« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月26日 (水)

関の山・・・

この前「土筆」の写真を取り上げ日記を書きました。
その時は、土筆を見つけるのさえ苦労したのですが、暖かい陽射しの中、あちこちで土筆が顔を出し、すくすくと背をのばしています。

私の住んでいるところから、わりと近くに関宿があるのですが、「灯台下暗し」というように、その関宿が、東海道五十三次の宿場町の中でも古い町並みが未だに残っているめずらしい宿場町であることを最近知りました。

それまでは、私の好きな京都へ行く時の通り道ぐらいの気持ちしかなくて、たまに宿場町から少し離れた国道1号線沿いの「道の駅 関宿」に立ち寄る程度のものでした。


その関宿が東海道53次の中で唯一昔の町並みが残された地区として、重要伝統的建造物群保存地区の選定を受けていると知って、改めて訪ねてみることにしました。


Ac11_2

実際に行ってみると、馬籠のような観光スポットではないので、観光客もそんなに多くはありませんでしたが、道に降り立って町並みを眺めて見ると、なるほど時代劇にでてきそうな町並みが並んでいました。

関宿は東海道53次の日本橋から数えて47番目の宿場町です。
江戸時代には人口が約1900人、本陣が2つ、脇本陣が2つそして42件の旅籠があったそうです。
行ってみてまず驚いたのが、銀行や郵便局が町の景観を損なわないように町並みに合わせたような外装になっていたことです。
そんなことから、関町を挙げて町並みを保存していこうという意気込みがよくわかりました。
実際に行ってみてわかったことがたくさんありました。
関宿は東西約1.8キロの宿場町なのですが、東の入り口は京都へ向う東海道と、伊勢詣でをする人の通る伊勢別街道の追分になっていました。
伊勢別街道へ曲がる道には鳥居が立っていて、その鳥居は20年に一度伊勢神宮の遷宮の時に宇治橋の南詰の鳥居がここに移されるという由緒のあるものでした。

 Cd35_2
(東の追分の鳥居 伊勢神宮より移されました)
 

また、西の入り口は東海道と大和(奈良)の国のお寺を詣でに行くための大和街道との追分になっていました。

宿場町の東西の入り口が共に別街道への追分になっているというのはめずらしいそうです。
だから当時は大名行列や伊勢参りの人々で賑わいをみせていた宿場町なのですね。

町並の中には2件の資料館がありました。

1つは「関宿旅籠玉屋歴史資料館」です。
ここは、当時「関に泊まるなら、鶴屋か玉屋、まだも泊まるなら会津屋か」と言われた、関宿を代表する旅籠「玉屋」を資料館として修復整備したものです。

4e44
(「虫籠(むしこ)窓」)

        
外観からしてとても風情のある建物でちょうど二階にあるこうし窓がユニークな形をしていて「虫籠(むしこ)窓」と呼ばれているそうでとても印象的でした。

資料館の中には、当時旅籠で使われていた道具類や庶民の旅に関係する歴史資料などを展示していて、とても興味深かったです。
特に面白かったのが、江戸時代の頃からもうすでに今でいうガイドブックにあたる本「旅の用心集」をまとめた本があったことでした。


9132

昔の人にとって、旅は最大の楽しみだったでしょうね。
もう一つの資料館は「関町並み資料館」です。
こちらは江戸末期の町屋建築の一つを資料館として整備したものです。
当時の庶民の生活を紹介する箱階段など、庶民が使っていた道具類が展示されていました。
受付の女の人がとても気さくな方で「入り口が京都と同じように狭いでしょ?うなぎの寝床と云われる建て方をしているのですよ。間口の広さで税金を決めていた当時の税金対策でしょうね」などと親切に案内してくれました。


最後にそこで得た知識をもうひとつ・・・

みなさんが今でも使われる「関の山」という言葉がありますね。
それは、関町のお祭に繰り出した山車がたがいに華美を競い合い狭い関宿を練り歩いたところから、「これ以上のない精一杯の」という今使われる言葉の語源になったそうですよ。

今の私には、関の良さを紹介するのは、これくらいで「関の山」
といったところです^^


Bd0f



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

レモン

 
D684


3月24日が「檸檬忌」と呼ばれる日であることをご存知ですか?

たぶん知らない方の方が多いでしょうね。

「檸檬忌」は昭和初期に活躍した作家梶井基次郎が、昭和7年3月24日に亡くなった日で、梶井の代表作「檸檬」にちなみその命日を「檸檬忌」と呼んでいます。
梶井基次郎は31歳の若さで亡くなり、作品もそんなに多くはありませんが、その鋭敏な感受性による、やや特異な短編は彼の没後、評価が高くなった作家です。

私は学生の頃、やはり梶井の「檸檬」を読み、その魅力に心酔し他の作品もあれこれ読んでみました。
梶井の代表作である「檸檬」はこんなふうに始まります。


「えたいの知れない不吉な魂が私の心を始終圧へつけていた。焦燥と云おう か――酒を飲んだあとに宿酔があるように、酒を毎日飲んでいると宿酔に相當した時期がやって来る。それが来たのだ。これはちょっといけなかった。結果した 肺尖カタルや神経衰弱がいけないのではない。また背を焼くような借金などがいけないのではない。いけないのはその不吉な魂だ。以前私を喜ばせたどんな美し い音楽も、どんな美しい詩の一節も辛抱がならなくなった。」


そして、ある朝「私」は京都の街から街へ歩き回り、「私」の好きな果物屋にたどり着きます。
そこで、檸檬を買うことになります。


「その日私は何時になくその店で買物をした。というのはその店には珍しい 檸檬が出ていたのだ。檸檬などありふれている。が其の店というのもみすぼらしくはないまでもただあたりまえの八百屋に過ぎなかったので、それまであまり見 かけたことはなかった。一體私はあの檸檬が好きだ。レモンイエロウの絵具をチューブから搾り出して固めたようなあの単純な色も、それからあの丈の詰まった 紡膵形の恰好も。――結局私はそれを一つだけ買うことにした。」


それから「私」は買った檸檬を握り締め、また歩き続け、最後に丸善にたどり着きます。
その丸善で画集を一冊づつ抜き出してみるうちに、一冊一冊の本をまるで色鮮やかな城のように積み上げます。
そして、とんでもないことを思いつきます。
色鮮やかに積み上げた本の城の頂上に果物屋で買った檸檬を置くことです。
そのシーンはこんなふうに描かれます。


「やっとそれは出来上がった。そして軽く跳ねあがる心を制しながら、その城壁の頂に恐る恐る檸檬を据えつけた。そしてそれは上出来だった。
見わたすと、その檸檬の色彩はガチャガチャした色の諧調をひっそりと紡錘形の中へ吸収してしまって、カーンと冴えかえっていた。私は埃っぽい丸善の中の空気が、その檸檬の周囲だけ変に緊張しているような気がした。私はしばらくそれを眺めていた。」


さらに「私」は奇妙な企みを思いつきます。

つまり、その画集の頂に檸檬をおいたまま外へ出て行くという企みです。
そして私は、すたすたと出て行きます。
冒頭の「えたいの知れない」不吉なかたまりは、この時吹っ飛んでしまうのです。
その時の気持ちはこんなふうに描かれています。


「変にくすぐったい気持ちが街の上の私を微笑ませた。丸善の棚へ黄金色に輝く恐ろしい爆弾を仕掛けて来た奇怪な悪漢が私で、もう十分後にはあの丸善が美術の棚を中心として大爆発をするのだったらどんなに面白いだろう。」


どうですか?
何とも奇異で、それでいて青年期の言いようのない憂鬱感をみごとに表現した短編だと思いませんか?
ただ、今読み返してみると、ちょっと気分が滅入るような作品のように感じました。
それでも、私が学生だった頃には、その特異な世界にどっぷりとつかってしまっていたのです。



1431






さて、「檸檬忌」を過ぎると桜前線もどんどん北上し、全国で日本人が大好きな桜開花のニュースが流れることでしょうね。
梶井基次郎の作品で「檸檬」と同じくらい好きな作品に「桜の樹の下には」があります。
梶井は桜をこんなふうに描きました。


「桜の樹の下には屍體が埋まっている!
これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍體が埋まっている。これは信じていいことだ。」


これがその冒頭の部分ですが、桜の大好きな人にとってはその発想に「ええっ!」と、その気味悪さを受けつけない人もいるかもしれませんね。
しかし、読み続けていくと嫌悪感を抱きそうな表現が、実は桜の花のみごとさを解き明かしてくれているような鋭い感性の文章だと思えてきます。


「お前、この爛漫と咲き乱れている桜の樹の下へ、一つ一つ屍體が埋まっていると想像して見るがいい。何が俺をそんなに不安にしていたかがお前には納得が行くだろう。
馬 のような屍體、犬猫のような屍體、そして人間のような屍體、屍體はみな腐爛して蛆が湧き、堪えられなく臭い。それでいて水晶のような液をたらたらとたらし ている。桜の根は貪欲な蛸のように、それを抱きかかえ、いそぎんちゃくの食絲のような毛根を聚めて、その液体を吸っている。
何があんな花弁を作り何があんな蕋を作っているのか、俺は毛根の吸い上げる水晶のような液が、静かな行列を作って、維管束のなかを夢のようにあがってゆくのが見えるようだ。」


私はこの「桜の樹の下には」の短編を読んだ時、透き通るような液が桜の内部を伝っていく美しい情景を思い描いて、鳥肌が立つような感動を覚えたのを思い出します。

3月24日は「檸檬忌」

爆弾のように置かれた檸檬
死体から出る水晶のような液を吸って咲く桜
ちょっと想像力を働かせて、梶井基次郎の世界に浸ってみませんか?


5202

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

Flavor Of ?~♪

昨日ナゴヤドームに行ってきました
と言っても野球を観に行ったのではありません^^
「フラワードーム2008 あいち花フェスタ 名古屋国際蘭展」
を観に行って来たのです


久しぶりに電車と地下鉄を使って行くことにしました

ぽかぽか陽気で電車の窓際の席に腰掛けてうとうとしていると
何と、日本酒の強烈な香りが・・・
隣の席の人がワンカップを飲んでいたのでした(オイオイ
朝から日本酒の香りはちょっときつすぎ、よほど席を変わろうかと思ったのですが
結局我慢して、お酒のニオイが鼻についたまま、名古屋に到着しました^^


名古屋からは地下鉄に揺られナゴヤドームに・・・

1800円の入場料を払い中に入りました
会場内は、コンテストで賞を取った蘭が並ぶ「コンテストゾーン」、フラワーデモンストレーションが行われる「イベントゾーン」、生花や園芸用品が売られている「ショッピングゾーン」に分けられていて、どこもすごい人であふれていました



Dom1

たくさんの種類の蘭がある中
ちょっと面白い二つの蘭を見つけましたので 紹介しますね

左は「オンシジューム アロハイワナガ」フリルがあるイエローのドレスを着た女性が踊っているように見えることから、「ダンシングバレリーナ」ともよばれています
右は「オンシジウム・シャリーベイビー」光などの熱にも反応して、チョコレートの香りを漂わせます(本当にチョコそのままの香りでした)



Dom2

(Angel Kiss   何か花の色が名前のイメージと違う感じ・・・)


先日は梅の香りに、爽やかなすがすがしい気持ちになりましたが
今回は蘭の甘く濃厚な香りにちょっと酔ってしまいそうでした


Dom4


Dom7



帰りは名古屋駅までシャトルバスに乗りました
たくさんの人がお土産に蘭を買っていらして
バスは、甘い香りに包まれながら名古屋の街並みを走って行きました


家に着くと、庭にはいつの間にかほとんど満開になった沈丁花の
甘酸っぱい香りが迎えてくれました

春の空気を思いっきり吸い込んで、春の匂いにちょっと幸せを感じました


そして、見上げた空にはみごとな飛行機雲・・・

空もすっかり春らしく秋の「天高く・・・」とは違った青空で
ちょっと霞んだような優しいブルー広がっていました



Dom18








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

!!!

梅や桃の花は清楚な白であったり、また艶やかな桃色や紅色で春の到来を知らせてくれます

でも、梅や桃の花のように人目を引きませんが、地上にも春を知らせるちょっと目立たない使者がいます


Tukushi7

そうです つくしです

つくしのことを「土筆」と書きますが、何ともうまい漢字表現ですね
にょきにょきと顔を出した「土の筆」たち

一本一本が何を書いているのでしょうね^^

昔は、よく春先に堤防につくし取りに出かけたものです

たくさん摘んできてはハカマを取り、母に卵とじにしてもらったのを思い出します

少し苦いので、子供心にあまり美味しいとは思わなかった記憶が残っていますが
子供の頃から、そんなつくしのほろ苦い味に春を感じていたのでしょう

Tukushi3

さて、「土筆」と書いてつくしとは本当に上手い表現だと書きましたが

つくしを表すもっとステキな詩を見つけました^^




ビックリ      
!           ---工藤直子ーー


 
光と風をつれて
 
つくしに変身した春があるいてきた

        ビックリ

つくしは ! のかたちをして

              ビックリビックリビックリビックリ

あっちこっちに ! ! ! !

                    ビックリ

それを見たわたしも ! になった
 


そこで いそいで


すきな人に  あいにいった

Tukushi5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

東風ふかば~

Yuuki37

梅が香にのつと日の出る山路かな   (松尾芭蕉)

早春を告げる梅の花がまもなく満開を迎えるようにみごとに咲いてきましたね

私の家の近くの白梅も周りに花が咲いていないので

ひときわ目立って咲き誇っています


Yuuki27

梅は見た目の綺麗さはもちろん、香りが何とも上品にあたりに漂い

そこが桜と違った魅力の一つですね

梅は何と薔薇科の落葉樹です

他の花に先がけて花を咲かせます

そんなところから、春告草とも言われています

中国が原産で日本へは奈良時代に遣唐使によって持ち帰られたと言われています

でも、今ではすっかり和風の象徴で、純日本的な感じがします

  Yuuki4

雪を思わせる白梅が、紅梅よりも先に花をつけます

そして、暖かくなるにしたがって華やかな紅梅が咲き始めます

その色による咲き方の違いも季節によく似合っていると思います

平安時代の頃から、桜の方が花の中心とされ

「花」といえば桜を指すようになったそうですが

それ以前の万葉集の頃にはむしろ桜より梅が多く詠まれ

「花」といえば梅を指していたそうです

私は、あの何ともいえないピンク色した桜も好きですが

それに劣らず早春のシンボルである梅の花と香りが大好きです^^


人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける  (紀貫之)

Yuuki10

  


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

大和の国の薬師寺の・・・

天気予報で「明日から春らしく暖かくなります」の予報を聞いて、心がウキウキしてきました。

さて、どこへ行こうか、そんな行き先を考える時が一番楽しい時です。


「早春の~」と考えて、う~んやっぱり大和路。

「早春の大和路」そのことばのひびきに大和の国、奈良に行こうと決めました。

東大寺は今二月堂で、あの有名な「お水取り」が行われている時期で、混雑しているだろうと思い、今回は薬師寺に行くことにしました。


薬師寺といえば、こんな歌があります。

 


ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔のうへなるひとひらの雲 (佐佐木信綱)

 


カメラがだんだんとズームアップしていくようなうまい表現の短歌です。

でも、季節が合わないので

 


早春の大和の国の薬師寺の塔のうへなるひとひらの雲

 


といったところでしょうか(笑

4b51

さて、奈良に向って出発しましたが、天気予報とは違いまだ少し肌寒い朝でした。

奈良まで車を走らせる途中の山々も、まだ本格的な春を感じさせてくれるような色合いではありませんでした。

でも、何て言ったらいいのか・・冬の山とは違い、春の芽吹きを待って白く霞んだような色合いでした。


そして、目的地の薬師寺に到着。

受付で拝観料500円を納めて入ろうとしたら、受付の人が「すみませんが、日光菩薩、月光菩薩は、東京国立博物館に展示のため貸し出されていて見られませんがいいでしょうか?」と申し訳なさそうにおっしゃいました。

「ええ~せっかく薬師寺に来たのに日光菩薩、月光菩薩が見られないの?」とがっかりしましたが、気を取り直して薬師寺に入って行きました。

E2f0

まず、中門では東大寺と同じように左右に仁王像が迎えてくれました。

東大寺の仁王像と違うところは、像に施されていた色がまだしっかりと残っていて、また違った印象の仁王像でした。

 

門をくぐると東西に三重の塔、目の前に金堂が配置されていて、まずその配置の綺麗さに驚きました。

別名「白鳳伽藍」と呼ばれているそうで、とても魅力的でした。

薬師寺はとても歴史のある寺で、天武天皇が最愛の妻の病気治癒を祈願し、藤原京において建立を発願されその後、女性天皇で有名な持統天皇が薬師寺を完成させました。

 

平城京の遷都によって今の場所に移動されたそうです。

B95e


長い歴史の中で戦火によりほとんどを焼失しており、東の三重の塔だけが戦火をまぬがれポツンと建っていたそうです。

それでも薬師寺復興の願いは強く、昭和51年に金堂が再建、56年に西塔、そして平成15年に念願の大講堂が再建されました。


東塔は唯一昔のままの姿を留めている塔で、さすがに長い歴史を感じさせる塔でした。

東塔は一見すると六重に見えますが、各層に裳階(もこし)といわれる小さい屋根があるためで、この大小の屋根の重なりがより美しさを増し「凍れる音楽」という愛称で親しまれているそうです。

東塔の一階の扉が開けられており、そこには釈尊が修行をつんでいる時の像が祀られていました。

そして再建された方の西塔は忠実に再建されたものですが、さすがに歴史が新しいだけに色鮮やかに建っていました。

西塔の一階には悟りを開いた後の、如来となった釈尊が祀られていました。


金堂も再建されたものなので、色鮮やかで荘厳な感じを受けました。

しかし、残念ながら受付で言われたように日光、月光菩薩は祀られていず、何と中心に祀られている薬師如来像もこれから移動するのか、厚い布で覆われていました。

幸い大講堂の方の弥勒三尊像は祀られたままで、拝んでくることができました。


大講堂の裏出口を出ると、小さな梅林がありここでも梅の花を楽しむことができました。


薬師寺は小学校の修学旅行で訪れて以来ですが、その時はこんなに魅力のあるお寺だったとは思いませんでした(小学生にお寺の魅力を感じるのは無理ですよね)

薬師寺見学の後、前回、正倉院展のために長蛇の列で入館をあきらめた奈良国立博物館へ向いましたが・・・

博物館のことは、またの機会にということで^^

 

あ、そうそう。

朝のうち肌寒かった天気も昼ごろにはぐんぐん暖かくなり、春らしいいい陽気の中で楽しい一日を過ごせました。


帰り道、春霞の山に沈んでいく夕日が本当に綺麗でした。

715c


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

今日は楽しい雛祭り

Ume1



先日関東地方に春一番が吹いたとのニュースが流れました

そして、今日はあちらこちらで黄砂が観測されたそうです
いよいよ本格的な春の訪れる季節となりました

今日は3月3日、桃の節句、雛祭りですね
我が家は二人とも男の子だったので、ずっと雛祭りには縁がありませんでした

私が子供の頃に飾っていた雛人形は、もうずっと木箱にしまわれたままでした
昨年久しぶりに雛人形のことを思い出し箱から出してみました
長い間木箱にしまわれていたわりには、思ったよりも色あせしていなくて、懐かしいお雛様の顔に出会うことができました
子供の頃、私の雛人形には、母から受け継いだ三人官女が一緒に飾られていました
小さい頃は思わなかったのですが、その三人官女がなかなか綺麗な顔をしています
関東のお雛様と関西のお雛様の顔の違いは、目にあると聞きました
関東のお雛様は目がぱちりとしているのに対して、関西のお雛様は切れ長の目だと・・・三人官女の目は切れ長の目をしています
雛祭りといえば、雛人形とともに母が作ってくれたちらし寿司を思い出します
雛人形を飾り、友達を呼んでちらし寿司を食べながら楽しい時間を過ごしたものです
雛祭りには女の子の行事らしく華やかな雰囲気がありますよね

松雄芭蕉の有名な「奥野細道」の序文に載せられた俳諧にもその雛人形が詠み込まれています

草の戸や住み替はる代ぞ雛の家

これは、芭蕉が旅に出かけるので、自分の住んでいた庵を人に譲った時に詠んだものです
自分の住んでいた侘しかった庵(草の戸)も人の手に渡り、今では雛人形が飾られている華やかな家に様変わりしているよ。といった意味でしょうか?

今年も雛人形の木箱を引っ張り出してきてお雛様のお顔を眺めていましたが飾りませんでした(笑
来年はまた飾ってみようかと思っています^^

母の味は出せませんが、ちらし寿司も作ってみました




B4f7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »