« 「国盗り物語」の城にて | トップページ | ハナミズキ »

2008年4月10日 (木)

桜に狂う

桜がもう満開の最盛期をむかえた4月5日、名古屋城に行ってきました。
名古屋城は桜の名所でもあるのですが、今回は名古屋城天守閣で開かれている「桜の美術」展が目的でした。

最近犬山城、岐阜城と城めぐりが続きましたが、何故か日本三大名城の一つとされる名古屋城はあまりに都市部の中心にあり有名すぎてかえって訪れる機会がありませんでした。

「伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ、尾張名古屋は城でもつ」と歌われるように、名古屋市そのものが城とともに誕生した街です。

名古屋市街に入り名古屋城を目指すと名古屋城のシンボルである金鯱を天守閣にいただいた名古屋城が見えてきました。


Meijyou4


さすがに威風堂々としており、美しいながらも圧倒的な大きさを誇っていました。

やはり花見客と「桜の美術」展を目当ての人々でごったがえしていました。

お堀沿いに咲く大木の桜の並木は、これはもう言葉にできないほどの綺麗さでした。

少し風が吹くと満開の大樹から桜の花びらが降り注ぎ、まさに桜吹雪の中を歩いている感じでした。


Kime


特別展と入城料とセットで800円を払い正門から入っていきました。
今回の目的である「桜の美術」展は2階で行われていました。


杉の戸一面に描かれた「桜図」や長谷寺の花見の様子を描いた屏風など見事な作品が飾られていました。

でも、その中でも特に目を引いたのが「桜に狂う」と題された絵の数々です。
それは、江戸時代に桜の絵ばかりを描いていた画家たちの絵のコーナーでした。
彼らは自らを「桜癖」(おうへき)「桜顛」(おうてん)と称し桜にこだわることを誇りに思って一生をすごしました。
江戸時代は青葉や赤葉、白花や赤花、黄花、一重や八重や枝垂れ桜など、さまざまな種類の桜が初春から晩春までを長期にわたりのどかに咲き誇り、愛でられてきたのだそうです。
彼らはそんな各種の桜のさまざまな表情を描くことに専念していたそうです。

彼らは総称として「桜狂」とも呼ばれています。

「桜狂」の画家はそんなに著名ではありませんが、第一人者の三熊思孝(みくましこう)、その妹の三熊露香(みくまろこう)その弟子織田瑟々(おだしつしつ)、広瀬花隠(ひろせかいん)などの画家がいました。


三熊思孝は、定職につかず貧しくとも少しも気にせず桜ばかりを描いていたという「桜に狂う」のまさに第一人者と言えます。
思孝の絵は「桜」だけでなく桜のまわりに鳥や虻を配し、桜を中心とした空間の広がりに特徴があるようです。


妹の三熊露香は、さすがに兄の影響を受け、画風が似ているように思いました。
ただ兄よりも桜そのものの描写が上手く品種の違いを意欲的に描いたとされています。


私が気に入ったのは、露香の門人、織田瑟々という画家です。
織田信長の末裔なんだそうです。
十代の頃から描いた桜から五十歳前後の末期にあたる作品が、それぞれの年齢に応じて味わいを見せ特に死ぬ前の作品などは清らかで優雅な感じを受け、とても印象に残りました。



「桜に狂う」――――桜好きの日本人を代表する画家たちの作品に巡り合えた名古屋城の一日でした。


Meijyou3







|

« 「国盗り物語」の城にて | トップページ | ハナミズキ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011339/20106521

この記事へのトラックバック一覧です: 桜に狂う:

« 「国盗り物語」の城にて | トップページ | ハナミズキ »