« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月23日 (月)

新薬師寺

「ベンジャミン・バトン」の映画と「初雪」について書いてしまったので、「新薬師寺」行のブログ遅れてしまいました 

さて室生寺の静かな佇まいと十二神将を堪能して、次は新薬師寺に向かいました 
「新薬師寺」は「薬師寺」と比べると知名度もやや低く、私も名前は知っていましたがそれほど興味のある寺ではありませんでした 
ところが昨年の10月頃だったでしょうか、新薬師寺の当時の金堂跡が見つかりました 
それが東大寺に匹敵するほどの規模であったというので、新聞で大々的に報道されました その時に新薬師寺に日本最古最大の十二神将が祀られているということを知りました 
十二神将が好きな私は、その時から一度訪ねてみようと思っていました

室生寺からもう一度同じ道を針インターまで戻り、また西名阪国道にのって天理インターまで行きました 
今度は「奥へ奥へ」ではなく、平城京の「中心へ中心へ」です
案内板にしたがって進んでいくと道は細くなる一方、とても対抗できないような道を抜けて駐車場に着きました 
拝観料600円をおさめて重文の南門をくぐり中に入りました

T__239 T__242  
建立当時は南都十大寺の一つに数えられ、七堂伽藍が並んで僧1千人という規模を誇っていたそうですが、今は本当に小さな境内となっていました 
「新薬師寺」の「新」は新しいという意味ではなく「霊験あらたかな」という意味だそうで、歴史的にも奈良時代建立の古い寺です
本堂に入るとご本尊の「薬師如来坐像」を中央に十二神将がぐるりと外向きに囲んで安置されていました 
「薬師如来坐像」は2m近い大きさでしたが一木造だそうです 
眼が大きく切れ長で印象的でした 
お目当ての十二神将(←クリックしてみてくださいね)は最古最大というだけあって、等身大の姿に怒りを、顔はもちろんのこと全身で表現している姿は迫力があるというより畏怖の感さえありました 
木製ではなく土で造られた塑像だからでしょうか、重量感もたっぷりでした 
ここは十二神将が円陣に置かれているため、後姿も眺めることができました 
私はその後姿の逞しい肉感にとても魅かれました 
当然ながら撮影禁止なのですが、後姿から撮ってみたいという気持ちが抑えられないほどでした 
十二神将の中でも「伐折羅(バサラ)」像は特に有名で、500円切手にも使用されていますし「新薬師寺」のパンフの表紙も「伐折羅(バサラ)」の写真でした
お堂の片隅にテレビが置いてあり、十二神将の造立当時の彩色を甦らせる研究の様子をビデオで放映していました 
思わず引きこまれて見ていました 
わずかに残った模様や色から現代の技術を駆使して再現しようとする研究でした 
そして甦った「伐折羅(バサラ)」の当時の彩色を施した像は(もちろん、CGですが)なんとも極彩色のおどろおどろしい「伐折羅(バサラ)」でした 
息を呑むような姿でした 
昔の人がこの像を前にしたらまさにひれ伏すであろうさえ思えました 
室生寺の小ぶりながらも躍動感あふれた十二神将、新薬師寺の威厳と迫力に満ちた最古最大の十二神将、私はますます十二神将が大好きになりました

T__258 T__263

新薬師寺を出ると、「五色椿 白豪寺」の案内がありました 受付の方に尋ねると3月下旬頃からが見頃だそうです 
「閻魔様もおいでになりますよ」との話でした 
奈良はまだまだ見所いっぱいのようです 
さすが奥が深いですね 
今度は春の奈良をぜひ訪れようと思っています

T__272

| | コメント (12)

2009年2月21日 (土)

ほんの少しだけれど~♪

先日、この冬はじめて雪が積もりました 
と言っても
ほんの少しでしたが・・・

家族を送り出してから、カメラを持って急いだのは、最近見つけた梅の木
どうしても雪を乗せた梅の花が撮ってみたかったのです
でも、雲の間からお日さまが顔を覗かせはじめて、どんどん雪が溶けはじめました

急いで、急いで・・・hurry up

雪はまだかろうじて
花の上に残っていました
もう少し雪をのせていたらよかったのに・・・


Iikannji1

でも、ちょっぴりでも春雪と可愛い梅の花の共演を撮ることができました
冬と春の共演^^

Photo


雪を花びらにのせた姿は
いつもの凛とした梅とは違って、
私には、どこか優しげな表情に感じられました

Photo_2


他の花に先がけて花を咲かせるところから
梅は別名を「春告草」(はるつげぐさ)と呼ばれています
梅が咲きはじめると、冷たい空気の中にも春の足音が聞こえてくる気がします

少し前まで、2月はただ寒いだけの月だと思っていました
でも、2月には、「初花月」という綺麗な名前もあるのだと知ってから
寒い2月も、春告草が咲きはじめる春のはじまりの月・・・
そんなふうに思えるようになりました


T__228T__184

          

雪が降ってきた ほんの少しだけれど

     私の胸の中に 積もりそうな雪だった

                         「白い想い出」より

Iikannji3_2 Iikannji

| | コメント (12)

2009年2月11日 (水)

室生寺 晩冬の奈良へ・・・

そろそろ春の足音が聴こえてきそうでどこかへでかけたいなぁという気分でした 
そんな時インターネットでJR東海のホームページを覗いていたら
「ニッポンの 奥へ、奥へと、 室生寺へと。」というポスターが目にとびこんできました 
そのポスターには躍動感溢れる十二神将の像が映っていました 
その十二神将があまりに魅力的だったので、室生寺に行こうと決めました 
室生寺は石楠花の寺として有名で、小さい頃、石楠花の季節に両親に連れて行ってもらった記憶があります  

西名阪国道にのって針インターまで行きました 
途中、「道の駅 伊賀」で一休み
Image5  
いつも立ち寄る花屋さんには綺麗な寄せ植えや鉢植えの梅が花を開かせていて、ここにはもう春がいっぱいでした 

針インターを南に下り山なみの中をどんどんと進んでいきました 
T__014 T__026
なるほど「奥へ奥へと」とはこのことかとJR東海のポスターの言葉遣いのうまさに感心室生寺は明日香村よりもさらに山奥にあり、建立当時はまさに山全域に聖域としての役割があったのだろうと思われました
T__226 T__225  
清流の室生川にかかった朱塗りのたいこ橋を渡るとそこはもう室生寺の境内でした 
入口で拝観料600円を納めて中に入りました
T__078 T__081  
仁王門はまだ新しい朱塗りで両側の仁王像も青、赤色があざやかでした
昭和40年の再建だそうです 
幅広い鎧坂を登ると国宝 金堂が見えてきました
T__219 T__217  
金堂内は今の時期、特別拝観で公開ということでした 
JR東海のキャンペーンはそのためだったのかとわかりました 
金堂内に入ると、ありました!「十二神将」 
JRのポスターの魅力そのままの姿でした 
ただ想像していたよりもずっと小ぶりでした 
でも小ぶりながら表情には迫力があり、それぞれが個性的な躍動感を放っていました 
運慶作と伝えられており、成程と納得しました 
十二神将たちがお守りしている御本尊 釈迦如来立像も立派なものでした 
量感あふれる像ですが一木彫成像だそうです 
お顔や胸部は漆で黒くなっており、衣の朱色とはやや違和感がありました 
御本尊を中心に薬師如来、地蔵菩薩、文殊菩薩などが安置されていましたが、その中では十一面観音菩薩像はふくよかでほりも深く女性的な優しさが漂っていてとても魅かれました 
金堂を出て石段を登ると、これも国宝の「灌頂堂」がありました 
現在、屋根を修復中で工事の足場が組まれていて外観を損ねていて残念でした 
灌頂堂左の石段をさらに上がると室生寺のシンボル「五重塔」が姿をあらわしました 
T__113 T__122
高さが16m程しかなく、室生寺で最古の建物であり、五重塔としては日本で最も小さいものです 
室生寺は女性の入山を許した寺で「女人 高野」とも呼ばれますが、小ぶりな十二神将といい最小の五重塔といい女性に開かれた寺との関係があるのでしょうか
ここから先は「奥の院」と呼ばれており、さらに石段を三百九十段ほども登っていったところにありましたT__134
T__140 T__148 T__159 T__167 T__171 ここには御影堂あり、弘法大師の木像が安置されているそうですが、公開されていませんでした 
T__182 T__184 ここまで上ったのだからさぞかし眺めがいいだろうと思っていたら、木立に遮られて見晴らしのいい場所がなかったのも惜しかったです

室生寺の拝観が思ったよりも早くすみ時間にゆとりがあったので、小ぶりの十二神将を見たのだから反対に大きい十二神将を見ようと「新薬師寺」まで足を延ばすことにしました

「新薬師寺」のお話は次回に

| | コメント (12)

2009年2月 6日 (金)

海 海 海

T_1_2
2月4日は立春でした 
いつもなら「暦の上では立春になりましたが」と書くところですが、今年の2月4日はまさに春到来を思わせる暖かさでした 
もともと温暖な地域とはいえ、今年は一度雪がちらついだけで、積もることもありませんでした 
寒さが大の苦手な私にはありがたい冬でした
今年の冬は私にとって新鮮な冬となりました 
カメラにはまってしまったおかげで、寒中でもでかけることが多くなったからです 
暖かな冬だったとはいえ、今まででは考えられないことです 
大好きな夕焼けの風景や海の風景を撮りに、絶好のポイントにたびたびでかけました 
今までなら冬の海なんて、よほどのことがない限り行く気にもなりませんでした
「冬の海」がこんなに素敵だなんてうれしい発見でした
T__060_2 T__080_2
小学生の頃、祖父に連れられて行った夏の海水浴場は、松原と海の家そして海水浴客でよくにぎわっていましたが、きれいとはとても言えませんでした
T__320_2 T__115_3  
T__123 今はその海水浴場も公園として整備されてきれいになっていました 
ちょっと洒落た外灯がたち、ベンチもところどころに設けられて、休憩できるようになっています 
モニュメントのようなものもたっていました
この海は伊勢湾の奥深くに位置するせいか、冬でもほんとに穏やかな表情をしています
小春日和の日などは琵琶湖よりも海面が穏やかで、青空や白い雲が映っていました 
「今はもう秋、だれもいない海~」なんていう歌が昔流行りましたが、秋どころか冬だって必ず人の姿がありました
砂浜で犬の散歩させている人―犬は波打ち際で遊び、砂浜で羽を休めている海鳥を追い払って楽しんでいる
T__250_2 T__213_2 T__299_2
コートにマフラーをして、何か話しをするでもなく遠くの海を眺めているベンチの老夫婦―何も話をしていないのにとても仲が良いのが伝わってきます
長い釣り竿をたれて銅像のように姿勢を崩さない釣り人―釣れようが釣れまいが関係ないようにじっとそのままで、修験者か哲学者のようです
T__115_4 T__282_3
T__186_2 カメラを構えていると話しかけてきたおじさん―いい写真はとれたかいな、あの海苔養殖の竹の棒を撮るとええよ、とアドバイスしてくれました
冬の冷たく澄み切った空気に、遠い向こうの半島がはっきり見えていました

「冬の海」は被写体の宝庫でした 
それをカメラにうまくおさめる技量のない自分が情けなくなりました 
こんな風景を今まで知らなかったなんて・・・
冬に外出する意欲を湧かせてくれたカメラに感謝です
T__132

| | コメント (14)

2009年2月 2日 (月)

楽園へ・・・


2月‐如月になりました 
新年を迎えたと思っていたら1月はあっという間に過ぎていきました 
相方が「1月はいく、2月は逃げる、3月は去る」と言うのだとうそぶいていましたが、まんざら語呂合わせというだけでなく、なるほどと思ってしまいます
暖かい日が続いて喜んでいると、また寒い日がやって来て、思い通りには春に近づけないですね 三寒四温とはよく言ったものです
でも、明日3日は節分、4日はもう立春、少しずつ春の気配が近づいてきているのは確かですね

今は水仙が綺麗に咲いています 
もうすぐ梅が咲き始めたら、桃の花、そして桜へとまた花を楽しむ季節がやってきます

この花少ない時期、「日本一美しいベゴニアガーデン」を楽しんできましたrvcardash

このテーマパークのホームページにはこう紹介がありました

日本一美しいベゴニアガーデン
大輪の花ベゴニアをはじめ、世界各国から集めた数百種・1万2千株の絢爛たる花々が4棟から成る大温室で常時栽培・展示しております。まるで絵画の中に足を踏み入れたかのようなベゴニアの花の美しさは、見る人を虜にすること間違いなしです。」


数百種・1万2千株の絢爛たる花々の言葉に魅かれて足を運びました
実は、ここは前にウィンターイルミネーションでブログを書いた同じテーマパーク内にあります
2000円の入場料を払うと、1000円の金券が付いています
この
ベゴニアガーデンに入るのに1000円別料金がかかるのですが、平日は2時までなら無料で入れました 
おかげで1000円の金券はランチに使うことができました

ガーデンの中に入ってみると

T__023_2 T__027 T_ok18 目の前に色鮮やかなベゴニアの花たちが私を迎えてくれました 
梅や桜とは違い本当に華やかな花たちです

順路に従って進んで行くと、天井からはベゴニアだけでなくペチュニアも咲き乱れていました

T__090 T__138

ベゴニアの名前を控えてこなかったので、何という名前なのかがわからないのですが、可愛い花や華麗な花、いろんな種類の綺麗なベゴニアに夢中になってカメラのシャッターを切っていました
T__009 T__010 T__103 T__039 出口近くに池があります
その池にはベゴニアの花が切り取られ水に浮かべてありました
色とりどりの大輪のベゴニアの花が池を回るように流れている光景はとても素敵な演出だなって思いました
T_ok1 T_ok78 T_ok65寒い日でしたが、しばし南の楽園気分を味わうことができた、素敵な時間でした
ほんの少しでも、暖かさをお届けできたでしょうか?
T_ok16

| | コメント (18)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »