« 比叡山延暦寺 | トップページ | 今 あなたに・・・ »

2008年6月26日 (木)

微笑みの木喰仏に会いに・・・

T_img_7054

 

「木喰」(もくじき)のことを知ったのは、最近のことです
私の女友達で、古美術を商ってる人がいます
その彼女から「先日、木喰展を見に行って来たよ 帰り道には、顔が思わずにニコニコしてしまったわ」という話を聞きました
それが木喰という名を耳にした最初でした

それから、木喰について少し調べてみました
木喰作の「微笑仏」が広く世に知られ、高い評価を受けるようになったのは、それほど古いことではありません その美を発見したのは、柳宗悦で、大正12年山梨で偶然に出会った木喰仏について次のように記しています

「私は即座に心を奪はれました。その口許に漂ふ微笑は私を限りなく惹きつけました。尋常な作者ではない。異教な宗教的体験がなくば、かかるものは刻み得ない。」

 
そんなことを調べるうちに、ますます木喰の創った微笑仏に興味が湧いてきました
そして、豊橋市美術博物館で6月22日まで木喰展が開催されていることを知りました
豊橋市美術博物館のパンフレットに、木喰作の微笑仏の写真が何点か載っていました
何とも魅力的な笑いを浮かべた仏様の写真でした
「わ 木喰展がもうすぐ終わってしまう」といそいそと出かけることにしました
梅雨空のもと、東名高速を豊橋へと走りました

 

T_img_7051 T_img_7074

高速を下りてしばらく走ると、りっぱな豊橋市役所が見えてきました
豊橋市美術博物館はその隣の公園内にありました
公園には吉田城跡もあり大きな木立の多い落ち着いた雰囲気の公園でした

美術博物館も市の施設としてはとても立派で、いろいろな催しも開催されているようでした 市がこんなふうに文化的な活動に力を入れているのはとても羨ましく思いました
2階の受付で、入場料800円を払って、さていよいよ木喰の微笑仏との対面です

木喰は3回程その名を変えていたそうです 最後には「木喰明満仙人」と名乗りました
特に大きな仏像はなかったのですが、ちょっと荒削りにも見える、そして何とも個性的な顔や姿は期待通りのものでした

にっこり笑って子供を抱いている「子安観音像」は木喰が好んで彫ったようで、とても魅力的でしたが、十二神将の像は私が今まで見てきた神将像とは全く違う顔姿で、改めて木喰の独創性を感じました
私が今まで見てきた有名な仏像たちも歴史の重みを感じさせてくれたり、その慈愛あふれるお顔、お姿に深い感動を覚えてきました
それと比べると、木喰の創る像たちは、歴史の重みというより、むしろ斬新ささえあり、まるで現代の彫刻芸術と言ってもいいような目新しさを感じました

また、仏像だけでなく、歌集や書画が展示されていました
これらは、少し荒削りな仏像とは違い達筆で書かれていたり、中には精緻なデザイン文字を思わせるような書画もありました

木喰は仏像を彫る仏師が職業ではありません
特定の寺院や宗派に属さず全国を巡り歩いた遊行僧です
木喰という名が示す通り穀物を口にせず、山菜や生の木の実だけを食べるということを自分の戒として、修行する僧でした
木喰がその戒めを自分に課したのは45歳になってからです
全国を巡って修行を始めるのは56歳の時です さらに、仏像を彫り始めたのは61歳という年齢に達していました

木喰の自身の像も3点ほど置かれていましたが、長い顎鬚をたくわえ、心から笑っているような像に生身の木喰も本当にこんなふうに柔和な人だったのだろうと思いました
自身像のひとつは、その背面をくりぬき、子供たちがその中に幼子を入れて雪滑りを楽しんだという像もあり、木喰の人柄がしのばれる一作でした
木喰は粗末な食事を取っていたにもかかわらず、93歳まで長く生きた人で、さらに驚いたことに、その創作意欲は80代で1000体の像、そして90代では2000体の像を彫ろうと意欲を燃やしていたことです

 

友人の話の通りでした

木喰展を見た帰り道には、心も顔もニコニコになっていました


Yakushi

(パンフレット より)

|

« 比叡山延暦寺 | トップページ | 今 あなたに・・・ »

旅 文化」カテゴリの記事

コメント

> 「木喰」(もくじき)のことを知ったのは
初めて知りましたね。
確かに粗削りのようにも感じますが、愛しさのある微笑を醸しだしています。
総じて国津神は大黒さんのような独特な笑みを持っていますから神様の化身なのかも知れないですね。
笑顔に接すると笑顔になりますよね 心が豊かになりますね。
それにしても・・・彫り始めたのが61歳ですか 鏡とします。

> その創作意欲は80代で1000体の像、そして90代では2000体の像を彫ろうと
その活力源はどこにあるのでしょう
与えられた使命を感じます。

> にっこり笑って子供を抱いている「子安観音像」
まさに三つ子の魂百までも・・・
揺れ動いているいまの時代に、見て欲しい、考えて欲しい 自分の子ども時代を思い出して欲しいですね。

投稿: 月の砂漠 | 2008年6月26日 (木) 21時21分

こんなに微笑んだ安らかなお顔を彫るんですから、きっとそれまでにいやなことや悲しいことを沢山体験したんだろなあと思います。
だからもう、そんな悲しい顔や怒った顔は見たくないと思ったのかも、最近いやな事件が起こるたびにそんなものは放送しない、楽しい事だけ放送するニュースがあったらと思います。
和歌山には「ニュース和歌山」というミニコミがありますが、そこのコンセプトがそれに近いものです。
きっと「もくじきさん」はそんな人ではなく、そんな理由でこんな微笑の像を彫ったのではないと思いますが、私は勝手にそう思いました。
こんな勝手な想像も許してくれるようなやさしい微笑みの像でした。

投稿: ロム | 2008年6月26日 (木) 21時44分

木喰って初めて聞きました。

生の木の実って栗なんかもいるんでしょうね?

しかし、穀物を食べずに、山菜だけでやっていけるんですかね

しかも、45歳っていえば、その時代は人生40年or50年っ

て頃ではないでしょうか。晩年になって、自分を戒められた理

由がおありになったでしょうかね?

投稿: カバディーtakennaka  | 2008年6月27日 (金) 12時53分

月の砂漠さん

あまり写真を載せられなくて、残念なのですが
十二神将像など見られたら、その個性的な姿にびっくりされると思いますよ^^
荒削りながら、芸術作品と感じられる独特の美しさがあるんです

>それにしても・・・彫り始めたのが61歳ですか 鏡とします。
ですよね・・・びっくりです!
22歳で出家し、長い間修行を重ねて60歳を過ぎてから、急に彫るということに目覚めたように彫り始めたきっかけは何だったのでしょうね
旅先で出会った円空仏に息が詰まるほどに感動を覚え、それが彫り始めのきっかけという説があったり、それなら何故円空仏に似せて造像を開始するはずだ・・などと意見も分かれているようで、きっかけは定かではないようです
月の砂漠さんまだまだこれからですね!

「子安観音像」も微笑んでいるから余計に母の子への想いや優しさが伝わってくるようでした

投稿: vanilla | 2008年6月27日 (金) 14時34分

ロムさん

木喰仏は最初から微笑んでいたのではなくて、80歳になって独特の微笑みを見せ、90歳頃には心の底からの笑いが表現されています
だんだん笑顔の仏像に変わっていく、それはロムさんがおっしゃったように、木喰が苦しみや悩みも数多く体験し、それらを乗り越えてたどりついたところに、微笑仏があるのかもしれませんね
笑顔は誰にでもできる、周りを明るくする一番簡単な方法であるようで、
でも、心からの笑顔は難しいことでもありますね

和歌山県、いですね!「ニュース和歌山」
楽しい事だけ放送するニュース、こんな世の中だからそんなニュースを見て微笑みたいですね^^

>こんな勝手な想像も許してくれるようなやさしい微笑みの像でした。
まさに、その通りです・・・
機会があったら、是非ご自分で確めてくださいね

投稿: vanilla | 2008年6月27日 (金) 14時53分

カバディーさん

>その時代は人生40年or50年っ
そうですね・・・think
だから93歳まで生きた木喰は、今の時代にしたら120歳を越えているでしょうか?
しかも、木喰は歳を重ねるにしたがって、より生き生きと瑞々しい感性を開花させていった生き方をしてきたようです

>晩年になって、自分を戒められた理由がおありになったでしょうかね?
22歳で出家し、修行を重ねる過程での自分への戒めのひとつとして課したのではないでしょうか?

投稿: vanilla | 2008年6月27日 (金) 14時59分

今、男声合唱の仲間と、練習後、飲みながら、泡を飛ばしてしゃべってきたところです。私より高齢な重鎮を制しても喋り捲って、お互い、まだまだ熱くく燃える火種を感じてきました。

しかし、木食に比べたら、我々でもまだまだ、まさに洟垂れ小僧ですね。「燃えるぞ!もっといい表現を創造するぞ!」今日の会合の意味ををさらに高めるきっかけをいただきました。

Thank you,vanilla!

投稿: joy | 2008年6月28日 (土) 02時19分

微笑みの仏像を彫ることは~
沢山の修行を積んだ故出きることだと思われます、
ボクなんかまだまだ・・・。

己の所業を戒め
人のために生きること・・・
これは歳を頂いたボクがこれから行わなければ成らない
修行の一つなのかもしれません。

ほんとうにですよね・・・
微笑みいっぱいのニュースを見たいものです、
わたしたちが作らねばね・・・微笑みの世の中を。。。

投稿: ヒロぴょん | 2008年6月28日 (土) 07時58分

joyさん

>飲みながら、泡を飛ばしてしゃべってきたところ
楽しそうですねぇ~^^
joyさんにはお互いを高めあう素敵な仲間がいらして、青春時代のように議論を戦わしていらっしゃるのですね!
すばらしいです!^^

でも、木食からみたら洟垂れ小僧でしょうか?
だったら、私はまだ赤ちゃんかな?happy01

投稿: vanilla | 2008年6月28日 (土) 13時36分

ヒロぴょんさん

木喰はたくさんの和歌も詠んでいるのですが
自分のことをこんなふうに詠んでいます

木喰も悟りてみれバ なまさどり(生悟り)
にゑたもあれば にゑぬのもあり

木喰でさえも、こんなふうに自分を振り返るのですね^^
>人のために生きること・・・これは歳を頂いたボクがこれから行わなければ成らない 修行の一つなのかもしれません
ヒロぴょんさんは、もうすでに自分のためだけでなく周りの人のためにも生きてると思いますが、ますます頑張ってくださいねhappy01

投稿: vanilla | 2008年6月28日 (土) 13時57分

vanillaさん こんばんはmoon3

私も「木喰」ってはじめて聞きました
vanillaさんの文章を読ませていただいてたら、私も見てみたくなって、調べたら今横浜で開催されてるようです
近くならよかったのに。。。残念です

案内に写真が何点か載っていましたので、貼っておきますね^^
http://www2.sogo-gogo.com/common/museum/archives/08/0627_mokujiki/index.html

投稿: スノー | 2008年6月30日 (月) 20時57分

はじめまして
「微笑仏」は ある意味 革命だと思います
仁王像など怒ったものや
仏のような悟ったものが常であったものの
笑う仏など掟破りだたのでしょうから・・・
木喰は既存の価値観を突き破った無法者だと
思いました^^

投稿: ゴーギャン | 2008年7月 1日 (火) 17時35分

スノーさん

お返事遅くなってごめんなさい
そうですか、今は横浜ですか?
大阪から、山梨、豊橋、横浜・・・次にスノーさんの近くで開かれるように祈っております

写真で見るとますます実物を見たくなりますよね^^
写真のページ貼っていただきありがとうございますm(_ _)m♪

投稿: vanilla | 2008年7月 2日 (水) 16時18分

ゴーギャンさん

はじめまして!
コメントありがとうございますhappy01

>木喰は既存の価値観を突き破った無法者
最初に木喰の仏像を目にした人たちは、たまげたでしょうね きっと^^
でも、微笑む仏像は人々が本当は求めていたものだったのかもしれません
だからあちこちで頼まれて彫っていたようです

私も一体部屋に置いておきたいと思いますもの^^

投稿: vanilla | 2008年7月 2日 (水) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011339/21907922

この記事へのトラックバック一覧です: 微笑みの木喰仏に会いに・・・:

« 比叡山延暦寺 | トップページ | 今 あなたに・・・ »