« 法隆寺-晩秋の奈良1 | トップページ | 十二月のうた »

2008年11月30日 (日)

中宮寺-晩秋の奈良2

ひょんな思いつきで訪れた法隆寺は世界遺産にふさわしい歴史の寺でした
「西院伽藍」を見終えて、鏡池の前を通って大宝蔵院に向かいました
4 5 8 9
大宝蔵院の建物は平成10年に落成した新しいものですが、中に納められている宝物は博物館なみの所蔵量と歴史的に貴重なものばかりでした 
あまりに有名な「玉虫厨子」はずっしりとした重量感がありました 
金具に透かして見えるように置かれた玉虫の羽根はいまだに光輝いていました 
いちばん中央に安置されていた「百済観音立像」は八頭身のすらりとしたスマートな像でお顔があまりはっきりとうかがえないのが残念でした 
金堂の内陣壁画であった「飛天図(天人が空を飛ぶ図)」もたいへん貴重なものだそうです
たくさんの宝物に感心しながら大宝蔵院を出て、今度は東に向かいました 
東大門をくぐると、ここが小学生のときの思い出に残っていた古い土塀の通りでした 
他の史跡の記憶はとんでしまっているのに、なぜこの土塀の通りが記憶に残ったのか不思議です 
小学生に法隆寺は難しすぎたのでしょうね
10 11 14 15 26 25
しばらく土塀の続く道を歩くと「夢殿」に到着しました 
「夢殿」は法隆寺を建立した聖徳太子の遺徳を偲んで、行信僧都が建てた上宮王院という伽藍の中心をなす建物です 
八角円堂の建物で中に「救世観音像」が祀られていました

 

22 17 「夢殿」を出ると、立て札があり「中宮寺」の方向がしめされていました 
「中宮寺」???どこかで聞いた名前の寺だと思っていたら、朝霧圭太さんが書いてくれたコメントでどちらの弥勒菩薩がいいかと友人と論争した広隆寺ともう一つの寺の名前が「中宮寺」だと思い出しました 
広隆寺のあの弥勒菩薩と美しさを競う菩薩があるのならこれは行かなくてはと、もう少し東に足を伸ばしました

東隣がもう「中宮寺」でした 
ただ案内には「本尊 如意輪観世音菩薩半跏像」「天寿国曼荼羅繍帳」と掲示されており、ここではなかったのかしらと頭をひねりながら拝観料500円をおさめて入っていきました 中宮寺は聖徳太子の母の発願により創建された寺だそうです 
寺運は衰退して長きにわたったそうですが、今の本堂は高松宮妃殿下の御発願により昭和43年に再建されたものだそうです
33_2 29 31 32
本堂内に入り、ご本尊の「如意輪観世音菩薩」の半跏思惟像に対面しました 
思わず息を呑む美しさでした 黒光りしているなめらかな曲線、なにかもの思いにひたっているようでいて周りを包みこむような優しい微笑みをうかべている
広隆寺の「弥勒菩薩」と較べると少しふくよかな感じがしました 
しばらく慈悲に包まれた空間でうっとりと見とれていました 
お寺の説明で美術史上では「弥勒菩薩」として扱われているようでした 
エジプトのスフィンクス、ダ・ヴィンチのモナリザと並んで「世界の三つの微笑像」の一つだそうです 
法隆寺に来て、この菩薩像に出会えるとは圭太さんに感謝です

柿を食べたものだから法隆寺と、なんともきっかけの単純な今回の小旅行でしたが、本当にやってきた甲斐が充分の時間を過ごすことができました

時間に少し余裕があったので、南下して万葉のふるさと「明日香」をひとまわりしてきました
夕暮れ時の「石舞台」、大和三山を眺めながら帰途につきました
73 72 56_2 66 1

  

柿 く へ ば 鐘 が な る な り 法 隆 寺


|

« 法隆寺-晩秋の奈良1 | トップページ | 十二月のうた »

奈良」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

大宝蔵院、そして、玉虫の厨子、
いつか必ず行ってみたいところです!

そして、「中宮寺」の「如意輪観世音菩薩」、
私の一番好きな菩薩像がここに安置されていたのですね。
美術の本でしか見たことがないですが、実像を見たいです。

いい天気に恵まれたようですね。
のどかな秋の田園風景と寺社・・・
命の洗濯ができたみたいですね!

投稿: べあ坊 | 2008年11月30日 (日) 20時42分

法隆寺もよさそうですね。大阪から奈良へJRで行くときに遠くに見えますね。以前1,2度行ったような気がします。
旧所名跡といわれるところは、前もって勉強しておいてから行くのがいいか、何の先入観もなく、素直に感動してくるか(出来ればの話ですけど)、悩ましいところですね。
vanillaさんはどちらなんですか。

投稿: ロム | 2008年11月30日 (日) 21時02分

いやー良い生活ですね!うらやましいです。

私は法隆寺よりも、中宮時の百済観音が大好きです!
多分日本で一番好きな仏像の一つです。
一日中でもあの前に座っていられます。
弁当もって行きたいくらいです。

3度見ましたが飽きることがありませんね。
似たようなポーズの仏像は有るようですが、これに勝る物は・・・
いったいどんな人が何を思いながら作ったのか、想像がふくらみます。
本当に万人を救ってくださるような気にさせてくれます。

又行きたくなりました。

投稿: kotaro | 2008年11月30日 (日) 23時39分

べあ坊さん

おはようございます
「如意輪観世音菩薩」はじめて見ましたが、
とっても魅力的な菩薩さまでした
広隆寺の「弥勒菩薩」も大好きなのですが、
また一つ心魅かれる菩薩さまにめぐり合えた気がしました

この日は、本当に小春日和のいいお天気で、のどかな田舎の風景も素敵でした
ほんと命の洗濯になりましたよ!happy01

投稿: vanilla | 2008年12月 1日 (月) 08時33分

ロムさん
おはようございます
法隆寺、いいお寺ですよ!
ロムさんも是非行ってらしてください
奈良はお隣の県ですもの・・・タイより近いでしょ?happy01

>旧所名跡といわれるところは、前もって勉強しておいてから行くのがいいか
泊まりでどっかに行く時は、あれこれ調べてから行きます
時間を有効に使いたいから、見所や広さとか、どのくらい時間がかかるのかとか
でも、日帰りの時は結構ぶらっと気楽に出かけますので
ほとんど下調べなしで行きます
で、どちらがいいかと言うと、もちろん調べてから行く方がいいと私は思います
歴史的なことなども分かってる方が、より理解できるし、感動できるんじゃないかな?happy01

投稿: vanilla | 2008年12月 1日 (月) 08時51分

kotaroさん
おはようございます
kotaroさんは百済観音像のファンでしたか?
お弁当持参で、一日中眺めていたいなんて、本当にぞっこんなんですね!
確かに八頭身のすらりとした綺麗な観音像でした
広隆寺所蔵の弥勒菩薩像などとともに初めて国宝に認定された仏像だそうですね
>いったいどんな人が何を思いながら作ったのか、想像がふくらみます。
私も、よく思いますよ 
そうやって古人に想いを馳せながら、想像をめぐらせることができるのも、仏像を見る楽しみの一つですね!think

投稿: vanilla | 2008年12月 1日 (月) 09時06分

vanillaさんおはようございます^-^
大宝蔵院ではあの有名な「玉虫厨子」をごらんに
なったのですね。うらやましいな~・・・
ますます法隆寺にいってみたくなりました。
中宮寺の「如意輪観世音菩薩」
何年か前に東京の博物館に来たことがあります。
見たいみたいと思っていたのですが行けませんでした。
とても綺麗な菩薩様ですね。
万葉のふるさと「明日香」ものどかでいいですね。
vanillaさんのブログを見ていたな
奈良への憧れがさらに強いものになりました。


投稿: hiro | 2008年12月 1日 (月) 09時44分

お~
ステキですよね、中宮寺半跏思惟像
近くで拝見できるのも、堪りません
京都に住んでる時、何度も拝見に伺いました
お側に座っていると、すべての悩みが抜けて行くような
慈母のお顔に見えて、大好きでした
余り人も多くなく<その頃は>
ゆったり出来るのも、良かったのかもしれません
レプリカですが刺繍があったような。
中宮寺を抜けると、田んぼばかりでまったりいいですよね

投稿: 夢見る夢子 | 2008年12月 1日 (月) 15時41分

ごめんなさい間違えてました!
百済観音は法隆寺でしたね(汗)
これもすばらしかったので勘違いしていました。

弁当持参は
中宮寺の弥勒様でした。
失礼・・・・・

投稿: kotaro | 2008年12月 1日 (月) 21時39分

おぉ、僕の名が記事の中に。さらに最後のサービスショット。しかもビッグサイズ! 感激。ありがとうございます。
斑鳩と言えば、中学の遠足を思い出します。時効でしょうから話します。あまりにもおいしそうに柿がなっていたので、「渋柿かなぁ」とかいいつつも数人で1個ずつ失敬しました。身軽なやつがよじ登って人数分取ってくれたのです。結果は…、ご想像の通り渋柿でした。干す前の渋柿を食べたことありますか? 何とも表現しがたいのですが、口中の水分が全て奪われていくような感覚。よそ様のところから食べ物を盗るのはいけないのだと学習しました。

それにしても晩秋の大和路はいい雰囲気。来年、阪神電車と近鉄電車がつながって、神戸から奈良まで便利になるようなので、楽しみにしています。近鉄ということは、三重までも便利になるのかな?そう言えば、伊勢は小学校の修学旅行以来、ごぶさたしてるなぁ。

投稿: 朝霧 圭太 | 2008年12月 2日 (火) 09時34分

hiroさん
お返事遅くなりました o(_ _)oペコッ
「玉虫厨子」見ましたよ!
玉虫の羽ってほんとに綺麗なので、びっくり!
それに、「玉虫厨子」という響き懐かしくありませんか?
あと、アルカイックスマイル、なんて小学校か中学かに習ったこれも懐かしい微笑みに出会いました
「明日香」もいいところですよ
この日はうららかないい日だったので、レンタサイクルで回っている人がたくさんいました
hiroさんもいつか行ってらしてくださいrvcar

投稿: vanilla | 2008年12月 2日 (火) 16時18分

夢見る夢子さん
お返事遅くなりました o(_ _)oペコッ
前に広隆寺の「弥勒菩薩」のこと書いた時、
夢見る夢子さんが教えてくださった、中宮寺半跏思惟像
やっとお会いすることができましたよ!
ほんとに、素敵でしたheart04
悩みが抜けて行くような、という言葉がよくわかります
奈良はのどかな田園風景もまた素敵な場所ですよね
京都よりのんびりできる、私もそう思います

投稿: vanilla | 2008年12月 2日 (火) 16時24分

kotaroさん

中宮寺の弥勒様、あそこなら弁当持参できそうな気がします
ずっと、座っていることもできそうですよね!
暖かな日だったら、外でお弁当食べて
午後も眺めて過ごす・・・
そんな人、いそうですね!riceballhappy01

投稿: vanilla | 2008年12月 2日 (火) 16時27分

圭太さん
こんにちは!sun

遅かったですね!圭太さんのために柿を用意してたのに・・・(笑)
圭太さんはほんとに、よっぽど柿が好きなのですね!
マンガに出てくる男の子みたいhappy01
渋柿を口にしても、それがトラウマになることもなく
今もずっと柿が大好物なのですね・・・今は見るほうがすきなんでしたっけ?
晩秋の大和路は絵になります(写真になります^^)
どこを切り取っても、いい感じが出ますね


>阪神電車と近鉄電車がつながって
そうなんですか?
では是非伊勢にも遊びにいらしてください~
鳥羽水族館、伊勢神宮、二見の夫婦岩・・・
食べ物は美味しいものがいっぱいですよ!
「美味し国」ですからねdelicious

投稿: vanilla | 2008年12月 2日 (火) 16時37分

vanillaさん お久しぶりです!
玉虫厨子・・・私もつい最近(?)石川県立博物館で見て来ました。
リニューアルの目玉が玉虫厨子でした。グルッと回って二ヶ所の
玉虫の羽の輝きを見ることができ感動しました。ガラス越しですから
おでこをぶつけそうになりながら(笑)  年配の方が多かったから
息がかかった所を係りの人がタオルでまめに拭いてみえてたのが
ちょっとおもしろかったです。
そして日曜日の夜遅くのNHKの番組で「私が子供だったころ」を偶然
見てたら宮本亜門さんがゲストで中宮寺の弥勒菩薩に中学生の時に
魅せられたとかで・・・私もいつかナマで見たいと思いました。
ブログで拝見できて幸せです!
年とともに興味が移り行きます。今まで見落としていたものを
ゆったりとした気分で眺めることができるようになりました。
これからどんどん楽しみたいと思います!!!

投稿: きなこ | 2008年12月 2日 (火) 19時58分

きなこさん

birthdayお誕生日おめでとうございます~notes
きなこさんにとって、また素敵な一年でありますように!


きなこさんは仕事で訪ねる場所でも、余裕を持って博物館や美術館に足を運んでいらっしゃいますね
木食のことを教えてくださったのもきなこさんでしたものね o(_ _)oペコッ
中宮寺の弥勒菩薩、きなこさんも是非見てらしてください
宮本亜門さんと同じように感動されると思います
>年とともに興味が移り行きます。
ほんとにそうですね!
私もできる限りいろんな場所を飛び回ってあれこれ見ておきたいと思っています(o^-^o)

投稿: vanilla | 2008年12月 3日 (水) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 法隆寺-晩秋の奈良1 | トップページ | 十二月のうた »