« オモローな旅 | トップページ | 9月1日 »

2008年8月24日 (日)

夏のおわり

厳しい残暑も峠を越えたのでしょうか?
朝晩めっきり涼しくなりました
いよいよ、夏の終わりを感じる気配となりました
今年は北海道や東北では、涼夏だったようですが、西日本では厳しい暑さの続く夏でした
夏の暑い盛りには、このままずっと暑さが続くのではないだろうかと思ったほどです
でも、やはり季節はめぐるものですね
そういえば、あたり一面空気を震わすほど鳴いていたセミの声も、ぴたりとやみました
みなさんも夏の終わりを感じていらっしゃるでしょうか?
日が短くなって日暮れが早くなったこと、入道雲が浮かんでいた真っ青な空が、少し高くなったことなど、夏の終わりをいろんな自然の変化が知らせてくれます

さて、みなさんに一足早い「秋」をお届けしますね
何かというと、それは稲穂の実りなんです
私の住むこの地方では、夏の終わりのこの時期に稲穂が豊かに実り、黄金色の海のようになります
早いところでは、もう盆過ぎに稲刈りを始めているところもあります
この地方でこんなに稲刈りが早いのは、台風の被害を避けるためなんでしょう
かつて、伊勢湾台風で甚大な被害を受けたことが影響しているのでしょう
だから、私にとっては夏の終わりを象徴する一風景が、豊かな稲穂の波なんです

88    

「豊かな稲穂の実り」といえば、新川和江さんの「わたしを束ねないで」という詩が浮かんできます
その詩の中で、稲穂は束縛されることのない自由の象徴です



「わたしを束ねないで」   新川和江


わたしを束ねないで
あらせいとうの花のように
白い葱のように
束ねないでください わたしは稲穂
秋 大地が胸を焦がす
見渡すかぎりの金色の稲穂
     
わたしを止めないで
標本箱の昆虫のように
高原からきた絵葉書のように
止めないでください わたしは羽撃き
こやみなく空のひろさをかいさぐっている
目には見えないつばさの音

わたしを注がないで
日常性に薄められた牛乳のように
ぬるい酒のように
注がないでください わたしは海
夜 とほうもなく満ちてくる
苦い潮 ふちのない水

わたしを名付けないで
娘という名 妻という名
重々しい母という名でしつらえた座に
座りきりにさせないでください わたしは風
りんごの木と
泉のありかを知っている風

わたしを区切らないで
,(コンマ)や.(ピリオド)いくつかの段落
そしておしまいに「さようなら」があったりする手紙のようには
こまめにけりをつけないでください わたしは終りのない文章
川と同じに
はてしなく流れていく 拡がっていく 一行の詩


Ok48


この詩を読むと何ものにも束縛されず、自由に生きたいという新川さんの強い気持ちが伝わってきます
この詩は共感するところも多いのですが、反面私にはここまで強く自由を求めることができないとため息が出てしまいます
私には、どこかで「安定」「安住」のために大人の常識に身を任せているところがあります
ところが、新川さんの求める自由は根本的な人間としての解放を望んでいるようです


さて、みなさんはどんなところに夏の終わりを感じていらっしゃいますか?

T__015

|

« オモローな旅 | トップページ | 9月1日 »

季節2008年」カテゴリの記事

コメント

cancer
みごとな黄金色ですね。
早い稲刈りは、先人の教えで自然災害を避けるためなんですね
確かに、実った頃に台風がやって来ると、苦労が水の泡になると辛いです。
> どんなところに夏の終わりを感じていらっしゃいますか?
最初に感じるのは雲の高さですね
そして、雲が薄くなり剥がれていくような、そんな雲を眺めると『秋』を感じ、
蝉からバトンタッチしたコウロギの鳴き声が合唱となります。
そろそろ、秋の夜長には鈴虫でしょうか・・・。

> この詩を読むと何ものにも束縛されず、自由に生きたい
これまでの人生いろいろとあるなぁ~と云うと、間髪入れずに、お前ほど
自由気ままに好きなことやって来た奴はいないと云われます(トホホ)

投稿: 月の浜辺でぼんやりと | 2008年8月25日 (月) 13時57分

vanillaさん、こんにちは~♪
もう稲穂が刈り取られる頃なんですね。
やはりたわわに実った稲穂を見ると私も秋を感じます。

私が一番秋を感じるのはセミの鳴き声でしょうか。
梅雨が終わる頃になるとニイニイゼミが泣き出します。
子供の頃の夏休みは蝉取りから始まりました。
そして真夏の太陽がじりじりと照りつける頃は
採集するセミもアブラゼミに変わり、
たまにミンミンゼミが取れると飛び上がって喜びました。
夏休みが終わる頃になるとツクツクホーシが
オーシンツクツクと鳴き始めます。
でも捕まえたことは一度もありません。
こうして夏休みが終わり 秋の訪れが吹く風や
空の高さにも感じられるようになりましす。

今はわが町の商工会が主催する花火大会が
終わると(8月最終土曜日)夏もそろそろ
終わりかな、と感じます。
そのころになると夜寝る時、エアコンが必要ででなくなります。
(現実的でしょう)

私も新川和江さんのこの詩、大好きです。
私は結構自由に何でもしてきましたので
こんなに切実には感じませんでしたけれど
束ねられるのはご免、自由でありたいという
気持ちは良くわかりました。


投稿: hiro | 2008年8月25日 (月) 14時30分

moon3
落穂を啄ばむコサギの集団も絵になりますね。
コサギにしてみれば、待ちに待った収穫の時期なんですね
・・・それとも、虫を探しているのでしょうか?

投稿: 月の砂漠 | 2008年8月25日 (月) 17時54分

速いんですねぇ。
もう新米の時期ですか。

朝晩もすっかり涼しくなり庭から虫の音が聞こえてくるようになりました。
もう直ぐ夏も終わっちゃいますね。
水も冷たくなります。
蟹が美味しくなっていきます。
栗や柿が実り、アケビも膨らみます。
秋も直ぐそこまで来てるんでしょうか?

終わらない夏が無いように
楽しい時も終わってゆく
そうしてまた一つ歳を重ね
僕らは重くなっていく

投稿: メジロ1号いまいずこ | 2008年8月26日 (火) 02時13分

月の浜辺でぼんやりとさん

おはようございますnotes

>早い稲刈りは、先人の教えで自然災害を避けるためなんですね
そうなんですよ
伊勢湾台風での被害は大きかったようですが、三重県より愛知県の方がより被害が大きかったと聞きますが、愛知県もこんなに早く稲刈りをしてるでしょうか?


入道雲もすっかり姿を消しましたね
もうすぐひつじ雲やいわし雲が見られるようになると、すっかり秋の空になりますね
天然の(笑)鈴虫はいなくなりましたね!
鈴虫の声を聞こうと思ったら籠に入って売られてるのを求めてくるしか・・・think


>お前ほど自由気ままに好きなことやって来た奴はいないと云われます(トホホ)
思い残すことのない人生を歩んでいらっしゃるのですね!羨ましい~

投稿: vanilla | 2008年8月26日 (火) 10時26分

hiroさん

おはようございますnotes

>もう稲穂が刈り取られる頃なんですね。
そうなんですよ!三重県が一番早いのではないかしら?と思います
田植えも当然早くて、ゴールデンウィークの頃にはほとんど終わっています

>子供の頃の夏休みは蝉取りから始まりました。
小さい頃から、自然に親しむことがお好きだったのですね
今のhiroさんのファーブルのような観察眼はその頃に養われたのでしょうか?
いつも、花と蝶や庭の生物の素敵な写真に癒されている私ですheart04

>今はわが町の商工会が主催する花火大会が
お天気が心配ですね
こちらはずっと雨が続いています そちらも雨のようですね
わが町は先日、地蔵盆の盆踊りが雨で中止になっていました
何だかこの雨も秋の長雨のように、シトシトと降り続いています
もう、夏も終わりですね・・・

新川和江さんのこの詩に、とても強い意志を感じますね
きっぱりとした姿勢が素敵に思えます
私はというと、思えばそんなに縛られることもなく、小さな空間かもしれませんが結構自由にさせてもらっているなぁ~と思っています
もちろん、束ねられるのは嫌ですhappy01

投稿: vanilla | 2008年8月26日 (火) 10時42分

月の砂漠さん

おはようございますnotes

>コサギにしてみれば、待ちに待った収穫の時期なんですね
コサギですか?白鷺とは種類が違うのですか?(私は白鷺だと思っていました)
刈り取られた田んぼのあちこちにコサギの姿が見られました
カラスもスズメも、そうそう、ツバメもスイスイ~飛び交っていました

投稿: vanilla | 2008年8月26日 (火) 10時44分

メジロ1号いまいずこさん
(今何処?川で鰻とりでしょうか?笑^^)

おはようございますnotes

>もう新米の時期ですか。
そうですね!もうすぐ親戚から届くだろう新米を一足お先にいただきます

>蟹が美味しくなっていきます。
>栗や柿が実り、アケビも膨らみます。
めじろうさんが書くと何故か美味しい秋の味覚が目の前に浮かんできますheart01
アケビなんてずっと見たことがありませんが、きっとめじろうさんには今から目をつけてるアケビの木があるのでしょうね

>僕らは重くなっていく
ははは~食欲の秋、ご注意ください
蟹、鰻、鮎、食べ過ぎないようにねイェイ♪(≧∇≦*)o

投稿: vanilla | 2008年8月26日 (火) 10時51分

古くからアジアの国々では
お米を食べて来ました。

お米は四季ないアジアで作り始められたのでしょうか、
日本での米作りは季節を通してのものですから
それはそれは手間暇が掛かっています。

人が古来から食べ続けてきたものに
まずい物はありません、その国にはその国のおコメがあり、
それぞれに美味しいものです。

日本には日本のお米があります
いつまでもいつまでも
美味しいお米が食べれることに感謝して
今日もいただきま~す。

わたしも思います・・・
人は自由にはなれないって
安住・安定こそ人が求めてしまうものだから
そして、それに反発して生きる動物でもありますね。。。

投稿: ヒロぴょん | 2008年8月27日 (水) 18時24分

ヒロぴょんさん

おはようございますnotes
東南アジアなどでは確かにずっと夏ですから
気候に関係なく、昔から二期作などが行われていたのでしょうね
そう思うと日本のお米は、初夏に始まった田植えから秋の収穫まで、季節の流れを感じさせてくれますね
ヒロぴょんさんのコメントを読ませていただき、改めてそう感じました

>美味しいお米が食べれることに感謝して
>今日もいただきま~す。
はい。同じ気持ちです もうすぐ新米にも出会えますし
楽しみですhappy01

>そして、それに反発して生きる動物でもありますね。。。
う~~ん・・・そうですね
ただ満足に留まっていられないのかもしれませんねthink


投稿: vanilla | 2008年8月28日 (木) 09時18分

これはなんて品種?コシヒカリ?三重県の方は独自ブランドは?
関係ないか!

投稿: カバディーtakennaka  | 2008年8月28日 (木) 12時39分

サギの総称がシラサギ(白鷺)とあるようですね
田んぼや水路で見かけるのは、殆どがコサギのようです。
そして・・・コウノトリの系列なんですね。

コウノトリと云えば、先日、地元のローカル放送で兵庫県豊岡でのコウノトリ放鳥の今を流していました。放鳥が成功してコウノトリが育むお米がブランド化されて凄い人気だとか、そして、強烈に目に焼きついたのが長蛇の列を作る
「たまごかけご飯」の専門店「但熊」
http://www5.nkansai.ne.jp/shop/kura/
これは行って見たいな・・・。
食べたくなりました。

もうすぐ、佐渡では空いっぱいに茜色に染めてくれるトキの放鳥が始まります。
佐渡でも「たまごかけご飯」は出来るかな

投稿: 月の砂漠 | 2008年8月28日 (木) 18時00分

カバディーさん

おはようございます
コシヒカリかな?と思いますが
三重のブランド米は、う~んあまり聞きませんが・・・
伊賀米コシヒカリ、というのがあるようです^^

投稿: vanilla | 2008年8月29日 (金) 10時04分

月の砂漠

おはようございます
>田んぼや水路で見かけるのは、殆どがコサギのようです。
わざわざ教えていただきありがとうございます

>放鳥が成功してコウノトリが育むお米がブランド化されて凄い人気だとか
そうなんですか?
前に城之崎に行った時に立ち寄った場所なので、懐かしく思いながら聞かせていただきました
コウノトリが育むお米、どんな美味しいお米なのか気になりますhappy01

たまごかけご飯は美味しいご飯があってこそですね!
私も好きなのですが、白身がだめで、いつも黄身だけでたまごがけご飯作りますdelicious

投稿: vanilla | 2008年8月29日 (金) 10時23分

風邪に吹かれているピンクのコスモスを見ると、「いつの間にか秋だ。」と感じます。ま、実際はかなり早くから咲くコスモスもあるようで、北海道でも、一週間ほど前にもう見ましたけどね。

新川さんの詩の感覚は、自分は20歳頃一番強く感じていたように思います。女性はかなりの年齢の方でも、これに近い感覚を持っていらっしゃる方がいらっしゃるように思いますが、母や主婦のresponsibilityを経験したあとでは、もう少し調和的構図の中で自他を見るようになってくるのが普通かな。(それが「束ねる」ってことなのよ...と叱られそうですね。)

投稿: joy | 2008年8月31日 (日) 17時24分

今日地元のJAで新米を買って来ました!
一日一度はごはんを食べないと・・・
実りの秋に感謝です。
でも後継者がいない農家、何でも輸入に頼ってる
日本、農地法とか全然解らないけど、日本の農業が
心配です。

投稿: きなこ | 2008年8月31日 (日) 22時46分

joyさん

こんにちは♪
こちらもコスモス咲きはじめてるところがあります
北海道は秋の訪れも早く、コスモスもこちらより早く咲きはじめるのでしょうね

女性は妻になり母になり、だんだん自分のことだけを考えていられなくなります
そんな時、誰しも感じてしまうことのように思います
その後は、それぞれの考え方によって違っていくのでしょうねthink

投稿: vanilla | 2008年9月 1日 (月) 17時02分

きなこさん

こんにちは♪ お久しぶりです~
元気そうですねhappy01

>一日一度はごはんを食べないと・・・
納豆と一緒にね*^-^*

>日本の農業が心配です。
お米はやはり国産米がいいですね
実りの秋の風景は、日本の懐かしい原風景ですもの
いつまでも残していかなければ・・・
きなこさん、私たちも老後はお米作りましょうか?riceball

投稿: vanilla | 2008年9月 1日 (月) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011339/23219156

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のおわり:

« オモローな旅 | トップページ | 9月1日 »