« 高雄から化野(あだしの)へ―京都の秋2 | トップページ | 中宮寺-晩秋の奈良2 »

2008年11月26日 (水)

法隆寺-晩秋の奈良1

先週、寒気団が日本列島を覆い一気に寒くなりました 
この前訪ねた白川郷は雪が降り、雪景色の写真が新聞に載っていました 
合掌造りの屋根に雪が積もり、とても素敵な雪の白川郷でした
とうとう私の苦手な寒い冬の足音が聞こえてきました
先日、岐阜の友人から岐阜名産の「富有柿」が届きました 
よく熟している柿を選んでいただきました 
ふと「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」-有名な正岡子規の句が思い浮かびました 
「法隆寺か、それもいいかも!」、安易な私(笑)は3連休の一日を奈良の法隆寺行きにあてることに決めました
奈良も時々訪れる地なのですが、「法隆寺」は小学校の修学旅行以来訪れたことがありません 
だから思い出もあいまいで古い土壁が続いていたことや八角形の「夢殿」を見学したことぐらいしか覚えていません 
それ以来、あまりに有名すぎて敬遠してきたように思います

奈良行きは西名阪国道(無料で経済的)を利用します
O2 T__020
所々、まだ紅葉が盛りで色づいた山の風景を楽しみながら車を走らせました 
途中、まず「道の駅 伊賀」で一休み(最近、「道の駅」がそれぞれの特色を持ち、立ち寄るのが楽しみの一つになりました)
この伊賀の道の駅は可愛らしい寄せ植えの鉢が並べられていて、必ず一通り眺めていきますOki  
次は「道の駅 高峰山」で一休み
ここでは駐車場から眼下に奈良の街が望めます
この「道の駅」を過ぎると、長い下り坂が続いており、奈良が盆地にあることがよくわかります 
T__037 T__038 T__049 T__061
この日は下り坂の途中、対向車線の上り側で7,8台の車が追突事故を起こしていて5kmほどの大渋滞になっていました
法隆寺ICで降りて、北へと進んでいくと松の木の参道があり法隆寺の前の駐車場に車を停めました 
紅葉の名所でもないのですが、車がけっこうたくさん停めてありました
駐車場から歩いてすぐに、法隆寺の総門―南大門が見えてきました 
T__082 T__084
案内板に「国宝 南大門」とありました 
室町時代のものですが、最初の門からもう国宝かと歴史の重みを感じました 
南大門をくぐって進んでいくと中門があり、両側に迫力のある金剛力士像が置かれていました
T__089 T__094 T__097 T__098 T__100 T__101  
中には有名な五重塔や金堂が姿を見せていました 
1,000円の拝観料を納めて中に入りました 
「西院伽藍」の建造物は飛鳥時代に建てられたものがほとんどです 
1400年程前にタイムスリップしたような気持ちになりました
五重塔は頑丈で武骨な感じでした 
もちろん日本最古のもので最下層の内陣四隅には釈尊の入滅や弥勒菩薩の説法などの場面が具現されていました
T__122_3 T__127 五重塔の西隣にある金堂は現在修復中で中には入れませんでした
北側に進むと大講堂があり、ご本尊の「薬師三尊像」が祀られていました 
さらにその北にあるのが上御堂で、ここに修復中で入れなかった金堂のご本尊「金銅釈迦三尊像」「金銅薬師如来坐像」が安置されていましたT__130  
T__133 「金銅釈迦三尊像」は昔、社会か美術の教科書に載っていたのか「見たことがある、ある」という感じでした 顔立ちが細長く、なんともいえない微笑(アルカイックスマイル?)を浮かべていました 素朴でとてもいいお顔でした
奈良の史跡を訪ねると素朴でずしんとくる歴史の重みを感じますが、それと較べると京都の史跡はどこか洗練された美しさを持っているように思います 
それはちょうど「万葉集」が素朴で力強い調子を持つのに対して「古今和歌集」が優美な歌が多いという違いとよく似ているように感じるのですが、これは私の全くのひとりよがりで専門家からは笑われそうな考えでしょうね
T__148 T__175 T__117 T__159T__145 T__119

「西院伽藍」を見て廻っただけで古の文化にどっぷりつかった感を覚えましたが、次の「大宝蔵院」は歴史的な宝の山でした

「大宝蔵院」、「夢殿」そして全く偶然に会うことのできた中宮寺の「如意輪観世音菩薩」の半跏思惟像についてはまた次回に回します T__207

|

« 高雄から化野(あだしの)へ―京都の秋2 | トップページ | 中宮寺-晩秋の奈良2 »

奈良」カテゴリの記事

コメント

来年には、法隆寺の阿修羅様が
わざわざ、東京国立博物館まで
出張されます。
都は大層な賑わいになるものと思われます

中宮寺の半か思惟像、お近くで拝見出来る
一番好きなものです、楽しみにしてますね

投稿: 夢見る夢子 | 2008年11月26日 (水) 19時27分

vanillaさん、こんばんは^@^
法隆寺は中学の修学旅行で一度行ったきりで
あまり覚えていません。
一度ゆっくり行きたいと思っていました。

法隆寺で知っていることといえば
聖徳太子の建てた
世界最古の木造建築であるということと
夢殿
釈迦三尊像
ぐらいです。
みんな教科書で習ったことばかりです。

門を入るとその門が国宝、
国宝、重文が目白押しなんですね。
vanillaさんの撮られた建物もみな素晴しく
歴史を感じさせられるものばかりです。
奈良の史跡は素朴でずしんと来るものが多い
そうですが、ますますこの目で見たくなりました。
次回も楽しみにしています。

投稿: hiro | 2008年11月26日 (水) 23時15分

奈良と京都の関係を、万葉集と古今集になぞらえているのはその通りだと思います。僕が言っても説得力がありませんが、先日、新聞で平山郁夫さんが、平安以降より白鳳期の塔の方が素朴で力強く魅力を感じる旨の発言をしていました。
僕も平安期よりも天平、天平よりも白鳳が好きです。法隆寺は飛鳥時代ですが、消失後の再建は白鳳期かな?ちょっと記憶に自信がありませんが。
出だしで「柿」が出てきて、おっええ感じやんか と思ったんだけれど…。あ、まだ次回へ続くんですね。

投稿: 朝霧 圭太 | 2008年11月27日 (木) 09時40分

月の砂漠さん

こんにちは♪
>その中でも夢殿でしょうか・・・
私も夢殿は記憶に残っていました
あの個性的な美しい形は一度見たら忘れないですよねnotes


>法隆寺には七不思議があるらしい本当だったでしょうか
そんな話ははじめて聞きました
行く前にお聞きしていれば、確かめてきましたのに
残念!happy02

投稿: vanilla | 2008年11月27日 (木) 14時54分

夢見る夢子さん
こんにちは♪
都会に住んでいると、あちこちから有名な仏像などがやってきてくれるのでいいですよね!
その地元ではなかなか見られない国宝などが公開されたりして・・・夢見る夢子さんもいらっしゃるのですか?


中宮寺の半か思惟像、私ははじめておめにかかってきました
そのこと、次の記事に書きますね
また読みに来てくださいhappy01

投稿: vanilla | 2008年11月27日 (木) 14時59分

hiroさん
こんにちは♪
奈良も京都も日帰りで行ける距離で、特に奈良は近くなのでよく訪ねています
仏像などに興味がなかった頃は、奈良公園に子供を連れて遊びに行くくらいでしたが、最近はお寺を中心に回っています
奈良はほんとに国宝や重文の宝庫で、まだまだ訪ねていないお寺がたくさんありそうです
これからも、あちこち訪ねてみようかと思っています

京都と比べると奈良のお寺は、まず「古い」、と思いますね^^
あと、「広い」。起伏がなく平坦な場所に伽藍が配置されているためか、すごく広く感じます
京都の寺のような庭の美しさがないから余計にだだっ広く感じるのかもしれません
奈良もとっても魅力的な場所ですよ

投稿: vanilla | 2008年11月27日 (木) 15時25分

圭太さん

こんばんは!
奈良と京都、万葉集と古今和歌集、やはり違いに関連はあるのですね
そう言われてみれば、その時代や風土の中で歌も詠まれたのですから、関連があって当然なのかもしれませんね


圭太さん中宮寺の弥勒菩薩をコメントで紹介してくれてありがとうございました
法隆寺プラスすばらしい菩薩像に出会えることができました

法隆寺の側で柿の写真はきっちり写しましたよ~
次に載せましょうか?happy01

投稿: vanilla | 2008年11月27日 (木) 21時22分

友人から手作りの干し柿が送られてきて、それを食しながら
ブログをひらいたら
干し柿~法隆寺・・・つながりなんか楽しくなります。(笑)

奈良のお寺さんはどこも敷地が広くて立派ですよね。
法隆寺には修学旅行を含めて3回訪問しています。
空気が違って感じます。

奈良、京都にお住いがお近そうですね!
いいですね。
続きも楽しみに・・・

空を大きく写した写真、好きです。

投稿: shibata | 2008年11月28日 (金) 14時14分

こんばんは。

素敵な写真たくさん撮られましたね。
私はその中で、ラストの写真の前の6枚組みの左上の写真が一番好きです。。。。何ともいえない明暗がいいですね!

法隆寺、遠い昔、行きました。殆ど何も覚えていなかったので、
改めて、その素晴らしさに感動しました。

日本人はいにしえの昔から、信仰に救いを求め、安らかな浄土への旅に向かえるよう、このようなお寺を造ったのでしょうね。

私も、宗派を超えて、お寺を巡るのは好きです。
京都・奈良・・・いいお寺がたくさんですね。羨ましいです。

投稿: べあ | 2008年11月28日 (金) 18時33分

こんばんは。
奈良はあまり行った事がありません。結構面白そうですね!来年はゆっくり行ってこようと思っています。

投稿: シゲ | 2008年11月28日 (金) 19時18分

shibataさん

おはようございます~sun
お返事遅くなりました o(_ _)oペコッ


手作りの干し柿ですか?
暖かなプレゼント、寒い季節に嬉しいですね!^^
shibataさんは法隆寺、結構いらっしゃってるのですね
京都ももちろん素敵ですが
奈良のお寺はもっと歴史を感じますね
奈良も京都も日帰り圏内です
でも、こうしてお寺を回るようになったのは
最近なんですよ!shoe

投稿: vanilla | 2008年11月30日 (日) 09時12分

べあさん
おはようございます~sun

ラストの写真の前の6枚組みの左上の写真、逆光だったのですが、シルエットが綺麗だなって思ったので載せたのですが
べあさんにほめていただき、嬉しいです


べあさんも法隆寺、修学旅行でいらしたのでしょうか?
今ならまた違う印象を持たれると思います
歴史あるお寺や仏像など、見るたびに毎回新しい発見や感動を与えてくれます
べあさんも、機会があれば是非行ってらしてくださいねhappy01

投稿: vanilla | 2008年11月30日 (日) 09時23分

シゲさん
おはようございます~sun
奈良、なかなかいいところですよ
shibataさんが書かれていますが、ほんと空気から違って感じられます
是非・・・happy01

投稿: vanilla | 2008年11月30日 (日) 09時25分

先日、「べあ」でコメントしてました。(あわてもので・・)

奈良には行ったことあるのですが、もう40年昔・・・
鹿さんしか覚えていないのです。

今度行くときは記憶に残るような旅にしたいですね。

投稿: べあ坊 | 2008年11月30日 (日) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高雄から化野(あだしの)へ―京都の秋2 | トップページ | 中宮寺-晩秋の奈良2 »