« 9月1日 | トップページ | 名月 »

2008年9月 8日 (月)

秋をさがして~伊吹山

8月の下旬から、まるで梅雨のように雨が続きました
この季節にこんなに雨が続いたことは記憶にありません
それでも9月のはじめての週末には天気も回復し、初秋の青空が広がりました
前回、夏休みの終わりと新学期について書きましたが、その日の夜福田首相が突然の辞任表明をしました
安部総理の時と同じく、1年もたずに総理の席を投げ出しました
夏休みの終わりと共に総理の職も終わり、その無責任さにはあきれて声も出ませんでした
福田首相は、宿題を山積したまま職をおりました
その無責任は次の選挙で問われるでしょうね

さて、梅雨明けのような初秋の週末、爽やかな自然を満喫しようと伊吹山へ出かけました
今回は高速道路を使わないで、国道365号を関が原まで北上しました

T__012_2

関が原から少し走ると、もうそこは伊吹山ドライブウェイの入り口でした
ここで3000円の通行料を払って8合目の駐車場まで向かいました
ドライブウェイを走り出してすぐに対向車が止まっているので何だろうと思っていると、何とカモシカの子供が1匹道に出てきていました
T__027

親とはぐれたのでしょうか、1匹だけで少し戸惑ったように立ち止まっていました
早くも自然のお出迎えを受けたような気分でした
カモシカに別れを告げて、山並みをどんどん上がって行きました
道の両側はススキの穂がずっと続いており、秋の到来を感じさせてくれました

道の途中で、超望遠レンズのカメラで何かを狙っている人たちがたくさんいて、何を狙っているのだろうかと思い、思わず車を止めて尋ねてみました
そうしたら「イヌワシだよ」との返答でした
伊吹山にイヌワシが生息しているのは聞いていましたが、そのイヌワシの写真を撮ろうとする人がこんなにもいるんだとびっくりしました

途中休憩所で車を止めてあたりの景色を写真に収めながら、ドライブウェイの終点、8合目の駐車場に着きました
A5

A12



ドライブウェイを走っている時は、そんなに車が多くなかったのですが、その広い駐車場は車や観光バスでいっぱいでした

駐車場に車を止めて、山頂目指して登山道を歩いて行きました
親子連れ、夫婦、若いカップルなど、たくさんの人々が登山を楽しんでいました
私は、景色を撮ったり高原の草花を撮りながら、ゆっくりマイペースで登って行きました
3歳くらいの子供にも追い越されながら・・・
A6 T__071

8月にテレビで紹介されていたほどの色とりどりの花は、残念ながら咲いていませんでした
それでも、青いリンドウや、白い穂のようなサラシナショウマなどが目を楽しませてくれました

A90

そして、山頂
伊吹山は1377m、日本百名山のひとつです

A7
A10

山頂の一番高いところに、日本武尊の像が建っていました 何でもその昔、日本武尊が荒ぶる神とこの山で一戦を交えたという伝説があるからだそうです
山頂では突然霧にあたりが覆われたり、また晴れわたったりと不安定な山の天気でした
じゅうぶんに初秋の伊吹山を満喫し、山を下りました

せっかく伊吹山まで来たのだからと、長浜まで足をのばすことにしました
長浜は黒壁スクエアで有名になり、観光地として発展している街です
ここでは、ガラス館で実際のガラス製品作りの工房を見学したり、綺麗なガラス細工を見て回りました

T__284 T__288

そして、長浜といえば長浜浪漫ビール 地ビールがとっても美味しいのです
地ビールには、エール、ピルスナー、バイツェン、スタウトの4種類があります
ピザと近江牛のビール煮込みと一緒に、私は一番好きなピルスナーをいただきました
T__270 T_p1000239






A15

そして夕暮れが近づいてきたので、私の大好きな琵琶湖に沈む夕日を見るために、長浜城のある豊公園に行きました
西の空は雲が出ていて、琵琶湖に沈んでゆく夕日は残念ながら見られませんでしたが、綺麗な夕焼けには出逢うことができました

A2

琵琶湖はどんな時も絵になる風景を持ち合わせています
まだ、昼間は晴れると30度を越す暑さですが、秋が確実に足音をたてて訪れてきていることを感じることのできた、伊吹山へのドライブでした

A13


  せっかくコメントいただきましたのに、失敗作の日記と間違えて削除してしまいました
 本当に申し訳ありません

 

|

« 9月1日 | トップページ | 名月 »

季節2008年」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。