« 冬の風物詩-ウインターイルミネーション | トップページ | 九州の旅Ⅱ 阿蘇から湯布院へ・・・ »

2008年12月26日 (金)

九州への旅Ⅰ-熊本

23日から、今年最後の旅にでかけました 
クリスマスの旅です 
子どもたちも大きくなって家族でのクリスマスも卒業しましたし、不思議とクリスマスの時期の旅は安上がりなんです 
クリスマスが終わった頃から年末年始特別料金でグーンと費用が高くなるんです
今年は春に名古屋城、夏に大坂城を訪ねてきたので、日本三名城の残る一つ「熊本城」がどうしても見学したくて九州の旅に決めました
T__243 T__262
クリスマスムードいっぱいのセントレアを10時に出発、空路で熊本空港に向かいました
1時間足らずのフライトで熊本に到着、レンタカーを熊本市街に走らせました 

時間に余裕があったので、途中で水前寺公園―正式には水前寺成趣園に立ち寄りました 庭全体が東海道五十三次を模したと云われています 
Ok1 なるほど、富士山とおぼしき小丘が庭の中央に配置されていました 
冬枯れで残念でしたが、緑で青々とした庭の風景はなかなか見事だろうと思いました 
池の水が阿蘇の伏流湧水だそうで澄んでいて、とてもきれいでした 
たくさんの水鳥が悠々と遊んでいました おもしろかったのは、鳥たちの中で鴨が二羽、喧嘩をしているのか求愛をしているのかお互いの首筋あたりをねらってしきりにつつきあいをしている姿でした 
Ok6 Ok7 Ok10 かなりしつこく激しいつつきあいで水しぶきをあげなら長時間やっていました 見ているとそれがユーモラスでついつい時間を忘れて見入ってしまいました

さて本日の本命の「熊本城」へ
天守閣が小高い丘の上に建っているので、遠くからその姿は見えていました 
近づくにつれて黒塗りの美しい大小天守閣がせまってきました 
城の周りを廻りながら二の丸駐車場に車を停めましたが、石垣が長く続いており、また城全体が広くスケールの大きさにまず驚かされました 
Ok32 Ok34 Ok40 加藤清正が7年の歳月をかけて創建してから、昨年で築400年にあたり市をあげて「熊本城」の再建、復興に力を入れてきたようです 今年の4月には「本丸御殿」をも完全復元して公開していました
入園料500円を払い、入城しました 
櫓(やぐら)が多いのもこの城の特徴で、櫓とはいいながら「宇土櫓」などは三層五階の大きな櫓で普通の城なら天守閣に相当する大きさでした 
かつては大小たくさんの櫓が建てられていたそうで、なるほど「難攻不落の城」だったことがよくわかりました
天守閣に入る前に、復元なった「本丸御殿」を見学しました 
昔ながらの建築法で復元されており、釘など一切使わない造りは見事でした 
T__328 T__333 各広間は奥にいくほど格式が高いそうで奥にある「若松之間」障壁画は金箔地の上に絵が描かれており、さらにその奥にある「昭君之間」は障壁画に中国前漢の美女「王昭君」の物語が描かれ、天井は格子の一つ一つに草花が描かれ当時の豪華絢爛な文化が偲ばれました
T__355 T__352 T__357 最後に大小天守閣に登りました 
大天守は地上6階、小天守が地上4階からなり、各階は博物館のように資料が展示されており、熊本城の歴史を物語っていました 
加藤家から細川家と城主がうつり、明治の「西南戦争」で焼失するまでの歴史がよくわかりました
まさに日本の城を代表するような、すばらしいお城でした

この日は市内のホテルに泊をとり、夕食はライトアップされた熊本城が見える郷土料理屋さんで食べました 
Okyo1 Okyo2 熊本といえば「馬刺し」、ちょっと抵抗があるかなと思っていたら、くせもなくおいしいことおいしいこと 
「辛子蓮根」は鼻にツーンときてさすがにたくさんは食べられませんでした 
本当は九州なので焼酎が合うんでしょうがビール党の私は九州でもビール、熊本城を眺めて郷土料理に舌鼓をうった旅の1日目でした 

 
T__390
有明海の夕暮れです・・・

|

« 冬の風物詩-ウインターイルミネーション | トップページ | 九州の旅Ⅱ 阿蘇から湯布院へ・・・ »

旅 文化」カテゴリの記事

コメント

vanillaさん、こんにちは^@^
クリスマスは熊本に旅行されていたんですね。
いいなぁ~・・・
私は大掃除に明け暮れていました。
クリスマスの時期に旅行代金がそれほど高くない
というのは初めて知りました。
こういう方法でクリスマスをお祝いするのも良いかも
しれませんね。

熊本は新婚旅行と7~8年前に行ってきました。
熊本城は新婚時代以来見ていませんでした。
『本丸御殿』ずいぶん素敵に復元されたんですね。
障壁画も天井もとても豪華ですね。
もう一度行ってみたくなりました。
お食事もとても美味しそう。
馬刺し、美味しかったようですね。
私は食わず嫌いです。いつか頂いて見ることにします。

投稿: hiro | 2008年12月27日 (土) 10時27分

こんにちは!

3大名城征服、おめでとうございます!!
私は、全て行ったことありますね。

水前寺公園、数回行きましたが、今に時期は水が綺麗で良かったですね。

公園は、なんと言っても池の水がすきとおっていると、
公園全体の雰囲気が良くなってきますね!!

熊本城、広さと大きさに驚かれたでしょうね。
こちらでは、加藤清正は人気があるのですが、細川家はいまいちですね。
虎退治伝説や豪快さが、九州人の気質に合いますね。

投稿: べあ坊 | 2008年12月27日 (土) 14時10分

いい旅をされましたね。
熊本城、難攻不落の名城なのですね。
天守閣も大、小あるとは!
広さもすごいのですね。
一度行ってみたいです。

馬刺し、おいしいですもの!・・

投稿: shibata | 2008年12月27日 (土) 20時37分

まだ見ぬ熊本城を堪能しました。規模もさることながら、その端整な姿に惹かれます。治世に心を砕いた清正の人柄がしのばれます。
馬刺しは現地では食べたことはないけれど、友人が出張のお土産でもって来てくれたのを焼酎のあてにしたことがあります。実に美味。お土産であれだから、地元ならさぞかし。ビールにも合いますよね。
池で鴨を見ていると、平和主義走な見た目とは裏腹に、結構やりあうんですよね。僕が見る明石の鴨くんたちはいつも奇声を上げてから相手を攻撃しています。

投稿: 朝霧 圭太 | 2008年12月28日 (日) 21時24分

hiroさん

お返事がすっかり遅くなってしまってごめんなさい
クリスマスの前はまだみなさん年末のお休みに入っていないので、料金は高くないのですよ
27日頃からぐっと高くなるようです
hiroさんは今頃はもう大掃除も終わってお正月の準備をなさってる頃でしょうか?
私はボチボチとやりつつ、今日は映画を観に行ったりしていました(のんきな主婦ですね!happy01


熊本は熊本城、阿蘇、と圧倒されるような観光スポットがあるのだなって今回改めて思いました
熊本城も圧巻でしたが、阿蘇はもっと圧倒されました
馬刺し、いただいてみると本当に甘くて美味しかったです
hiroさんも今度熊本にいらっしゃったら是非召し上がってくださいねhorse

投稿: vanilla | 2008年12月30日 (火) 00時16分

べあ坊さん

こんばんは!
>3大名城征服、おめでとうございます!!
ありがとうございます o(_ _)oペコッ
日本のお城を旅するのもなかなか面白いですね
最近お寺だけでなく、城にも興味を魅かれます

水前寺公園も初めて行きましたが
確かに水が綺麗で、だから鳥たちも集まってくるのかもしれませんね
>虎退治伝説や豪快さが、九州人の気質に合いますね。
九州の人は、豪快で太っ腹というイメージがありますが
当たってるかな?(o^-^o)

投稿: vanilla | 2008年12月30日 (火) 00時22分

shibataさん

こんばんは!
はい。いい旅をしてきました
熊本城は本当に圧倒されるくらいの広さ大きさがありましたよ
色も素敵でしょ?黒い色をしていました
機会があれば是非行ってらしてください
その時はもちろん馬刺しも召し上がってくださいね
で、感想など教えてくださいhappy01

投稿: vanilla | 2008年12月30日 (火) 00時26分

圭太さん

熊本城、私の写真だけで堪能しないで
いつか出かけてみてくださいね!
黒い色の城、と言えば松本城を思い浮かべてしまう私ですが
同じ黒い色の城でも、松本城は美しさを、熊本城の方は力強さを感じさせてくれるような気がします

馬刺し、圭太さんもお好きですか?
甘くて美味しいですね!
牛刺しよりもクセがなくて美味しい気がしました
私は牛刺しは苦手なんです・・・
確かに圭太さんがおっしゃるみたいに、地元で食べるのが一番美味しいと思います
辛子蓮根も熊本でいただいたからこそ食べられたという気がします 辛いけれど、ビールがすすみましたdelicious


鴨くんたちって冬でも元気いっぱいなんですねhappy01

投稿: vanilla | 2008年12月30日 (火) 00時38分

お知り合いになれていい年でした。
来年もどうぞよろしくお付き合いいただければ嬉しいです。
よいお正月を・・・・・!

投稿: shibata | 2008年12月31日 (水) 17時06分

happy01
明けましておめでとうございます
今年もステキな写真や詩を楽しみにしていますね。

投稿: 夢見る夢子 | 2009年1月 2日 (金) 16時41分

shibataさん

明けましておめでとうございます
私の方こそ、shibataさんに出会えたこと嬉しく思っています
今年もどうかよろしくお願いいたします(o^-^o)

投稿: vanilla | 2009年1月 2日 (金) 23時56分

夢見る夢子さん

明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします
いつも読んでいただきありがとうございます
感謝です!happy01

投稿: vanilla | 2009年1月 2日 (金) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬の風物詩-ウインターイルミネーション | トップページ | 九州の旅Ⅱ 阿蘇から湯布院へ・・・ »