« 春 春 春 | トップページ | 春日大社-春の奈良2 »

2009年3月23日 (月)

五色の椿-白毫寺・・・春の奈良1

赤い椿白い椿と落ちにけり  河東碧梧桐

「五色椿」で有名な奈良の白毫寺に行ってきました
なんていかにもよく知っているようですが、実はこの前 新薬師寺に行った際に案内板で初めて知ったお寺です 
調べてみたら、白毫寺の五色椿は東大寺の「糊こぼし」・伝香寺の「散り椿」とともに「奈良三名椿」の一つとして名高いということでぜひ観にいきたいと思っていたお寺です
新薬師寺から車1台通るのがやっとの狭い道を東向きに進んでいきました 
坂道を上っていくとちょうど白毫寺の入り口の前に駐車場があり、車をそこに停めました 
徒歩でさらに坂道を登ると、石段があり脇には椿がずっと植わっていました 

Image1

石段を登っていくと古びれた山門があり、観光客が少ないこともあって閑静な佇まいでした 
やはり京都の人里離れた嵯峨野や大原の寺ともどこか違っています 
うまく表現できないのですが、京都の寺はどこか洗練されて上品な感じがするのです 
白毫寺などはそれと比べるといかにも山寺で歴史の重みのような雰囲気が漂っているのです
石段を登った受付で500円の拝観料をおさめて中に入っていきました 
すぐに本堂がありましたが、お参りはあとにしてまず五色椿のところへ 
りっぱな椿の木でしたが、紅、白、紅白混じった花が一本の木に咲き乱れていました 
本当に五色なのかは区別できませんが一本の木に色違いの花が渾然と咲いている様子は不思議な感じでした 

T__058 T__059

樹下は苔むしていて、苔の上に落ちた色とりどりの椿もきれいでした 
奈良県指定の天然記念物だそうです
境内には五色椿のほかにもたくさんの椿が花をつけていて、まさに椿寺でした 

T__162 T__480

椿を堪能して、ようやく本堂にお参りしました 
本堂には勢至・観音菩薩像が安置されていました 
本堂入口に「核兵器廃絶」の署名紙が置いてありここの住職の平和への願いも感じとれました
T__166 T__164

本尊の「阿弥陀如来坐像」や椿ともう一つのお目当て「閻魔大王坐像」は本堂裏の宝蔵に安置されていました 
「閻魔大王坐像」は他の寺ではめったに見かけませんが、玉眼の鋭い目つきに口を開けた怒りの形相はさすがに迫力がありました 

白毫寺は高円山にある山寺で眼下に奈良の町が広がっておりよい眺めでした

T__106 T__217  

この日は訪れる人もまばらで落ち着いたいいお寺でした 
お寺を出て石段を降りていくとき

山寺の石の階(きざはし)おりくれば椿こぼれぬ右に左に  落合直文

の歌がふと浮かび、まさにここの地で作られたのではないかと思われるほどぴったりの歌でした
車を停めた駐車場は鉢植えの「椿」も販売していて、その店だけでもたくさんの種類の椿がありびっくりしました 
なんと日本に1300種ほどもあると聞きました 観ているうちに赤い花びらで中央が白くなっている花がとても気に入って購入しようとしたら、名前が「月光(がっこう)」だそうで、ええっすると日光もあるのかと思ってたら案の定ありました 
名前にも惹かれて「日光」「月光」併せて買ってしまいました
(左が「月光」、右が「日光」です)
T__241 T__242

白毫寺をあとにして、近くの「春日大社」がこの日の二番めの目的地でした 
「春日大社」の話はまた次回

Image3

|

« 春 春 春 | トップページ | 春日大社-春の奈良2 »

奈良」カテゴリの記事

コメント

うれしい!! 椿の花が大好きです。
愛らしい花に 肉厚の濃い緑の葉 寒い空気の中で
凛と咲いてて どういうのか 日本の花って 感じ
なのです。 ポトッと落ちるのも 好きなのです。
はかなさ と いさぎよさ を感じるのです。
苔の上の椿の花も さすがです。よくぞ 撮って
下さった(笑)月光&日光も 初めて見ました。
種類の多さにびっくりですね。

投稿: きなこ | 2009年3月24日 (火) 00時42分

おはようございます。今はいいお天気です。
白豪寺、名前だけは・・・・
椿のお寺とは知らずに居りました。
推定樹齢400年と本にありました。
高円山、山寺としてちょっとピックアップしてありました。
苔むした石段を登って行く様子が想像できます。

万葉集には
高円の秋野の上の瞿麦の花うらわかみ人のかざしし瞿麦の花・・・・・がありました。

月光と日光・・・楽しみが増えましたね。

投稿: shibata | 2009年3月24日 (火) 08時30分

vanillaさん、おはようございます♪
お寺の名前が読めないのですが
落ち着いた佇まいの素敵なお寺ですね。
椿の花は桜と共に日本を代表するお花ですね。
咲くもよし、散るもよし、大好きなお花です。
1本の木からいろいろなお花を愛でることの
できる五色椿、一度見てみたいです。
月光、日光、菩薩様のような素敵な椿ですね。
月光は私が先日買ったボクハンによく似ていますが、
月光のほうがお花に丸みがありますね。
最後の椿も素敵ですねheart04

投稿: hiro | 2009年3月24日 (火) 10時28分

こんにちは。
白毫寺は花のお寺として有名なようですね。行ったことがありませんが一度行ってみたいお寺ですね。水に浮かぶ椿!良いですね!志貴皇子の山荘跡だそうですね。「石ばしる垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも」いい歌です。

投稿: シゲ | 2009年3月24日 (火) 14時32分

きなこさん

こんにちは(o^-^o)

椿の花私も好きです
山茶花も同じような花なのに何故か椿に惹かれるのは何故でしょうね・・・・?
ポトッと花のままに落ちて、その姿もまた風情が感じられていいものですね

それに種類は本当に多いですね
白毫寺の近くのお店にもたくさんの種類の椿が売られていました
きなこさんも、一度お出かけくださいねrvcar

投稿: vanilla | 2009年3月25日 (水) 15時47分

shibataさん

こんにちは(o^-^o)

今日は寒い日になりました
明日はもっと寒くなるそうで、また冬に逆戻りのようです・・・

白豪寺、ご存知でしたか?
なかなか落ち着いたいいお寺ですよ
書かれているように見晴らしもよくてベンチでお弁当を食べながらゆっくりできそうなお寺でした
>推定樹齢400年と本にありました。
椿は大きくなるのに年数がかかるようですね
お寺の近くのお店でも、少し大きくなった椿の木は3年も5年も経ってると聞いて、5年も経ってるのにまだこんなに低い木なのかと驚きました

日光月光の椿、大切に育ててみようと思っていますbud

投稿: vanilla | 2009年3月25日 (水) 16時02分

hiroさん

こんにちは(o^-^o)

お寺の名前は「びゃくごうじ」です
東大寺付近は人人人でごった返していましたが
ここは人も少なく、本当にのんびりとした雰囲気を味わうことができました
私はすっかり気に入ってしまいました^^

月光椿はhiroさんのブログで拝見したボクハンにそっくりでした
奈良だから日光月光菩薩にちなんでそう名付けられたのかなぁ~と思ったりしたのですが
やはりボクハンとは少し違うのですね
私に上手く育てられるかどうか・・・
でも、hiroさんを見習って頑張って育ててみますねheart

投稿: vanilla | 2009年3月25日 (水) 16時09分

シゲさん

こんにちは(o^-^o)
志貴皇子とは大変縁のある寺だそうですね
何でも白豪寺のさらに奥山へ入って行くと志貴皇子の墓があるそうです

「石ばしる垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも」
志貴皇子の代表的な歌ですね
万葉集らしく春の訪れを素直に詠ったもので私も好きな歌の一つです

投稿: vanilla | 2009年3月25日 (水) 16時16分

こんばんは!

椿の種類が多いのには初めて知りました。
赤い椿とまだらの椿しか見たことなかったので・・・

「月光」と「日光」いいですね!
写真で見る限りは「日光」が好きです。
蓮の花みたいに品がありますね!

阿弥陀如来様は我が家のご本尊様です。
きっと優しいお姿だったでしょうね!!

ありがとうございました。。。

投稿: べあ坊 | 2009年3月25日 (水) 19時31分

べあ坊さん

こんにちは(o^-^o)
お返事遅くなりました

椿の種類の多さ、私もびっくりでした
>赤い椿とまだらの椿しか見たことなかったので・・・
「お水取り」の行に使う造花の椿は「のりこぼし」という椿なのですが、赤に白のまだらがあります
誤って紙の上に糊をこぼしてしまいのりの斑点に庭の椿が似ていたことから名づけられたのだそうですよ^^

「月光」と「日光」いいでしょ?
確かに品がありますね、名前にふさわしいですね

阿弥陀如来様、はい優しいお姿でしたcherryblossom

投稿: vanilla | 2009年3月27日 (金) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春 春 春 | トップページ | 春日大社-春の奈良2 »