« 雪でした~♪ | トップページ | 「純」 »

2008年2月14日 (木)

バレンタインには「赤福」を・・・^^

翌日は昨日の雪が嘘のような穏やかな晴天でした
昨日は夜に着いたので、窓からの景色は暗闇でしたが、朝になってみると湖面のように静かな英虞湾の海が広がっていました


Akafuku31


ゆっくりと朝食をすませ、旅館を後にしました
その日の予定は全く立ててありませんでした
旅館に置いてあった観光ガイドをいろいろ見ていたら近くに志摩マリンランドがあるのを見つけ「クリオネ」と「マンボウ」で有名な水族館であることを思い出し、志摩マリンランドに行くことにしました
志摩マリンランドは息子たちが小さい頃に一度訪れたことがあります

少し車を走らせたら、もう志摩マリンランドに着きました

鳥羽水族館は、規模の大きさとジュゴンがいたり、種類の多さで全国的にも有名な水族館ですが、そこと比べると随分規模の小さい水族館です
でも、小さな水族館ながら淡水魚のアロワナやピラルク、砂の中からエンピツの棒のようにひょっこり顔を出しているニシキアナゴなど十分に楽しめました
お目当てのクリオネは実際に見てみると、本当に小さくて泳いでいるようすは、まさに天使のように可愛らしかったです。クリオネは別名「流氷の天使」と呼ばれたりもしますが、本当は「ハダカカメガイ」という巻貝の一種だそうで、成長すると貝殻を失うそうです
最後にもう一つのお目当て、マンボウの水槽がありました


Akafuku32


いろんな形の魚がいて驚かされますが、マンボウのあの愛嬌のある姿は何とも言えませんね
海での生態は時にはあの平べったい体を真横にして、海の上にプカリプカリと浮かんでいたりすることもあるそうです そんな様子を想像すると、また何とも愛らしいですね
以前、南紀に行った時に、マンボウの串焼きを食べたことがあります
普通の魚肉とは思えない、歯ごたえのしっかりした食感でした


志摩マリンランドを後にして、帰り道に、今話題の「赤福」に立ち寄ることにしました

前にも書きましたが、偽装問題で閉店していた「赤福」がこの6日にようやく店を再オープンしたからです
再オープンの話題はニュースでも取り上げられオープン当日は徹夜組まで出たそうです
それから間もないので、ある程度の混雑は予想していましたが、実際に着いてみたらその混雑ぶりは、予想以上でした

Akafuku34


Akafuku33



目的は「赤福」をお土産にすることだったので、駐車場から近い五十鈴川店の方に行ったのですが、いったい本店の方はどんな混雑ぶりだったのでしょうか?

赤福を求めて、いったんは最後尾に並びましたが、前の方から「どれくらい待つんやろ?」「1時間半くらい待たなあかんらしいよ」という会話が聞こえてきて、そんなに急ぐ旅でもなかったのですが、さすがに1時間半待つだけの我慢強さは私にはありませんでした

せめて、この風景をカメラに収めておこうとあちらこちらを撮っていたら、食券を買って店内で食べる方は意外と空いているのを知り、お店でいただくことにしました
再オープン後の話題性もあってか、いつもより美味しく感じられました
変なものですね^^
それにしても、話題性というのはすごいですね
おかげ横丁の駐車場は初詣に行った時よりも車の数が多かったように思えました
県外のナンバーも数多く見ました


大雪の中の旅行、再オープンの「赤福」ちょっといつもとは違った旅の思い出となりました



どうぞ、お召し上がりください・・・愛をこめて?

Akafuku30

|

« 雪でした~♪ | トップページ | 「純」 »

旅 文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011339/11381544

この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインには「赤福」を・・・^^:

« 雪でした~♪ | トップページ | 「純」 »