« 見えない配達夫 | トップページ | 蛍 »

2008年5月28日 (水)

空の青さをみつめていると

5273

5月ももう終わりの週を迎えました
ところによっては、30度を越す暑い日もあり、初夏から真夏へと移っていく時期でしょうか
とは言っても、もう日本列島の南から梅雨がはじまっています
本格的な夏は、この梅雨が明けてからですね

今のうちに、晴れわたった青空を満喫してみませんか?
今日も爽やかな五月晴れでした
最近では5月の初夏の青空を「五月晴れ」と呼んでいますが、旧暦ではもう5月は梅雨の最中なので「五月晴れ」は本来は、梅雨の合間に顔を見せる青空のことをさしていたようです
真夏の真っ青な空でもなく、また秋の高く澄んだ青空とも違い、淡い青空が広がっています
確かに爽やかなのですが、何故かじーっと見つめていると取り残されたような寂しさも感じてしまいます

なんとも言えないこの奇妙な感覚を、谷川俊太郎さんは、みごとに表現してくれます


かなしみ

あの青い空の波の音が聞えるあたりに
何かとんでもない落とし物を
僕はしてきてしまったらしい

透明な過去の駅で
遺失物係の前に立ったら
僕は余計に悲しくなってしまった


「何かとんでもない落とし物を」とは何でしょうか?
純粋な心?若さ? もう取り返すことのできないものを失くしてしまったかなしみが、私にはよくわかる そんな5月の青い空です

谷川俊太郎さんは、空をよく詩の中に描きますが、別の詩にはこんなふうに書いてあります


空の青さをみつめていると
私に帰るところがあるような気がする
だが雲を通ってきた明るさは
もはや空へは帰っていかない

(六十二のソネット 41)より


生きていることそのものが輝いている反面、何ともいえない不安、孤独感―そんなものを私は初夏の青空を見つめながら感じています

ちょっぴり生意気な哲学みたいなってしまいましたが、梅雨の前にふっとそんな世界に紛れこんだ一日でした



5271

|

« 見えない配達夫 | トップページ | 蛍 »

」カテゴリの記事

コメント

谷川俊太郎さんの詩は私も大好きです
変にロマンチックにならず、いつも冷静にいろんなものを見ている研ぎ澄まされた詩人の目を感じます。

とんでもない落とし物・・・私もありますよ。二度と見つからないもの^^

今日はちょっと曇っています
今度晴れたら、私も青空を堪能しておきますね・・・梅雨の前の爽やかな青空(*^-^*)

投稿: スノー | 2008年5月28日 (水) 11時22分

これを読ませていただいて、青空はどこまでも澄んで美しいものと観念的に思い込んでいたかもしれないなと思いました。

そらよおまえのうつくしさをすこしくれないか
(八木重吉)

これが私の青空のイメージです。

自然を見ても、ありのままを見るより、そこに、見たいものだけ見てしまう、自分にはそんな傾向があるかなと思いました。

投稿: joy | 2008年5月28日 (水) 14時42分

吸い込まれそうな青空を見ると・・・誰か空の上から覗いているではと
思うことシバシバです。
そんな青空にうっすらと下弦の月が浮かんで見えますね。
青空の中に浮かんだ月は可愛いですね。

しかし、どうして、青空なんでしょうね・・・。
黄色い空とか、桃色の空とか、あったらどうでしょうかね
そんな事をしたら、雨まで色が付いていそうですね
薄いピンクの雨が降ると、会社に行くのも止めて1日中眺めていたいですね。

> 何かとんでもない落とし物を
勇気と好奇心いっぱいの心を落としました。
いま、探しているところです。

投稿: 月の砂漠 | 2008年5月28日 (水) 16時55分

「何かとんでもない落とし物」なんですね、何かとても大切な落とし物」と言わないところが詩人の詩人たる所以なんでしょうね。

そう言われて私みたいにあたりをきょろきょろ見るのは、凡人の凡人たる所以ですね。

せっかくの格調高い話にすいませんね。

投稿: ロム | 2008年5月28日 (水) 19時04分

バニラさんの文を読んで
私も自分なりに「哲学」を
してみました
一旦は色々書きましたが
全部消しました
ここでは語らないことにしました
(おわり)

投稿: セザンヌ | 2008年5月28日 (水) 21時32分

何かとんでもない落し物と云われると、そうですね~、たくさんありそうですね
純粋な心や若さも勿論そうだけど、友情や恋、子供の未来、具体的なものがたくさん出るわ出るわ^^;
梅雨時は、心もじめじめしがちでしょう?
心のケアもしなくちゃダメですね


投稿: tetuya | 2008年5月28日 (水) 23時36分

スノーさん

はじめまして^^
いらしていただいてありがとうございます

>変にロマンチックにならず、いつも冷静にいろんなものを見ている研ぎ澄まされた詩人の目を感じます。

私も同じことを思います
それなのに、詩になるとロマンチックもほどよく混ぜ込まれているんですよね

とんでもない落し物は、二度と見つかりませんか?私もそうだなぁ~^^

今日は雨です もう梅雨のはしりでしょうか?
今度晴れたら青空を堪能してください*^-^*ニコッ♪

投稿: vanilla | 2008年5月29日 (木) 13時21分

joyさん

こんにちは*^-^*♪

>青空はどこまでも澄んで美しいものと観念的に思い込んでいたかもしれないなと思いました。

谷川俊太郎さんの空のイメージも、どこまでも澄んでいる というものではないでしょうか?
だから、そんな空に、人はいろんな想いを託したり、重ねたりするのではないかな?と思ったのですが・・・

八木重吉さんの詩はすばらしいですね

教えてくださって、ありがとうございます^^

投稿: vanilla | 2008年5月29日 (木) 13時42分

月の砂漠さん

こんにちは*^-^*♪
>誰か空の上から覗いているではと
思うことシバシバです。

昔、何かの絵本でそんな絵を見たような記憶があります
覗いていたのは神様だったと思うのですが、どんな話だったかは覚えていません・・・

黄色とか、桃色の空ですかぁ~
夕焼けの時に、移り変わっていく空の色の中で、黄色だったり、桃色だったりということはあるでしょうが^^
空全体が桃色・・・一度見てみたいですね!

薄ピンクの雨ですか?桜の頃ならなおいいですね^^

ロマンチックなコメントありがとうございますo(*^▽^*)o

投稿: vanilla | 2008年5月29日 (木) 13時54分

ロムさん

こんにちは*^-^*♪
>何かとても大切な落とし物」と言わないところが詩人の詩人たる所以なんでしょうね。

なるほど!そう言われればそうですね^^
「とんでもない」という言葉はインパクトがあり、重大さが印象付けられますものね・・・

>そう言われて私みたいにあたりをきょろきょろ見るのは
アハハハハ~!!
私のとんでもない落し物が見つからないのは、もしや・・・ロムさんが先に拾っちゃいましたね(爆

投稿: vanilla | 2008年5月29日 (木) 14時03分

セザンヌさん

こんにちは*^-^*♪
>私も自分なりに「哲学」をしてみました

わあ!と期待したのに・・・

どこで語られるのですか?
場所は?時間は?
ぜひ、教えてくださいね!(笑

投稿: vanilla | 2008年5月29日 (木) 14時06分

tetuyaさん

こんにちは*^-^*♪
>純粋な心や若さも勿論そうだけど、友情や恋

この恋について詳しくお聞きしたいですね!
こんどゆっくり聞かせてくださいね^^

今日みたいな雨の日は、その時の心の状態で、落ち着いて感じたり、憂鬱に感じたりしますね
憂鬱に思った時は、楽しくなるような音楽を聴くのが私の心のケアのひとつです
今日の気分はこんな曲かな?

http://www.youtube.com/watch?v=74ErqI2i0b8

投稿: vanilla | 2008年5月29日 (木) 14時14分

今日はすっかり酔ってしまったせいか、この曲は心に染みますね
vanillaさんは、こんな曲まで知っているんですね^^
今日の気分・・・私も
http://jp.youtube.com/watch?v=ENx_8Wfr6yM

投稿: tetuya | 2008年5月29日 (木) 22時18分

すっかり酔ってしまったtetuyaさん

こんばんは^^
「Rhythm of the Rain」は聴いてると元気がでませんか?
雨の日の憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれそうです^^

「水色の雨」こそ、心に沁みますね
綺麗な曲です~懐かしい*^-^*

投稿: vanilla | 2008年5月30日 (金) 00時10分

きれいな青空を見ながら
懐かしい二曲を聞かせていただきました(゚-゚*)

投稿: きなこ | 2008年5月31日 (土) 01時04分

きなこさん

こんにちは^^
今日は本当に100点満天の青空でしたね!
気持ちのいい日でした~♪

>懐かしい二曲を聞かせていただきました(゚-゚*)
喜んでいただけて・・・よかった!☆^▽^☆

投稿: vanilla | 2008年6月 1日 (日) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011339/21226585

この記事へのトラックバック一覧です: 空の青さをみつめていると:

« 見えない配達夫 | トップページ | 蛍 »