« 九州の旅Ⅱ 阿蘇から湯布院へ・・・ | トップページ | おくりびと »

2009年1月 8日 (木)

冬来たりなば・・・

T__007_2

「小寒」も過ぎ、「寒の入り」となりました 
暦の上ではこれから「立春」まで1年で最も寒い季節となります 
冬の寒さが大の苦手な私にとってつらい日々が続きます とは言うものの、最近は温暖化のせいなのか昔よりもずっと暖かい日が多いように感じます 
昔、私が小さかった頃はこの時期もっと寒さが厳しかったような気がします 
比較的温暖な地域とはいえ雪ももっと降り、積もったような記憶があります 
それでも冬は今のように苦手ではなく、むしろ雪が積もった日などは大喜びでした 
学校もまだおおらかな時代で授業をやめて、雪合戦や雪だるまをつくったりしたものでした 
いつごろからでしょうか、冬が大好きな季節から苦手な季節になってしまったのは・・・・

「冬来たりなば 春遠からじ」-その通りですよね 冬が来たら春はまもなく訪れる 
この冬の寒さを耐え忍んでこそ暖かい春の到来がより嬉しく感じられるのですね 
それに冬のカーンと冷え切った空気の中でスックと立っている裸の木々の気高い姿などもこの季節ならではの風景ですね



木            草野心平

葉っぱをおとした。
冬の木はいい。
裸の木々のすがたはいい。
ごつごつとしたふるい木などは特にいい。
硬くて落ちついていて実にいい。

霜柱にかこまれて。
寒さのなかにたっている。
裸の木々の美しさ。

木々や幹のなかを。
力が流れているような気がする。
夢がいっぱいつまっているような気がする。
白い炎が燃えているような気がする。




ずっと前に、草木染めの有名な染織家のこんな話を聞いたことがあります 
美しい桜色に染まった草木染めを見て、
ある人が
「見事な桜染めですね。これは桜が満開のときに染められたものなのですか。」
と聞いたそうです 
染織家の方はこう答えられたそうです 
「いえ、満開の桜からはこの桜色は出ません。この色で染めようとすると、桜の蕾がまだ堅い時期の樹皮や小枝を折り取って染め上げるのです」
桜があの見事な満開の花を咲かせるために、冬の間に、樹木はピンクのエネルギーをどんどん中に溜めこんでいるのですね 
そう思うと冬もまた素敵な季節に思えてきます
でも、やっぱり寒いものは寒い・・・エアコンとこたつなしでは冬を越せない私です 

T__082

|

« 九州の旅Ⅱ 阿蘇から湯布院へ・・・ | トップページ | おくりびと »

季節2009年」カテゴリの記事

コメント

vanillaさん、こんにちは^@^
草野心平さんの詩、良いですね。
私も葉を落とした裸のままの木は大好きです。
花をつけたり、綺麗な葉で覆われていないと
木、本来の姿がそこに見えるからです。
裸の木に小さな蕾を見つけるのも嬉しいです。
どんなお花が咲くのか想像力が膨らんできます。
木々の間から見る青空もこの時期ならではですね。
とても美しいと思います。
少し寒いくらいの方が身が引き締まってよいと思いますが
あまり寒いのは苦手です。特に寝室は暖かい方がいいですね。
今は娘が来ていますので暖房は欠かせませんが
夫と二人のときはけっこう着込んでエコ生活をしています。

投稿: hiro | 2009年1月 8日 (木) 16時24分

こんばんは!
どんどん冷えてきています。
明日は雪と・・・・
あわてて群馬から戻ってきました。(泊まるつもりだったのですが)

桜の染めのお話、心平さまの詩、vanillaさんの写真・・・
どれも素敵です。
樹には精霊がいるようで、山の中で大木に出会うとそっとハグして耳を充てます。
ずっと以前からそこに存在して
私がいなくなった後も存在して世の中を見続けている樹

冬の間に力をためているのですね。
樹に恥ずかしくない生き方をしようと思っています。

投稿: shibata | 2009年1月 8日 (木) 23時02分

夢子地方は雪の予報が雨になりましたが
寒いです

先年京都に住んでたころ、北野天満宮近くの梅の木の染めで
見ました、木の皮がその時だけ赤なんですね
外から見えない所に
すごいものがあると、感心しましたね。

投稿: 夢見る夢子 | 2009年1月 9日 (金) 14時54分

hiroさん

こんにちは!
お返事遅くなりました
草野心平さんの詩、いいでしょ?
特に最後の二行が好きですhappy01

いつも青々と変わらずにいてくれる常緑樹もそれはそれで魅力がありますが、
季節によって姿をかえる落葉樹に魅かれます
冬の裸の黒く細い枝々は空を掴もうとしているようにも感じられます
この木々のすぐ側にある桜の木にはもう小さな蕾が膨らみはじめていました
木々は私たちよりずっと敏感に春の足音を聞き、春の準備をしているのですね

hiroさんのお庭、冬でも綺麗な花々を楽しんでいらっしゃいますが、春になったらもっともっと賑やかになりますね
春が待ち遠しいですねbud

投稿: vanilla | 2009年1月11日 (日) 13時22分

shibataさん

こんにちは!
お返事遅くなりました
寒い日が続いていますね
こちらも、今日はまるで冷蔵庫の中にいるみたいに
寒いです
桜の染めのお話、素敵でしょ?
木の皮や枝で染めて桜色になるなんてね
桜の木の秘密を知ったような気がしました♪

>樹には精霊がいるようで、山の中で大木に出会うとそっとハグして耳を充てます。
素敵ですね!
いつも山歩きをして木々と仲良しのshibataさん
きっと自然にハグしてしまうのでしょうね
そして、そうやってもっともっと木々といえ、木々の精霊と言葉を交わしてらっしゃるですね
大きな木に耳を当てると木の幹を水が流れてるのを聞くことができると言いますね
私も今度大きな木にであったらハグしてみたいと思います
shibataさんのように精霊を感じることはできないでしょうから、せめて水の音に耳を澄ましてみますhappy01

投稿: vanilla | 2009年1月11日 (日) 13時44分

夢見る夢子さん

こんにちは!
寒いですね!今日は曇って日があたらないので
余計に寒いです・・・
夢見る夢子さんは、梅の木の染め実際に見られたのですね
木の内側が赤かったのですか?
すごいですね、そんなこと想像もできないですよね
みんな冬の寒い間に春の準備を着々と進めているのですねhappy01

投稿: vanilla | 2009年1月11日 (日) 13時54分

冬の木はいい
梢の伸び方を見ていると
いのちの元のもとが感じられるから
端正に生きてきたことが分かるから

投稿: 朝霧 圭太 | 2009年1月14日 (水) 11時22分

こんばんは!
寒さが続いてますね。。。
でも、寒さも明日まで、週末は少し暖かくなりそうです。

綺麗な大きな木ですね。
冬の木枯らしに枝が折れないように、葉を落としているのでしょうね。
これらの大木が芽吹く頃春の訪れですね!

もうちょっとです。頑張って下さいね!!

投稿: べあ坊 | 2009年1月14日 (水) 20時56分

圭太さん

こんにちは!お返事めっちゃ遅くなってしまって
ごめんなさいo(_ _)oペコッ


>冬の木はいい
>梢の伸び方を見ていると
>いのちの元のもとが感じられるから
>端正に生きてきたことが分かるから


圭太さん、詩人ですね!
素敵です~happy01

投稿: vanilla | 2009年1月17日 (土) 12時54分

べあ坊さん

お返事遅くなりました
すみませんo(_ _)oペコッ

べあ坊さんがおっしゃった通り、今日は暖かくなりました
昨日までが、寒すぎたから余計に暖かく感じられます
>冬の木枯らしに枝が折れないように、葉を落としているのでしょうね。
なるほど、そんな理由もあるのですね
桜の木も小さな蕾をつけています
ちょっとだけ、陽も長くなりましたね
もうすぐ、春の足音も聞こえてきそうですねbud

投稿: vanilla | 2009年1月17日 (土) 13時01分

こんにちは、相変わらず楽しそうな生活を送ってますね。
うらやましいです。

寒さですが、確実に暖かくなってます!
東京の下北沢もも自分が子供の頃は、庭の池が毎年凍って、鯉や金魚が、そこの方で動かなかったのを覚えています。

いつのまにか、水たまりも凍らなくなりましたし、雪も積もらなくなりました。

残念です!

投稿: 小太郎 | 2009年1月17日 (土) 19時56分

小太郎さん

お久しぶりです!
楽しそうに見えますか?
う~~ん。・・・
でも、最近私は幸せな生活を送ってるな、って自分でも思うことがよくあります(o^-^o)

地球温暖化、自然に触れるチャンスに恵まれてらっしゃる小太郎さんは人一倍敏感に感じられるのでしょうね
そのうちに、我が家の庭でもパパイアが実るようになるかもですね・・・w(゚o゚)w

投稿: vanilla | 2009年1月18日 (日) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 九州の旅Ⅱ 阿蘇から湯布院へ・・・ | トップページ | おくりびと »