« 「純」 | トップページ | 今日は楽しい雛祭り »

2008年2月28日 (木)

新名神を走ってみました~♪

2月23日は、新名神(亀山~草津田上間)の開通の日でした
この新名神開通は、京都や琵琶湖が好きな私にとってはとても便利な高速道路の開通になりました

道路の開通の時、早くから並んで一番乗りで車を走らせたいという方もいて、よくニュースなどで報道されていますが、私は開通一番乗りでその道路を走りたいという気持ちはありません
ところが、たまたま大津市内の友人に会う日が開通の日とピタリと重なり、開通は午後3時だったので、帰りに利用するつもりで大津の友人に会いに行きました
友人との用事も終わったので、私の好きなお寺のひとつ比叡山延暦寺を訪ねることにしました

大津市内から湖西道路を通って、比叡山ドライブウェイに入り延暦寺に向う予定でした。
ところが、
比叡山ドライブウェイの入り口の看板に「道路凍結のため、ノーマルタイヤの通行は禁止」の通告がしてあり、ノーマルタイヤの私の車は入ることができませんでした
そこで、延暦寺はあきらめて、好きな琵琶湖を眺めながらドライブしようと考えました
友人との会話の中で、「琵琶湖博物館
がいいよ 琵琶湖沿いの道にあるよ」と聞いて、ドライブがてら寄ってみようとも思いました


Biwa1



湖西道路をゆっくりと北上し、琵琶湖大橋を通って琵琶湖の東側に渡りました。
琵琶湖大橋から眺めた湖は、まだ春らしさもなく、冬のモノトーンの色合いで、湖面も風で波立ち、やや荒々しい感じの琵琶湖でした
琵琶湖の東側の湖に沿った道は、さざなみ街道と呼ばれています

目的の
琵琶湖博物館は、このさざなみ街道を南に下った草津市内にあります。
道の駅に寄ったり、琵琶湖畔で車を止めて景色を眺めていたりしたので、博物館に着いたのは、もう4時を回っていました
受付で、入館料600円を払うと、受付の人が「5時で閉館ですよ。今からだと少し駆け足で見てもらったほうがいいですね。是非1階の魚の展示館から回ってください」と言われました。
私は、博物館と言っても琵琶湖にちなんだ資料が少しだけ展示されているのだろうと、たかをくくっていました
ところが、展示内容の豊富さにびっくりしました。
受付の人が、「先に見てください」と言った魚の展示館だけでも、小規模な水族館と言える程、充実していました


Biwa5


そこには、琵琶湖の固有種である琵琶湖おおなまずやフナ寿司で有名なニゴロブナはもちろんのこと、さまざまな淡水魚を本当にたくさん見ることができました

(みなさんは、琵琶湖名産のフナ寿司を召し上がったことがありますか?
フナ寿司は、卵を持ったニゴロブナを使い塩漬けにしたフナをご飯の中に漬け込んで発酵させて作るものです
発酵させるだけあって、とてもクセがあり食べられない人も多くいるみたいです
私は初めて食べた時から、そんなに抵抗なく食べられました^^)


Biwa7


世界の湖に住む魚も飼育されており、中国の洞底湖に住むめずらしい、ケツギョや、アメリカの五大湖に住むロングイヤーフィッシュという魚なども鑑賞することができました
急いで見て回ったつもりでしたが、魚の展示館だけで30分程も費やしてしまい、2階へ上がって行った頃には、もう残り時間も少なくなっていました
2階の展示館も充実しており琵琶湖の生い立ちや、人と琵琶湖の歴史など、興味深げな展示物がいっぱいでした
「もう一回ゆっくりと見にこなくてわ」と未練を残しつつ、閉館になってしまいました


Biwa16


さて、帰りは開通したばかりの、新名神を利用しました
しかし、この日も雪にたたられてしまいました^^
博物館に入る前から、少し雪がちらついていたのですが、鈴鹿峠を縫うように作られた新名神は雪が激しく舞い、50キロ制限の規制で亀山に向かいました。
50キロ制限であったにもかかわらず、草津から亀山は本当に近く感じました

思っていた通り、これで、私にとって、京都も琵琶湖もますます近い存在になりました



Biwa15


|

« 「純」 | トップページ | 今日は楽しい雛祭り »

滋賀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011339/11380594

この記事へのトラックバック一覧です: 新名神を走ってみました~♪:

« 「純」 | トップページ | 今日は楽しい雛祭り »