« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月26日 (土)

空蝉

1b8e_2    

猛暑が続きます
朝早くからセミの声が嵐のように聞こえてきます
まさに蝉時雨ですね
最近のセミはクマゼミ(私の地方では、その鳴き声から「シワ」とも呼びます)が多いような気がします
昔は、もっとアブラゼミがいっぱいいて、クマゼミの方が珍しかったように思います
私は、ちいさい頃あまりセミとりに興味はなかったのですが、男の子たちがクマゼミを捕まえると「シワを捕ったぞ!」と自慢げに虫かごを見せてくれたのを思い出します
その事を思うと、今はアブラゼミはあまり見なくなって、朝からクマゼミが「シワシワシワシワシワシワシワ~~」と賑やかに鳴いています(アブラゼミはアブラゼミでとてもうるさかったですけどね)

セミの声といえば「閑さや岩にしみ入蝉の声」という芭蕉の句があります
この、岩にしみ入セミの声のセミは何ゼミだろうと、とても気になったことがありました
あたり一面蝉時雨が降り注ぐからこそ、却って静かさを感じたのなら、アブラゼミかな?クマゼミかな?と思ってみたり、高い木立の上の方で鳴くツクツクボウシの「ツクツクボウシ~」といった響き渡る声に静けさを感じとるのならツクツクボウシかな?また、山の中で聞いたのなら「カナカナカナ~」と鳴くヒグラシかな?と思いをめぐらせた事があります
もちろん作品のとらえ方は自由なので、どのセミととらえてもいいのでしょうが、何事も研究はされているもので、やはり正解のセミは研究されていました
何と「ニイニイゼミ」だそうです
それを知った時は、予想していたどのセミでもなかったので、「へぇ~」と少し意外な感じがしました


T__019_2


先日、涼を求めて近くの山へ車を走らせました
そんなに高い山ではないのですが、スカイラインをどんどん登っていくと、アジサイが今ちょうど見ごろでした
風もひんやりとしてきて、車のエアコンを切り、窓を全開にして走りました
山中からは、鶯とヒグラシの鳴き声が、まるで共鳴するかのように聞こえてきました
不思議なものですね、夏真っ盛りなのにヒグラシの声を聞くと何故か夏の終わりにいるような錯覚を覚えました
でも、やはり山を下って来ると下界は焦げつくような暑さでした

T__085_2


さて、その日の夜遅くに息子が帰ってきたら、「お母さん ちょっとちょっと!」と呼ぶので玄関先に出てみると玄関の柱の下の方で、まさにセミが羽化を始めて、殻を破って出てきているところでした
透明な羽がまだシワだらけでしたが、アイロンをかけたみたいに綺麗になっていくまで、息子と二人でずっと見ていました
めったに見られないシーンなので、心がウキウキしました
次の朝、気になって見にいくとセミはもうどこかに飛び去っていて、後には抜け殻だけが柱に残っていました
この抜け殻を「空蝉」と呼ぶ日本語は、やはり美しい言葉です



うだるような暑さが続きます
私の好きな詩人吉野弘さんは、そんな猛暑の日暮れ時をこんな素敵な詩で表現しています



「熟れる一日」

赤いすいかの内側のような
夕焼け。
こんなに良く熟れる夏の一日もある。

空にいらっしゃる方が
大きなスプーンで
ひと掻きずつ
夕焼けを
掬って 召しあがるのか
赤いおいしそうなところが
ゆっくり 減ってゆく。

暑かった昼のほとぼりのさめないまま
たちこめる青い暮色。
空 の高いところに
かすかに赤い横雲が一筋
食べ残された風情で。


3aea

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

私の夏休み

Mugiwara_umi1

いよいよ全国的に梅雨明け宣言が出されました
毎日うだるような暑さです
梅雨明け宣言とともに、学校も夏休みに入りました

私がまだ少女だった頃の夏休みは、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のような「古き良き時代」でした
エアコンなどもちろんありませんでしたが、今ほど暑さを感じませんでした
扇風機の風で十分涼めました
扇風機に向かって「あ~~~」と声を出して、その声が震えるのを面白がっていました
あの時代の子供なら誰もがしたことのある経験ですね^^
扇風機がなくても、母の隣に寝転んでいると母があおってくれるうちわの風がここちよく、ついつい眠りに誘われました
遊ぶ場所にしても、今では「危険!ここで遊ぶな」と立て札がたっている川なども、その頃は子供たちの絶好の遊び場でした
男の子だけでなく女の子の私も川に入り、タモで魚とりをしました
私はなかなかうまく獲ることができませんでしたが、男の子たちは、タモに上手に魚を追い込むようにして、フナやハヤ、モロコなどをつかまえてバケツに入れていました
私の祖父は、家の裏を流れていた小さな川で時々うなぎをつかまえてきました
もちろんそのうなぎは、その日の食卓に蒲焼となって並べられました

気軽に利用できるプールなど近くになかったので、海水浴によく連れて行ってもらいました
今のように家族で出かけるというのではなく、お父さんたちが近所の子供を集めては電車に乗って海水浴に連れて行ってくれたものです
海の家の一角を借り、そこから私たち子供は波打ち際に走っていき、真っ黒に日焼けするまで海で遊んだものです
そういえば、自分用の可愛い浮き輪もあったのですが、海の家でタイヤのチューブを膨らませた、大きな浮き輪を借りて、子供たちみんなでそれにつかまって泳ぐのが楽しみでした

私の家の近所には同じ歳くらいの女の子が12人もいました
夏休みは毎日のように誰かしらの家に何人かで集まって遊んでいましたが、どこの家に行っても、午後は昼寝をさせられました
我が家でも、友達が来て遊んでいると母が「さあ、今から昼寝せなあかんよ」と言ってタオルケットを子供の人数分出してくるのです
みんなは、好きなタオルケットを取り合うようにして選んで畳にごろんと寝転がって昼寝をするのです
はじめはこそこそ笑いあったりおしゃべりをしているのですが、知らないうちにみんなうとうとと眠ってしまいました
目を覚ますと、母がサイダーを出してくれて、コップの中に泡が次々と浮かんでくる冷たいサイダーを飲むのも楽しみのひとつでした

今、エアコンのよく効いた涼しい部屋で、そんな少女の頃のことを思い出してみると、今の子供たちとは違った夏休みの楽しみが浮かんできます
今は、かつて私が遊んだ、家の近くの川では子供たちの歓声は聞こえてきません
小学校の運動場も入り口の鉄門が閉まり「関係者以外の立ち入りはご遠慮ください」と書かれたよそよそしいプレートが付けられ、人っ子ひとりいません
子供たちはどこに行っているのでしょう

Suika3

なつやすみ  吉田拓郎  ←(クリックして、聴いてくださいね^^)

麦わら帽子は もうきえた
たんぼの蛙は もうきえた
それでも待ってる 夏休み

姉さん先生 もういない
きれいな先生 もういない
それでも待ってる 夏休み

絵日記つけてた 夏休み
花火を買ってた 夏休み
指おり待ってた 夏休み

畑のとんぼは どこ行った
あの時逃がしてあげたのに
ひとりで待ってる 夏休み

西瓜を食べてた 夏休み
水まきしたっけ 夏休み
ひまわり 夕立 せみの声

Icon03

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

今 あなたに・・・

2008061900000381reuintview000_5


前回、政治や経済に疎い私が、あまりの値上げラッシュに、今の政治への不信、そして本当に全ての人々のことを考えてくれる理想的な政治家の出現に思いを馳せた文章を載せました
思いのほかたくさんのコメントをいただきました
やはり、政治問題、経済問題は難しいですね
おりしも、7月7日に洞爺湖サミットが開かれました
7月7日といえば七夕、偶然でしょうが、彦星と織姫が1年に1度逢って、熱い想いを交わすその日に、世界の主要国の首脳たちが顔を合わせ、地球の平和安泰について熱い思いを語る初日となりました
実際にサミットが開かれているホテルのロビーでは、夜に七夕行事が行われ、各国の首脳や夫人らがそれぞれ願いを込めた直筆の短冊を書き、飾りつけたそうです
ちょっと粋なはからいですね
わが国の福田首相は「温故創新 人類の叡智に学び未来を拓く」と書いたそうです
なかなかいい言葉で、少し福田首相を見直しました(とはいえ、やはり好きにはなれませんが・・)

さて、今回のサミットでは、アフリカの貧困撲滅や支援、世界経済、核不拡散などが議題になるとともに、今回のサミット最大のテーマである地球温暖化について議論が交わされることになります
地球規模で危機に瀕している現代、主要国の利益追求ではない、全世界を救うためのサミットであってほしいと願うばかりです



ジョン・レノンが歌った「イマジン」のような、単純でわかりやすい世界平和が訪れないものでしょうか
私の好きな井上陽水の「最後のニュース」という歌が、ここに来て本当に意味深いメッセージソングとなりました

    
最後のニュース  ←(クリックしてね^^)

闇に沈む月の裏の顔をあばき
青い砂や石をどこへ運び去ったの
忘れられぬ人が銃で撃たれ倒れ
みんな泣いたあとで誰を忘れ去ったの

飛行船が赤く空に燃え上がって
のどかだった空はあれが最後だったの
地球上に人があふれだして
海の先の先へこぼれ落ちてしまうの

今 あなたにGood-Night
ただ あなたにGood-Bye

暑い国の象や広い海の鯨
滅びゆくかどうか誰が調べるの
原子力と水と石油達の為に
私達は何をしてあげらるの

薬漬けにされて治るあてをなくし
痩せた体合わせどんな恋をしているの
地球上のサンソ、チッソ、フロンガスは
森の花の園にどんな風を送ってるの

今 あなたにGood-Night
ただ あなたにGood-Bye

機関銃の弾を体中に巻いて
ケモノ達の中で誰に手紙を書いてるの
眠りかけた男達の夢の外で
目覚めかけた女達は何を夢見るの

親の愛を知らぬ子供達の歌を
声のしない歌を誰が聞いてくれるの
世界中の国の人と愛と金が
入り乱れていつか混ざりあえるの

今 あなたにGood-Night
ただ あなたにGood-Bye




この歌は、「筑紫哲也NEWS23」で流されたので、知っている人も多いと思います
サミット開催のこの時期に改めて聴いてみると、鳥肌が立つほど、今の世界に警告をみごとに放った歌だと思います

リフレインになっている
「今 あなたにGood Night」「ただ あなたにGood Bye」の「あなた」が、将来を背負う子供たちだと考えた時、私たちも真剣に危機に瀕している地球を救おうとするひとりでありたいと、願います

599pxthe_earth_seen_from_apollo_1_3

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »