き島より・・・

先日、一足先に味わった菜の花畑のことを書きました
今回はその後の、これも思わず得をした帰り道のことを書きますね

菜の花畑を十分満喫した後、帰り道に日本百選に選ばれた「恋路ヶ浜」にも立ち寄りました
「恋路ヶ浜」と言えば、島崎藤村の「椰子の実」で有名な砂浜です


3fb4

   
    名も知らぬ 遠き島より

  流れ寄る 椰子の実ひとつ
  故郷の岸を はなれて
  汝はそも 波に幾月

  旧の樹は 生いや茂れる
  枝はなお 影をやなせる
  我もまた 渚を枕
  ひとり身の 浮き寝の旅ぞ

  実をとりて 胸にあつれば
  新なり 流離の憂い
  海の日の 沈むを見れば
  たぎり落つ 異郷の涙

  思いやる 八重の汐々
  いずれの日にか 国にかえらん


この「椰子の実」の詩は実際には藤村自身がこの浜で椰子の実を見つけたのではなく、親友の柳田國男が、明治31年の夏、伊良湖に滞在中に浜に打ち上げられた椰子の実を見つけて、藤村に話して聞かせたんだそうです
その話を基に藤村は「椰子の実」の詩を作り、その詩に昭和11年、大中寅二が曲をつけて、あの有名な歌となったそうです
興味深かったのは、今でも希望者を募り、沖縄、石垣島からメッセージつきの椰子の実を流し、本州でその椰子の実を拾ったと人と交流するようなイベントが毎年行われているということでした

F1db

(もしかしたらあなたの名前が^^)

日本百選に選ばれているだけの事はあって、「恋路ヶ浜」の風景は本当に綺麗でした
浜の一角に「恋人たちの聖地」というのがあって、そこでは鐘を鳴らすようなモニュメントが建っていました
そこから浜づたいに、伊良湖岬の先端にある灯台へと道が続いていました
伊良湖岬灯台は昭和4年に建てられたものだそうです
日本の灯台50選に選ばれていています
灯台の灯りは遠く名古屋から遠隔操作で行っているそうです

灯台に着いた頃、ちょうど夕日が西の空に沈む頃でした

4302_2

8c11

冷たい西風がかなり強く、白波が立っていましたが、夕焼け空が刻々と色を変え、その夕焼け空の下、灯台も恋路ヶ浜もとてもステキでした




|

« 春を探して・・・ | トップページ | 雪でした~♪ »

旅 文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011339/21550313

この記事へのトラックバック一覧です: 名も知らぬ 遠き島より・・・:

« 春を探して・・・ | トップページ | 雪でした~♪ »