« 高雄の紅葉―京都の秋1 | トップページ | 法隆寺-晩秋の奈良1 »

2008年11月19日 (水)

高雄から化野(あだしの)へ―京都の秋2

T__257  

「高雄の紅葉」は噂どおりとてもみごとで、満足のいく景色でした 
「高雄―嵐山パークウェイ」に戻り嵯峨野の方面へ車を走らせました 
B2 B1 途中で展望台が何カ所かありましたが、中でも保津峡谷を見渡せる展望台は素晴らしい景色でした
 
A2 A1 A3 A4
この頃から天気も回復して青空が見え始めました 
保津川が遠くに見えていて、保津川下りで有名な舟の姿も見えていました 
また保津川に架かるトロッコ列車の緑色の鉄橋も見えていました 

もう7年くらい前に家族4人での京都の旅で、トロッコ列車に乗り亀岡まで行き、保津川下りで嵐山まで舟に乗っておりてきたことを思い出しました 
桜の季節にはまだ少し早い早春の旅でしたが、その日はとても暖かくて、保津川から見る景色を気持ちよく楽しめました
子供たちもトロッコ列車と舟下りが気に入ったようで、「おもしろかった~」と楽しそうに言っていたのが懐かしく思い出されました

パークウェイの終点ゲートを出ると、すぐに「化野(あだしの)の念仏寺」の案内が目につきました 
ここは予定していなかったのですが、以前立ち寄ったときはまだカメラに興味を持っていなかった時なので、今回あの無数の石仏・石塔をカメラにおさめてみようと訪れることにしました

C3 C7 C10 C11 C5 C12 永い年月の中、無縁仏と化した石仏・石塔は8000対以上にのぼるそうで、「さいの河原」と呼ばれているようになんとも無常観を漂わせていました 
紅葉とは無関係の竹林の道もこの寺にとても似つかわしいように思われました

「化野(あだしの)の念仏寺」を出て、しばらく嵯峨野を散策しました 嵯峨野らしい小さなしゃれた店が並んでいました
T_p1000975 T_p1000961 T_p1000966 T_p1000964 T_p1000972  
その中に「まゆ村」というお店があり、蚕の繭殻を使ってかわいい動物などを創り売っていました 
それらの中のお地蔵さんを形作ったものが愛らしくてついつい買ってしまいました

嵯峨野散策も終え、今回の小旅行も終わりのはずでした 
ここまで来たのだから渡月橋を車の中からでもいいから眺めていこうと嵐山に向かったのは大失敗でした 
T_p1000988 T_p1000995 嵐山につながる道は大渋滞、車道にあふれんばかりの観光客でにぎわっていました 
おかげでずいぶんと時間をロスしてしまいました


燃えるような紅葉と無常観漂う念仏寺、趣の全く違う景色を味わった京都でした

T__277  

|

« 高雄の紅葉―京都の秋1 | トップページ | 法隆寺-晩秋の奈良1 »

京都」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私も日曜日から2泊3日で京都に泊まり近江と比叡山等を回ってきました。天気にはあまり恵まれませんでしたが紅葉がきれいでした。

投稿: シゲ | 2008年11月19日 (水) 13時37分

cancer
さすがに念仏寺の石仏はたくさんありますね
これは、やはり祈願石仏より、成就石仏なのでしょうか
そして五輪塔の石仏が目を惹きます。
柳生十兵衛のお墓が五輪塔です 良い形をしていました。


ひげだるまは、可笑しいですね
まるでトイプードルみたい・・・ちいさいだるまにも髭が(笑)


「柿」一期一会の画でしょうか。
そして柿と云えば、法隆寺より美濃の方が心に響きます

「信長の喰ひ残したる美濃の柿 」     角川春樹

投稿: 月の砂漠 | 2008年11月19日 (水) 17時21分

シゲさん

こんばんは
コメントありがとうございます
2泊3日あれば、ゆったりとあちこちいらっしゃったのでしょうね
またブログ拝見させていただきにおじゃまさせていただきますね

投稿: vanilla | 2008年11月19日 (水) 20時02分

月の砂漠さん

こんばんは
>さすがに念仏寺の石仏はたくさんありますね
あだしのの念仏寺にはもう何回か行っているのですが
こんなふうにいっぱい写真を撮ったのははじめてでした
あいにく石仏が並ぶ囲いの中は撮影禁止でしたので、いまいち思ったようには撮れませんでしたが、雰囲気は味わっていただけたでしょうか?


>ひげだるまは、可笑しいですね
「日本一の髭だるま」となっていますが
眉毛も日本一ですよね!(爆)

わが家にもこの季節、毎年岐阜の友達が柿を送ってきてくれます 美濃の柿ですね
美味しいですdelicious

投稿: vanilla | 2008年11月19日 (水) 20時21分

「化野」あだしのは読めないですね、MSIMEでも出ませんでした。まあ、どっちにしても渡月橋の向こうは魑魅魍魎の住む西方だったそうで昔の都では恐ろしいところだったのでしょうね。
いまだそんな恐ろしいところは言ったことないような、、、
でもそのうち一度行ってきま~す。
美濃の柿もいいですが、和歌山の柿もいいですよ。

投稿: ロム | 2008年11月19日 (水) 20時36分

ロムさん

こんばんは
「化野」はMSIMEで出ないですが、魑魅魍魎は出るのですね・・・驚き~w(゚o゚)w
念仏寺いらっしゃったことがないのですか?
タイにばかり行かないで、たまには国内を旅してくださいshoe


和歌山は梅だけでなく、柿もおいしいのですか?
紀州柿?happy01

投稿: vanilla | 2008年11月19日 (水) 20時55分

おはようございます。
コメント、ありがとうございました。
「山歩風景」shibataです。
大好きな京都の風景が飛び込んできて嬉しかったです。

取り急ぎ、初めてご挨拶を・・・・
今日は早出なのです。
お返事やら・・・・帰宅後ゆっくりと・・・・・

投稿: shibata | 2008年11月20日 (木) 05時28分

vanillaさん、おはようございます^@^
高雄の次はどこかしらと楽しみにしていましたが
化野だったのですか。
化野、聞いたことありましたがこんなに
難しい読みの漢字だとは知りませんでした。
念仏寺の石仏、たくさんあるんですね。
びっくりです。独特の雰囲気がしますね。
竹林も趣がありますね。
良く京都の竹林の写真を見ましたがここの
竹林だったのかしら。紅葉もいいですが
このように良く手入れされた竹林はいつ見ても良いですね。
ひげ達磨、面白いですね。
お土産のまゆのお地蔵さんもとても可愛いですね。
柿の写真、良いですね。秋の終わりを感じますね。

投稿: hiro | 2008年11月20日 (木) 09時20分

おぉぉぉぉ、好みが満載!happy02
1)しっとりと濡れた紅葉
2)渓谷(母親の実家が亀岡で保津峡は馴染みがあるんです。祖父と叔父が繁忙期だけ保津川下りの船頭をしていた関係で何度も無料で乗せてもらいました…が、自分の記憶にはあまりありません。トロッコ列車の車掌は親戚にいないので1回しか乗っていません。確か、水量の多い春と、少ない晩秋とでは下るのに要する時間が半時間ほど変わるはずです。子供連れなら春、ゆっくり楽しむなら秋でしょうね。)
3)低い場所からのアングル(念仏寺の3枚目の写真すばらしい! 最近、僕も寝そべるように撮ることがしばしば。撮ったあとモニターを確認するのが楽しい。)
4)竹林(まだ撮っていませんが、嵯峨野の竹林好きなんです。嵯峨野と言えば、常寂光寺は寄られませんでしたか?百人一首で有名な小倉山です。ちょっと奥ですが、渡月橋辺りの1000分の1ぐらいの観光客密度でいいですよ。このだるまは応仁の戦乱を切り抜けた由緒正しい達磨で、年々髭が伸びてここまでになった…なんて話は聞かなかったですか? ない? それならそんな話はないのかもしれません)
5)柿!(食べる方が好きだったのですが、最近は見る方、撮る方が好きになってきたかも。480×720のサイズありがとうございます)

投稿: 朝霧 圭太 | 2008年11月20日 (木) 10時45分

shibataさん

こんにちは!
いらしていただきありがとうございます
>大好きな京都の風景が飛び込んできて嬉しかったです。
ちょうど京都のことをアップしていて・・・よかったですhappy01

また、遊びにいらしてくださいね
私もおじゃまさせていただきます
コメントありがとうございましたnote

投稿: vanilla | 2008年11月20日 (木) 15時47分

hiroさん

こんにちは!
化野の念仏寺、写真で見ると広く感じられるかと思いますが
案外せまいんですよ
敷地もそんなに広くなくこじんまりしたお寺ですが、趣のあるお寺です
この石仏のせいですね(o^-^o)


竹林は嵯峨野の方が有名です
竹林に人力車など、絵になる写真が撮れます
こんな竹林ってなかなか見ることのできない風景だから
余計魅かれますよね

ひげ達磨の眉毛すごいでしょ?
村山富市氏でもかなわないですよね・・・(笑)

まゆのお地蔵さん、赤い旗に好きな文字を選べるんですよ
私は、「我が家にとまれ青い鳥」を選びました
来年、来てくれるかな?notes

投稿: vanilla | 2008年11月20日 (木) 16時34分

圭太さん

こんにちは!
>おぉぉぉぉ、好みが満載!
ほんとですかぁ~
おぉぉぉぉ、やったぁ~!!!


保津川下りのこと勉強になりました
春と秋でそんなに時間が変わるのですね?
私が乗ったのは、桜も紅葉もない時期でしたが
それでも、十分楽しめました
猿を見つけたり、水鳥を眺めたり、急流に歓声をあげたり、ゆったり流れるところではのんびり春の日差しを楽しんでいたり・・・でも、今度は紅葉の頃に乗ってみたいです

圭太さんも寝転がって撮ってらっしゃいますかぁ~(笑)
最近一眼レフにもライブビュー機能があるカメラが出ていますね 女性にはありがたいですよね ほしいなcamera

常寂光寺、以前嵯峨野に行った時に立ち寄りました(5月9日の日記でちらっと書いています)
ここも、紅葉の頃綺麗なんでしょうね
ちょうどパンフレットの写真が紅葉した綺麗なモミジです
>渡月橋辺りの1000分の1ぐらいの観光客密度でいいですよ。
そうなんですか? いい情報をゲッツ!^^
来年まで覚えておかなければ・・・

>…なんて話は聞かなかったですか? ない? それならそんな話はないのかもしれません)
キャハ!どっちやねん!??happy01


柿の写真、でかいよね~! 
圭太さんへのサービスです(爆)

投稿: vanilla | 2008年11月20日 (木) 16時56分

またお邪魔させていただきました。
興味深いお話や写真がいっぱいのブログですね。
井上陽水さんの「最後のニュース」がありました。
筑紫さんはお亡くなりになってしまいました。
とても残念です。

桜の美術展・・・・拝見したかったです。
桜大好き・・・
ラストの名古屋城と桜の写真も素敵ですね。

福音館の「植物記」私も持っていますよ。(笑)
同じように年齢とともに植物名が知りたくなっています。

・・・・たくさんのよいお話を拝読しました。
私のブログと違ってコメントされる方々も長文を書かれていて楽しみです。
また寄らせていただきます。

投稿: shibata | 2008年11月20日 (木) 19時19分

shibataさん


こんにちは!

いろいろ日記を読んでくださったのですね
ありがとうございます o(_ _)oペコッ

筑紫さんのことはほんとに残念でしたね
穏やかで冷静で、確かな目を持つすばらしい人でした
またテレビに戻って来てくれるものと信じていましたのに・・・


shibataさんも「植物記」を持っていらしゃるとのこと、
自然も花もお好きなようで、共通点がまだまだ見つかりそうで
楽しみですnotes

私のブログは一週間に一回くらいしか更新していませんが
また遊びにいらしてください
私もおじゃまさせてくださいね

もう一度、よろしくお願いします

投稿: vanilla | 2008年11月21日 (金) 14時09分

はじめましてkimiko_shibata1さんのところからやってきました。
京都23日にバス旅行で行きます 春と秋に行きます。
京都の私の行った事のない写真を見て来年いきたいなぁなんて・・・
楽しませていただきました。wink

投稿: nora | 2008年11月21日 (金) 16時32分

noraさん

はじめまして!
いらしていただきありがとうございますo(_ _)oペコッ
23日から京都にいらっしゃるのですか?
今京都は紅葉の真っ盛り、楽しんでいらしてくださいねmaple


>京都の私の行った事のない写真を見て来年いきたいなぁなんて・・・
高雄は京都の中心からは外れていますので、何度か京都を楽しんでからいらっしゃることになるのかな?
高雄からあだしの、紅葉を楽しむのに、なかなかいいコースでしたよ♪


コメントありがとうございました
また遊びにいらしてくださいね
私もおじゃまさせていただきますhappy01

投稿: vanilla | 2008年11月21日 (金) 20時09分

凄い!!
感動です。写真もコメントも。。。
内容が多いので、少しずつ過去に遡っていきます。
別府・湯布院・ハウステンボス行かれたのですね!
九州、よかとこでしょう!

記事に戻って、紅葉や竹林、いいですね。
紅葉は秋そのもの、竹林は、閑かさを感じます。

念仏寺の卒塔婆?、何とも言い難い・・・
想いを偲ばせますね・・・

ありがとうございました。

投稿: べあ坊 | 2008年11月22日 (土) 13時19分

こんばんは!またvanilaさんのブログで旅行した気分です。

ご家族の思い出の場所に再びこられたのですね!
高低差がかなりあるんですね!高所恐怖症なのでこわ!

あだしのと読むんですか、ばけのとよみそう!
それにしても、凄い数の五輪塔群ですね!合戦どもあって場所ですか?

筍がたくさん生えそう!和服の女性が似合う坂ですね!

投稿: カバディーtakennaka | 2008年11月22日 (土) 19時07分

べあ坊さん

九州、よかとこでした!happy01
別府温泉もよかったし、ハウステンボスも素敵でした
どちらでも、真冬に花火を見ることができましたし
いい思い出になりましたshine


京都の秋は人人人ですが
あだしのの方は、思ったより人が少なく
しっとりとした雰囲気を味わえました
紅葉も竹林も楽しめたいい小旅行になりました
べあ坊さんもいつか京都の紅葉を見てらしてください
コメントありがとうございましたnote

投稿: vanilla | 2008年11月22日 (土) 22時13分

カバディーさん

こんばんは!
旅行気分になっていただけたなんて
嬉しいです!
そう、家族の思い出のシーンを上から眺めて思い出していました
私も高所恐怖症ですが、大丈夫でしたよ
そんなに崖っぷちという場所ではありませんでした


>それにしても、凄い数の五輪塔群ですね!合戦どもあって場所ですか?
「古来は風葬(後に土葬)であったため遺骸が野ざらしになっていた
それを810年頃弘法大師が寺を建立し埋葬した、そして多くの人が
石仏を奉り霊を慰め離別を悲しんだところである
境内(西院の河原<さいのかわら>)にある多くの石仏は平安時代から江戸時代までの
石仏で、長い年月を経て無縁仏として散乱埋没していたのを明治時代になり
福田海主、中山幽師が集め配列、案祀したものである
その数は8000を越える 」
ということです 無縁仏なのですね・・・


筍は春先にたくさんあがるでしょうね
お刺身でいただきたいですねdelicious

投稿: vanilla | 2008年11月22日 (土) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高雄の紅葉―京都の秋1 | トップページ | 法隆寺-晩秋の奈良1 »