« 秋をさがして~伊吹山 | トップページ | たぬきの里の秋・・・ »

2008年9月18日 (木)

名月

Image2

今年の中秋の名月は9月14日でした
この日はススキとお月見団子を用意しました
朝方から曇っていたので、月が見られないかもと思っていましたが、夜にはうまく雲も姿を消し、名月を眺めることができました
「お月見」は奈良時代から平安時代にかけて日本に入ってきたそうで、貴族などの間で月を愛でながら歌を詠んだり酒を飲んで楽しんだようです 名月を詠んだ歌や俳句の多さからも、昔の人々がどれほど名月を心待ちにしていたかがよくわかります

この日もまんまるな月が綺麗に昇ってきました


お月夜     北原白秋

トン、
トン、
トン、
あけてください。
どなたです。
わたしゃ木の葉よ。
  トン、コトリ。

トン、
トン、
トン、
あけてください。
どなたです。
わたしゃ風です。
  トン、コトリ。

トン、
トン、
トン、
あけてください。
どなたです。
月のかげです。
  トン、コトリ。


この詩のように、まるであいさつをして昇ってきたかのような月にしばらく見とれていました
昇るにつれてだんだん小さく、そして月は白くなってゆきます
昔の人が感じていた月の神秘や愛しさは、現代の私たちには想像もつかないほどだったに違いありません
でも、反面私たちは現代の科学によって深まった月の神秘性――たとえば月が誕生したからこそ地球上に生命が育まれたこと――を感じることができます

科学によって解明されても、やはり月は美しく神秘的です

649f

月夜の浜辺   中原中也

月夜の晩に ボタンがひとつ
波打際に 落ちていた。
それを拾って 役立てようと
僕は思ったわけでもないが
なぜだかそれを捨てるに忍びず
僕はそれを 袂に入れた。

月夜の晩に ボタンが一つ
波打際に 落ちていた。

それを拾って 役立てようと
僕は思ったわけでもないが
月に向ってそれは抛れず
浪に向ってそれは抛れず
僕はそれを 袂に入れた。

月夜の晩に 拾ったボタンは
指先に沁み 心に沁みた。

月夜の晩に 拾ったボタンは
どうしてそれが 捨てられようか?



月の明かりに照らされながら、虫たちの声が響き渡っていました

いよいよ 秋本番ですね

|

« 秋をさがして~伊吹山 | トップページ | たぬきの里の秋・・・ »

季節2008年」カテゴリの記事

コメント

こちらではお月見3日位楽しめました
今台風がやって来てるようですが、どうでしょう?
今夜、おしゃべり会があるのでちょっと心配です。

中原中也は故郷の詩人なんですよ
だから?どうって事ないのですが
マイスライドショーも楽しませて戴きました

投稿: 夢見る夢子 | 2008年9月19日 (金) 10時44分

夢見る夢子さん

こんにちはrain
今日は台風の影響でこちらはずっと雨です、時々強くなったりしていますが、まだ風は強くなっていません
これからでしょうね
そちらは今夜はまだ大丈夫ではないでしょうか?

お月見は十六夜は雨で見られませんでした
そちらはお月見前後ずっといいお天気だったんですねhappy01

夢見る夢子さんの故郷は山口県なんですね
ふぐやアジ、美味しいものがいっぱいですね!delicious

投稿: vanilla | 2008年9月19日 (金) 15時09分

cancer
中秋の名月は満月の1日前でフライイングでした`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
大きく浮かんでいましたが、中国の各地では月の周りに
光る物体が飛びUFO騒ぎになっていたようです。
かぐや姫でも乗せていたのでしょうか

投稿: 月の砂漠 | 2008年9月19日 (金) 19時02分

vanillaさん、おはようございます^-^
中秋の名月はウサギさんまではっきりと綺麗に見えましたが
このイラストののお月様もとても可愛くて良いですね。

月の光は優しくてよいですね。私は孫を寝かしつける時
必ず一つの歌を歌っています。
その中に「つきは窓から~K君を照らすよ~・・・」
等と歌詞を勝手にかえて歌っていますが、孫はとても喜んでくれます。

お月夜も月夜の浜辺も初めて読ませていただきました。
よい詩ですね。図書館で詩集を借りてきて読んでみたいと思います。


投稿: hiro | 2008年9月20日 (土) 08時12分

「とんことり」という絵本があります。(筒井頼子作 /林明子絵 ) おそらくは、ご紹介の白秋の詩からつけた題名なんでしょうね。(色々勉強になります。)

最近練習した清水脩の男声合唱三つの俗謡の中の
Ⅰ「追分」も白秋の詩でシューマンの歌曲のような名曲です。

誰が吹くのか 月夜の島に
ひとり ほそぼそ 一夜切(ひとよぎり)
椰子の花咲く 南の夏に
忍路高島(おしょろたかしま) 北の雪

中也や白秋のように月夜の浜辺は、多くの詩人にインスピレーションを与えてきたのでしょう。

ながめやる心のはてぞなかりける明石の沖にすめる月影(俊恵)

満月は心の内側も照らしながら古今の心をつないでいますね。


投稿: joy | 2008年9月20日 (土) 10時16分

月の砂漠さん

こんにちはrain
>中秋の名月は満月の1日前でフライイングでした`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
そうでしたね!次に日が満月の十六夜でしたね 
あいにく満月の夜は月を見ることができませんでした

中国のUFO騒ぎは知りませんでした
パラリンピックを見に来たのかも?happy01

投稿: vanilla | 2008年9月21日 (日) 15時03分

hiroさん

こんにちはrain
昨日は台風一過のいいお天気だったのに、今日は朝からすごい雨が降ったり止んだりと、おかしなお天気です(p_q*)

中秋の名月、hiroさんの地方も見られたのですね
じゃあ一緒にお月見を楽しめましたね(o^-^o)
こちらも綺麗にうさぎまで見えました
写真に撮ったのですが、月を撮る技術はまだ私にはなくて、上手く撮れませんでした

>私は孫を寝かしつける時
>必ず一つの歌を歌っています。
素敵ですね・・・私にもいつかそんな日が来てくれるかしら?
子供たちが小さかった頃、寝かしつけるのに毎晩本を読んであげていましたが、その頃は子育てに余裕が持てず、ただ早く眠って~という気持ちでしたので、孫の時はもっと楽しい気持ちで、歌ったり本を読んであげたりしたいな・・・と、hiroさんのお話を読ませていただいて思いましたnotes

投稿: vanilla | 2008年9月21日 (日) 15時16分

joyさん

こんにちはrain
>「とんことり」という絵本があります。
joyさんの方こそよくご存知で、「とんことり」からすぐに絵本が浮かばれるというのがさすがです(゚▽゚*)
白秋の「追分」の詩も紹介していただき
ありがとうございます

>中也や白秋のように月夜の浜辺は、多くの詩人にインスピレーションを与えてきたのでしょう。
中也や白秋の詩も大好きなのですが、月明かり、というと思い出す童話があります・・・と書いただけで、きっとjoyさんは「ああ、あれだな!」と思われたかも?^^
小川未明の「月夜とめがね」です
あのお話は春のうららかな暖かい月夜のお話ですが、綺麗な月夜にはいつも思いだします
あと、ピーターパン(笑)
月の綺麗な夜にはピーターパンが飛んできそうな気がするのです・・・この歳になってもhappy01

投稿: vanilla | 2008年9月21日 (日) 15時39分

「月夜とめがね」は、知りませんでした。今、ネットで調べて読みました。いい作品ですね。西洋と日本のエッセンスが融合した美しいメルヘンですね。

昔、英語の授業で読んだ、イギリス人のエセーに載っていた、荒木田守武の句を想い出しました。

落下枝に返ると見るとみれば胡蝶かな

(A fallen flower returning to the branch?
It was a butterfly)

投稿: joy | 2008年9月21日 (日) 17時54分

すすきの野原に月が・・・
昔はどこででも見られた風景ですね、

今はすすきもなくなり、また一日中マンションを照らす外灯で
お月見が出来なくなってきています、残念なことです。

毎度のことですが、日本人として四季を楽しむおおらかな
心を持ちたいものです。

日本の季節は春、夏、秋、冬そして春に戻ります、
今の時期は秋を楽しみましょう。

しかしながら、ここしばらくお天気が悪くお月様を
拝んでいません、異常なことですまったく。。。

投稿: ヒロぴょん | 2008年9月21日 (日) 20時52分

お恥ずかしい、またやっております、変換ミス。

落花枝に帰ると見るとみれば胡蝶かな   

ですね。

投稿: joy | 2008年9月21日 (日) 22時23分

joyさん

「月夜とめがね」単純な物語なのですが
雰囲気のあるメルヘンですよね
月明かりの夜の淡い色彩で彩られた綺麗な風景が浮かんできますfullmoon

>落花枝に帰ると見るとみれば胡蝶かな
>(A fallen flower returning to the branch?
It was a butterfly)
俳句を訳すのって難しいのでしょうね
やはり訳す人の個性や感性が表れてくるでしょうから・・・

いつも、素敵な句を紹介していただき
ありがとうございますhappy01

投稿: vanilla | 2008年9月23日 (火) 11時02分

ヒロぴょん

>今はすすきもなくなり、また一日中マンションを照らす外灯で
そうなんですよね・・・
私が住む場所も都会ではないのですが、街灯や近くのお店やさんの明かりで、月明かりだけを楽しむことはできません
すすきの野原に月の風景を見たいですね!
秋の季節のうちにhappy01

今コスモスも彼岸花も綺麗に咲き始めています
秋をいっぱい楽しみたいですね
やがて秋の終わりの紅葉をむかえるまで・・・maple

投稿: vanilla | 2008年9月23日 (火) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋をさがして~伊吹山 | トップページ | たぬきの里の秋・・・ »