« 秋の花々 | トップページ | 風は森の友達 »

2008年10月 6日 (月)

秋は夕暮れ

10月になりました
10月は旧暦の異名で「神無月」ですね
昔の各月の呼称は意味があってそれぞれおもしろいのですが、その中でも「神無月」は特に興味を引く名前です
中学生の頃、古典の時間に異名を学習した時他の月名は忘れましたが、10月の「神無月」だけは変わっていて覚えてしまいました
秋の実りや収穫が終わり、日本中の神様が出雲神社に集まっていなくなることからつけられたそうです
ちなみに、神様たちが集まる出雲神社のある鳥取県ではなんと「神在月」と呼ぶのだそうです なんとも理にかなっていますよね


さて、私は夕焼けの風景がどの季節でも好きです
でも、秋の夕焼けはなんとも季節に似合っているように思います
清少納言の「枕草子」の序段はあまりにも有名ですが、その秋の段はこうでした


秋は夕暮れ 夕日のさして 山の端 いと近うなりたるに からすのねどころへゆくとて  
三つ四つ 二つ三つなど とびいそぐさへ あはれなり



私たち日本人が思い描く秋の夕暮れ時そのままを描写しています
というより、清少納言の時代からの感性が時代時代と受け継がれて、私たちの脳裏というか血に染み込んでしまっているのでしょうね
一日の終わりを象徴する夕焼けと冬を控えた秋という季節がうまく重なりあうからでしょうか、なんとなく懐かしくそして寂しさをともなった感覚がなんともいえません
カメラに凝ってしまった今年は、絶好の夕焼けスポットがないか夕暮れ前にあちこちと行ってみました 
鳥たちが羽を休めている川の河川敷や堤防、ローカル線の線路が延びている丘など、どれも夕焼けをますます映えさせてくれました
その風景をうまくカメラにおさめることができない自分のカメラ技術がもどかしくなります

T__028 T__068

夕焼けを表現した詩もたくさんありますが、秋の夕暮れ時の寂しさが滲んでいるものが多いようです
そんな中でも、こんなとらえかたができるのかという まどみちおさんの「ユウヤケ」を紹介します

ユウヤケ             
                 まどみちお

クライ ヨル ガ
スグ クル カラ、

ソレマデ カザッテ
アゲマショウ。

ヤサシイ ソラ ノ
カミサマ ガ、

ヒャク セン マン ノ
バラ ノ ハナ、

ニシ ノ オソラ ニ 
クダサッタ――。



人生の秋とも言いますね
私ももう人生の秋にさしかかった年齢なんでしょうね
そう思うとますます「秋の夕焼け」に想いが募ります

 

T__064 Yuuhi3

T__075

|

« 秋の花々 | トップページ | 風は森の友達 »

季節2008年」カテゴリの記事

コメント

夕日の空模様をみてあわれと思えれば

人生はまだまだですよ。

素敵な夕日を愛でることが出来るうちに

楽しい思い出たくさん作りましょう。

わたしも「人生の秋」です、明るく輝きたいですね。

投稿: ヒロぴょん | 2008年10月 6日 (月) 21時24分

ここ最近、犬の散歩にでると
見ることの出来る、夕暮れの空
なんとも言えない、色合いですよね
散歩をしながら、カメラを~~~と
思いますけど、いつも忘れます

突っ込をひとつ
島根県です。。。。。
その辺りに住んでたものですから

投稿: 夢見る夢子 | 2008年10月 7日 (火) 00時10分

おはようございます。
「神無月」1年の中で、最初に覚える異名ですね

僕が、「神無月」で、思い出すのは
徒然草の「神無月のころ」です。

【十一段】
神無月のころ、心ぼそく住みなしたる庵あり。
木の葉に埋もるゝ懸樋の雫ならでは、つゆおとなふものなし。
あか棚に菊・紅葉など折り散らしたる、さすがに住む人のあればなるべし。かくてもあられけるよとあはれに見るほどに、かなたの庭に大きなる柑子の木の、枝もたわゝになりたるが、まはりをきびしく囲ひたりしこそ、少しことさめて、この木なからましかばと覚えしか。

この文章を習った時に、「神無月」って言葉を憶えたと思います。

6月の「水無月」は、梅雨で雨が沢山降って空の水が無くなるからって習ったけど、先生の冗談だったのかも・・・

因みに僕は、「卯月」生まれです。

投稿: TOSHI | 2008年10月 7日 (火) 05時45分

僕も最近、仕事をしながら夕焼が美しいのを見て、よし と思い、休みの日はきまってでかけるのですが、なかなか美しい夕焼に出会えません。もう1ヶ月くらい期待を裏切られっぱなしです。
この記事の写真、素敵ですね。特に2枚目、the sunset on the winding road 。僕には、こういう写真を撮ろうという発想が絶対浮かばないと思うので。

投稿: 朝霧 圭太 | 2008年10月 7日 (火) 08時45分

vanillaさん、こんにちは^-^
夕焼けの写真、素敵に撮られましたね。
この夕焼け空をみていると清少納言が描写した
夕焼けも今の私たちが見る夕焼けも、千年以上の
時間の隔たりがあるとは少しも考えられませんね。
 
私も秋の夕暮れが好きです。
秋の夕暮れにはなんともいえない安らぎがあります。
夕暮れは母の優しさがあります。
vanillaさんのブログを読んでいたら、今の私は
夕日を眺める余裕すらないのかと反省させられました。
これからはお孫ちゃんと一緒に夕焼けを見ながら
散歩でもしてみましょう。

投稿: hiro | 2008年10月 7日 (火) 11時47分

cancer
杉野もだお氏の句に『夕焼けや明日の絵具買いに出る 』なんてあります。
あかね色に染まった夕日をみると2Bのデッサンペンを取り出して描きたくなりますね。
絵の具を買いに走りたくなります。

秋の夕日は、遠くに離れていく太陽が名残惜しいかのように力強く、
ウロコ雲に焼き付けるような、そんな色を感じさせてくれます。

昔、有名なニットメーカーのデザイナーが夕焼けで染まったあかね色の色が
欲しくて欲しくて1ヶ月ほど夕焼けの写真を撮り続けたと云います。
あの広がりのある色は心を掴みますね。

投稿: 月の砂漠 | 2008年10月 7日 (火) 14時16分

ヒロぴょんさん

こんばんはmoon2
>人生はまだまだですよ。
そうですね・・・まだまだ、やっと自分の時間が持てるようになってきたばかりの私ですもの
今からいっぱい楽しいことが待っている人生であってほしいと思っています

輝けるように、努力もしないと・・・ねhappy01

投稿: vanilla | 2008年10月 7日 (火) 20時21分

夢見る夢子さん

こんばんはmoon2

ワンちゃんと一緒に夕焼けを眺める生活・・・いいですね!
私は今朝5時半頃、うちのワンちゃんを庭に出してあげた時、真っ赤な朝焼けを見ました
急いで家の中にカメラを取りに行って写してみましたが
なかなかそのままの色には撮れませんでしたweep

島根県といえば、宍道湖の夕焼け、綺麗でしょうねheart

投稿: vanilla | 2008年10月 7日 (火) 21時14分

TOSHIさん

こんばんはmoon2
お久しぶりですね!

>僕が、「神無月」で、思い出すのは
>徒然草の「神無月のころ」です。
すばらしいですね・・・TOSHIさんは古典が得意だったのですね!
私は全くダメでした(ノ_≦。)

>6月の「水無月」は、梅雨で雨が沢山降って空の水が無くなるからって習ったけど
あ、それは私もそう覚えていますから、先生の冗談ではないと思います^^


卯月、花々が咲き競ういい季節ですねcherryblossom 

投稿: vanilla | 2008年10月 7日 (火) 21時49分

朝霧 圭太さん


こんばんはmoon2
私も、もっともっと綺麗な夕焼けに出逢いたいと
毎日思っているのですが、最近いいお天気に恵まれなくて、なかなか綺麗な夕焼けを見ることができないでいます

>特に2枚目、the sunset on the winding road 。
いい感じですか?
ありがとうございます 
ふと見たら、ガードレールの間から見える夕焼けの赤い色があんまり綺麗だったので・・・でも、その時の色をそのままに出すことはできませんでした
写真って難しいですね(´・ω・`)ショボーン

投稿: vanilla | 2008年10月 7日 (火) 21時58分

hiroさん

こんばんはmoon2

写真褒めていただいて、ありがとうございます
嬉しいですhappy01
夕焼けはあたりの風景こそ違いますが、ずっと昔から同じように見る人の心を動かしていたのですよね
今度はそんな想いで見てみたいと思います


hiroさん 私が安らぎを覚える夕焼けは夏なんですよ
暑い一日が終わってやっと夕暮れが訪れたという安らぎ・・・ほっとするんです(o^-^o)
秋の夕暮れには寂しさを覚えます
でも、一番夕焼けが綺麗な季節
hiroさんはお孫さんと一緒に空を見上げてください
その頃、私はカシャカシャとカメラのシャッターを切っていますcamera

投稿: vanilla | 2008年10月 7日 (火) 22時53分

月の砂漠さん


こんばんはmoon2
『夕焼けや明日の絵具買いに出る 』きっと素敵な夕焼けを目にしたのですね!o(*^▽^*)o
夕焼けってその日によって全然違う色に染まりますよね
夕焼けだと明日はいいお天気って思うでしょ?
でも、あまりにも真っ赤な夕焼けの時やちょっと暗い赤色した夕焼けの時は、次の日のお天気はよくないらしいのですよ、先日天気予報で言っていました


ニットメーカーのデザイナーさんは自分のほしい色をゲットできたのでしょうか?
そうであってほしいですね!そんなに頑張ったのですもの・・・

投稿: vanilla | 2008年10月 7日 (火) 23時08分

秋の夕暮れは素直に考えればもの悲しいのでしょうね。
でも私は空威張りで、秋は収穫の秋、人生の収穫期、夕暮れ時は今日の仕事も終わって、ほっとできる時間、これからネオン街へ繰り出すときのワクワクの時間帯と無理からでも考えるようにしています。
こんなこじつけをするほど年を重ねたと言うことでしょう。

でも実際やすらぎの時でもありますね。
やっぱりちょっと後ろを振り返るための季節、時間なのかも。

投稿: ロム | 2008年10月 8日 (水) 17時09分

ロムさん

こんばんは~moon1


今夜はとっても綺麗な月がでています
秋の空気が澄んでいるためか、オレンジ色の月です


>これからネオン街へ繰り出すときのワクワクの時間帯と無理からでも考えるようにしています。
アハハ~
無理からではないでしょうに・・・happy01
ロムさんのおっしゃるように確かに秋の夕暮れも、もの悲しい反面ほっとする時間帯ではありますね
あ、でも、主婦にとって夕焼けの美しい風景にしばし浸った後は、一仕事しなくてはいけない忙しい時間帯でもあります
ただただ夕焼けを愛でることができるようになるのは、いつの日か・・・

投稿: vanilla | 2008年10月 8日 (水) 21時46分

美しい夕焼けですね!

セピア色ってゆうですか?お上手ですね!

>私ももう人生の秋にさしかかった年齢なんでしょうね

そう!もっとも熟したみのりの年代でしょう!おいしそう!!

投稿: カバディーtakennaka | 2008年10月 9日 (木) 19時02分

カバディーさん

こんばんは!moon1
今日もとっても綺麗な夕焼け空でした
今日の色は暖かい赤でしたよ~happy01

セピア色とはちょっと(だいぶ)違いますよ!
セピア色というのは、どちらかというとモノクロに近い色、くすんだ、ノスタルジックな色です(イカ墨色^^)

>そう!もっとも熟したみのりの年代でしょう!おいしそう!!
そうですね!果物でいえば、旬ですよね~happy01

投稿: vanilla | 2008年10月 9日 (木) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の花々 | トップページ | 風は森の友達 »