« 桜 | トップページ | 名づけられた葉-私とカメラⅡ »

2009年4月19日 (日)

晩春を彩る花たち-私とカメラ

 

Ok5_2

桜もすっかり花を散らし、葉桜になってしまいました 
4月がまもなく終わると初夏の訪れですね

記念写真しか撮ったことのなかった私がカメラにはまりだしてから一年ほどになります 
カメラで美しいワンショットを撮りたい、心に訴えるような一枚を撮りたいと思ったのがきっかけでした 
カメラのレンズを覗いてみることで、私の今までのものの見方や世界が大きく変わったのは、私にとっては転機ともいえるほどのできごとです

相方は私の撮影につきあってくれるのでありがたいのですが、自分では写真を撮ろうとしません 
相方に言わせると「広大な景色の一部分を切り取って、何がおもしろいの」ということです 
私が「絵画でもキャンバスの中に切り取っているやんか」と反論すると
「何言うとんの、絵画は自分の感じたことを絵に創作するんやから、キャンバスの中で無限の広がりを持っとるやん」と切り返されます 
くやしいけれど、今のところ相方をぎゃふんと言わせるだけの写真論を、私は持ち合わせていません・・・ 

昔、花が大好きでどんな花の名前も知っている友人がいました 
その友人が「花の名前を知っていると、通り道が見違えるような風景になるよ。」と言っていました 
その頃はふーんと思っただけですが、今はその意味がよくわかります 
花の名前をたくさん覚えたわけではありませんが、カメラのレンズを通して見ることで私の世界は本当に広がりました 
今まで見過ごしていた花や木、海や空、虫たち、動物や人間たちがそれぞれ個性を持った情景として見ることができるようになりました 
ちょっとおおげさな言い方になったかもしれませんが、カメラに感謝感謝です

さて、春爛漫さまざまな花が色とりどりに咲き乱れています
近くの河原では菜の花(野生でしょうね)が川辺を彩っていました 
野生だからか、ぐんぐんと背を伸ばした菜の花たちです 
菜の花の黄色がなんとも春らしさを漂わせています 
さらにその河原は北側には黄色の菜の花、南側の堤防には白い菜の花(?)が色分けされて咲いていてそのコントラストは見事でした 
今年は河原で菜の花をよく見かけるような気がします 
植物の生態系の変化なんでしょうか

Ok1_2 T_koinobori_075_2

 





T_koinobori_125


黄               まどみちお


と なづけられた
きひんある そのいろは
たとえば
天からの ひばりのおしゃべりに
みわたす なのはなに
てのひらの レモンに
ほこりたかく いきづいている

においでなく
ほてりでなく
はだざわりでなく
ひかりのきぶん そのもののように
天のおおらかさと
みずみずしさで・・・

そこにいきづく しあわせを その
いきづくことで ほめたたえながらに

T_koinobori_250 T_koinobori_238

そして、ようやく見つけました-れんげ畑 (写真は上手く撮れませんでした・・・)
先日出かけた帰り道、田んぼに赤紫の花を見つけたので、車を停めてみたら案の定れんげでした 
あたり一面のれんげ畑とはいきませんでしたが、あちこちにれんげが群生していました 子どもの頃は近くの田んぼはれんげ畑がいっぱいあったのに、最近見かけなくなりました「れんげ」と「白詰め草」はなぜか童心に還らせてくれる花たちで大好きな花たちです 

私の地方ではもう田んぼに水が張られました 
田植えの準備が整いました 
GW前には田植えの風景が見られるはずです

T_koinobori_340_3



|

« 桜 | トップページ | 名づけられた葉-私とカメラⅡ »

季節2009年」カテゴリの記事

コメント

れんげ れんげ 私も大好きな花です。
昔 姉達と 母の田舎の畑で れんげの蜜を吸った
覚えがあるのですが・・・・・今は どんな風にして
吸ったか忘れています。 かわいいピンクの花びらを
ぴっぴっと ちぎってしまったような (かわいそ~)

私も子供の運動会のビデオや写真係りで 後から
感動が薄かったような感覚があって 一体父親は
何してたのか??って そう言えば幼稚園の時には
騎馬戦で お父さん達に 混じって がんばってたな
って (笑) でそのときの写真はない (大笑)
で それから 写真を撮る時は 脳とハートに 
しっかり 写してから シャッターを切っています。
思い出が色あせず いつまでも残ることも 大切やよ!

投稿: きなこ | 2009年4月19日 (日) 21時42分

きなこさん

おはようございますcloud(今日は曇りですね・・・)
れんげの蜜、どんな味だったのかな?
私はツツジの蜜を吸った記憶があります
実家の中庭に結構いろんな種類のツツジが咲いていて、花を摘んではガクを取って吸ったような・・・私も、さて、どうやって吸ったのか?思い出せません(u_u。)

確かに運動会でビデオ係をしてると、撮ることに集中してなかなか実際の感動を味わえなかったりしますね
>そう言えば幼稚園の時には騎馬戦で お父さん達に 混じって がんばってた
えっ!きなこさんが・・・その姿を残しておきたかったですね
でも、頑張ってくれてるお母さんの姿は、娘さんの脳とハートにしっかり写されていますよね(o^-^o)

投稿: vanilla | 2009年4月20日 (月) 07時55分

vanillaさん、おはようございます♪
私もいまvanillaさんと同じ様な気持ちでいます。
私の場合はきっかけはブログを始めるように
なってからですが、それまでは旅先の
人物入りスナップ写真ぐらい
しか撮ったことがありませんでした
しかもカメラは「写るんです」でした。
デジカメをプレゼントされてからブログを始め
いろいろなものに注意深く目を向けるようになりました。
旅先でも人物は記念の数枚しか撮らなくなりました。
旅に一番行っていたのが50代でしたから今から思うと
良い写真を残せなかったことが残念です。
「れんげ」や「白つめ草」は幼い日の思い出に繋がりますね。
でも今の子供達はどうでしょう。時代とともにそういう
お花が見られなくなり、可愛そうな気がします。

投稿: hiro | 2009年4月20日 (月) 10時31分

こんばんは

とてもよくvanillaさんの想いがわかります。
私も美しい風景を残したいと写真を撮るようになり、
それまでは簡単に通り過ぎていた自然の中を味わって通過するようになりました。
きれいな花に出会えば、よく観察するようにもなりました。
そうしているうちにパソコンが生活に入ってきて、
ブログを知り、参加することで一層感じるものがたくさんあるようになりました。
同じ花でもこんな風に見ることもできる・・・とか
こんなきれいな花がある・・・とか
こんな素敵な場所がある・・・とか

そうして、いままででは出会えなかったであろうvanillaさまと知り合いました。
カメラの腕は一向に上がらないのですが、少しは工夫して写すようにもなりました。
介護の生活に光なのです。

私は初めの一枚のような空が大きい割合に風景を切り取るのが好きです。
これからもお互い、いい風景を写しましょうね。

投稿: shibata | 2009年4月20日 (月) 19時11分

hiroさん

おはようございますrain(今日は雨です)
hiroさん、私も一緒です、
旅に行った時は、使い捨てカメラでスナップ写真ばかり撮っていました
でも、デジカメを使うようになってからは、風景ばかり撮っています
子供たちが大きくなって、旅行について来なくなったのもありますが(o^-^o)
デジカメは、フィルム写真のように枚数を気にすることもないので、気軽にシャッターが切れるのがいいですよね

れんげや白つめ草は私たちの小さい頃はあちこちで見られましたよね
首飾りや冠を作って遊びましたよね
白つめ草はまだ見つかりますが、れんげはほんとに見つからない花になってしまい、残念ですbud

投稿: vanilla | 2009年4月21日 (火) 09時54分

shibataさん

おはようございますrain
今はネットで気軽にいろんな人が撮られたいろんな写真を目にすることができるようになって、とても刺激になり勉強にもなりますよね
私はshibataさんが写される山や森の風景
その中にある、花や鳥の姿にいつも感動させていただいています
私もいつかあんなふうに綺麗に鳥を写し取ることができたら、と思ってるんです(o^-^o)
私もブログを通してみなさんとお話ができること、とても幸せなことだと思っています
私も、みなさんに刺激されて、素敵な写真を撮ってみたいな、と思っています
はい。お互いにいっぱいいい風景を写していきましょうねcamera

投稿: vanilla | 2009年4月21日 (火) 10時04分

バニラさん、そんなに短いんですか
すごいです、凄すぎます
いつも、癒される空間を作って頂いて
感謝で一杯なんですよ、私
相方さんに反論してあげたい
<出来ないけど(;´▽`A``
れんげ畑、新幹線に乗ってると
岐阜から米原辺りではよく見かけますけど
近所では見ることもなくなりましたね
今日もありがとうございました。

投稿: 夢見る夢子 | 2009年4月21日 (火) 14時21分

こんばんは
いつも暖かいコメントをありがとうございました。
クロモジの開花した花を掲載いたしました。
細かくてはっきりとは写せなかったのですが・・・
お時間があるときにご覧いただければ嬉しいです。

投稿: shibata | 2009年4月21日 (火) 19時31分

こんばんは!

カメラにはまって1年、いい写真をたくさん見させていただきました。ありがとうございます!!

映し出されている光景は、暖かさを感じる光景ばかりです。
落ち葉や影にも心を抱いて撮されているのがよくわかります。

人が見て、いい写真と自分が見ていい写真は違うと思いますが、
人それぞれに、いろんな思いで、その写真を見ているからだと思います。

いい写真を撮ることよりも、季節の変化、何気ない感動、今まで気づかなかった光景を残せればいいのではないでしょうか!

これからも、のんびりと頑張りましょう!

投稿: べあ坊 | 2009年4月21日 (火) 21時22分

写真の意味について、「二つと同じものの光の状態を記録するだけでも意味がある」とか、「景色を切り取るのではなく、感じた自分の気持ちを投影する作業である」とか色々考えてみたのですが、旦那様に勝てそうなのは思いつきませんでした。で、結論は
撮りたいから撮る
です。何と言っても、撮りたいから撮って思い通りの結果が得られたり、何となく撮ったのに意外な表現ができたりすると、うれしい。これに尽きます。

河原の菜の花、僕もそう感じていました。昔から河原には菜の花が多かったのに気付かなかっただけかもしれませんが。加古川や龍野の揖保川でかなり大きな群生を見ました。(加古川は明石の西、高砂の北、龍野は姫路の北西で、キッコーマンのしょう油で有名な町です。揖保川はそうめん「揖保の糸」で有名な川です)

投稿: 圭太 | 2009年4月22日 (水) 10時45分

夢見る夢子さん

一眼レフを手に入れたのは、1年くらい前なのです
いつも、写真を褒めていただいて、私の方こそ感謝です
とっても励みになっているんですよヽ(´▽`)/

私の住むところは10分も車を走らせたら、田んぼや畑が広がっているのに、れんげは全く見られません
畦道にも咲いていないんですよ
菜の花畑にクローバー畑、れんげ畑、それぞれ春を代表する花だったのに、残念です(´;ω;`)ウウ・・・

投稿: vanilla | 2009年4月22日 (水) 16時28分

shibataさん

は~い。
今からクロモジの花、拝見しにおじゃましますね
教えてくださって、ありがとうございます(o^-^o)

投稿: vanilla | 2009年4月22日 (水) 16時29分

べあ坊さん

いつもブログに遊びに来てくださって、ありがとうございます
>落ち葉や影にも心を抱いて撮されているのがよくわかります。
いやぁ~嬉しいです!
「これ」という被写体に出会えたら、納得行くまで撮りたいと思っているのですが、その時の状況で、なかなか思うように撮れない時もあります
花を撮る時は、いかに綺麗に可愛く撮ってあげられるかな?と一応考えて撮ってるのですが、まだまだ思うようには撮れません
でも、これからも頑張って撮り続けますので、また見に来てくださいねm(_ _)m

投稿: vanilla | 2009年4月22日 (水) 16時37分

圭太さん

相方をぎゃふんと言わせる理由、いろいろ考えてくださって、ありがとうございますm(_ _)m
>「景色を切り取るのではなく、感じた自分の気持ちを投影する作業である」
これは絵画にも言えることかもしれませんが、
>「二つと同じものの光の状態を記録するだけでも意味がある」
これは写真ならではのことですよね!
これ聞いて、私もそうやなぁ~、と思いました
>結論は撮りたいから撮る
これも、一緒です!(笑)

風景でも花でも人でも、「あ、これ!」と思った瞬間を写し取ることが、簡単にできるのが写真の魅力かな?と思うのです
取りあえずシャッターを切ればその瞬間は簡単に記録できますものね
でも、それだけでは満足できない・・・
そこからスタートするんですよね
もっと素敵に残したいって。
私はまだスタートしたばっかです 頑張らねば!(o^-^o)

投稿: vanilla | 2009年4月22日 (水) 16時49分

ご主人とのやり取り、皆さんのコメント面白いですね。
どんな小さな対称であっても、心が動かされたとき、言葉、絵画、写真、音楽等々で表現したくなるんですよね。

言葉や、絵画は表現のプロセスに時間を要します。写真が軽く見られやすいのは、この時間がかからないからかな?しかし、続けているとやはり、作品にカメラマンの心の動きが現れてきますし、鍛錬しなければ、磨かれない技術もありますね。

このブログは言葉と写真両方でvanillaさんの繊細な心の動きが見えるのが魅力です。

最後の写真にジーンときました。

○ その中の一草凛とあるを見し

投稿: joy | 2009年4月24日 (金) 13時13分

joyさん 

おはようございますsun
お返事が遅くなってしまって、ごめんなさいm(_ _)m

写真は取りあえずシャッターを切れば写ってくれます
私にはそれが魅力でした
最初はただ綺麗な花や風景を写すだけで満足していましたが
他の人の写真を拝見したり、本などですばらしい写真を見る度に、自分ももっと綺麗な写真を撮りたいと思うようになり、自分の個性を表現したい、と思うようになり・・・
思うだけで、なかなか思うようには進みません(泣)
やはり、奥が深いなぁ~と最近つくづく感じています

>○ その中の一草凛とあるを見し
いつも、すばらしい歌、ありがとうございます

あとで、遊びに行かせていただきますね(o^-^o)

投稿: vanilla | 2009年4月26日 (日) 08時49分

すみません、前回のコメントの対称は、対象です。

>自分の個性を表現したい、と思うようになり・・・
 
普段歌や詩をつくるわけではないのに、ここにお邪魔すると、「なんか出てくる、、、」のは、独自のものが表現されているからですね。

vanillaさんの感覚は、

○その中の一草吾に微笑みて

の方に近かったでしょうか、、、

投稿: joy | 2009年4月26日 (日) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜 | トップページ | 名づけられた葉-私とカメラⅡ »