« 新緑の京都-三千院 | トップページ | 浜名湖周辺の旅 »

2009年5月20日 (水)

「グラン・トリノ」-ガンマンが銃(ガン)を棄てる時

332286view024

クリント・イーストウッド監督、主演の映画「グラン・トリノ」を観てきました 
やはりクライマックスで涙が溢れて、眼を腫らせて映画館をあとにしました

クリント・イーストウッドは「荒野の用心棒」「夕日のガンマン」そして「ダーティーハリー」シリーズなど、私にとって若い日のちょっとニヒルなアメリカンヒーローです 
もちろん監督としての評価も高く、アカデミー賞で監督賞、作品賞を受賞しています 
イーストウッド監督作品を全部観ているわけではありませんが、硫黄島での日米決戦を描いた「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」はアメリカ兵・日本兵の両側からの視点で捉えており私の中では名作の一つです

さて、「グラン・トリノ」はイーストウッド演じるウォルト・コワルスキーの最愛の妻の葬儀シーンから始まります 
参列した孫のヘソ出しルックに顔をしかめ、いかにも頑固で偏狭な老人という印象を最初から打ち出します 
息子たちもそんな老父に辟易しており、ウォルトの孤立している様子がよくわかります  たぶんウォルトの最大の理解者であった妻の死は彼のいっそうの孤立・厭世感を高めたのだろうと想像させるようになっています 

オープニングのウォルトの描写は息子の家族や隣人を排除する頑固さ・孤立性・偏狭さを際立たせるものです 
そしてウォルトは本当に数少ない罵声をあびせあう友人だけに心を開き、あとは芝刈り以外はビールを飲んで1日を過ごす殻に閉じこもった老人なのです 
だからこそ、その後展開するアジア系民族のモン族の家族との出会いをきっかけとするウォルトの心の変化がなんとも和やかな雰囲気を観客に与えることになります

隣に引っ越してきたモン族の家族にウォルトは唾を吐き、自分の芝に足を踏み入れることさえ拒否します 
しかし、隣家の娘スー・ローの気の利いた会話でウォルトは隣家のモン族と交流を始めます 
異文化の慣習にとまどいながらも、礼儀正しいモン族に次第に心を開いていくウォルト スーのおとなしい弟タオ・ローが従兄率いるギャンググループに無理強いされ、ウォルトの愛車「グラントリノ」を盗もうとして失敗に終わります
その償いにタオ・ローに仕事をさせていく中で、ウォルトはまるで父親のような眼差しでタオ・ローを育てていくことになります 
頑固で偏屈な老人の暖かい心、ストーリーの中で心がほっとする場面です 
しかし、職に就いたタオ・ローに例のギャングたちが襲いかかります 
ここで「夕陽のガンマン」や「ダーティーハリー」と同じく悪者のギャングをやっつけるウォルトが描かれます 
ここで終わればニヒルなヒーローの再来です
「報復には報復しかない」「復讐の連鎖」、監督イーストウッドの腕の見せ所はここからでした 
ギャングたちはさらにひどい報復をもってモン族一家に襲いかかります 
それはあまりに凄惨な「報復」でした 
そして「復讐の連鎖」を止めるべく立ち上がったウォルトはどんな策をこらしてギャングに相対したのか・・・ 
そこには衝撃的なラストシーンが待っていました

ウォルト・コワルスキーには朝鮮戦争での非人間的な行為が色濃く反映されています 
また栄光のアメリカを象徴する自動車産業が斜陽化する現実も反映されています 
多民族問題、宗教問題など現在のアメリカが抱える「病巣」を全て反映しているといってもいいでしょう 
しかし、かつて「夕陽のガンマン」や「ダーティーハリー」でニヒルながらも「力による正義」を演じてきた俳優が監督となって「病めるアメリカ」に力ではない解決法を、映像によるメッセージで送る 
ここに病んでいるとはいえアメリカの健全な底力を感じます
私の住む日本も先行きも見えない不安、希望が示されない政治状況、殺人・暴力の多発などアメリカに負けず病んでいます 
でも「グラン・トリノ」のような映画はなかなか創られることはありません 
日本の健全さはどこにあるのでしょう 
映画を観て日米の違いにもため息が出てしまいました

|

« 新緑の京都-三千院 | トップページ | 浜名湖周辺の旅 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この映画見たいと思っているので、すみませんが、記事を最初しか読んでいません。
イーストウッドは僕も大好きで、『ペイルライダー』のようなマイナーなものまで見たりしました。
ただ、行こう行こうと思いながら、雑踏が嫌いな僕はついに映画館の門をくぐらずじまいというのが毎度のパターンなのですが、今なら神戸の映画館はガラ空きかな?

投稿: 朝霧 圭太 | 2009年5月20日 (水) 20時48分

圭太さん

こんばんは(o^-^o)
私は、「許されざる者」「ミリオンダラー・ベイビー」も観てないんですよ
映画は昔から大好きだったのですが、子育て中はあまり観てない時期があって(宮崎作品は観てましたが・・・^^)
でも最近は週に一回くらい映画館に行っています
「チェンジリング」も面白かったですが、私は「グラン・トリノ」の方がずっと好きです
今思い出しても感動がこみ上げてくるくらい・・・(笑)

圭太さんも是非ご覧になって、またコメントお願いします
でもね、私の拙い文章読んだって、映画観るのに全く影響ないと思いますよ
でも・・・いつもネタバレ気味ですものねヾ(_ _*)ハンセイ・・・

投稿: vanilla | 2009年5月20日 (水) 23時09分

こんにちは、和歌山ではまだ「グラン・トリノ」やっていないですね。あんまりきつい映画は趣味に合わないのですが、やりきれない映画ではないのですね。
当地に来たら一応、鑑賞リストに挙げときます。
「天使と悪魔」とか「60歳のラブレター」とかの軽めの映画は先週観ました。
モン族って確かタイにも少数民族として、いたんじゃなかったかな。

投稿: ロム | 2009年5月21日 (木) 11時43分

ロムさん

こんばんは(o^-^o)
>やりきれない映画ではないのですね。
いいえ、とっても心温まる映画でした
最後の最後も感動でいっぱいになれますよ
是非ご覧になってください
>モン族って確かタイにも少数民族として、いたんじゃなかったかな。
はい。そのようです、タイやミャンマー、中国って言ってたかな?
「天使と悪魔」私も観ましたが、私はあまり面白くなかったです・・・(u_u。)

投稿: vanilla | 2009年5月21日 (木) 21時34分

こんばんは
ようやく、仕事が一段落しました。
「グラン・トリノ」、いい映画ですね~
vanillaさまの解説もいいですね~
戦争物は見ないことにしておりましたが、
「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は拝見、
こちらも「いい映画を残してくれた」と感動、
私にとっては「ローハイド」のロディ、・・・
とっても素敵な方になりました。

投稿: shibata | 2009年5月21日 (木) 21時46分

やっぱり観られましたか?
私も絶対観ようと思っています!!
後でジワッと心があったかくなる映画がいいですね♪
泣いたり笑ったり・・・美味しいもの食べたり(笑)
一日一回感動したいで~す。

投稿: きなこ | 2009年5月21日 (木) 22時49分

希望の持ちずらい経済政治状況の中でも、価値創造のバイタリティーを持った個人が沢山いるアメリカとその対極にある日本というイメージが強く残ったんですか?

vanilla さんご自身の価値創造とその表現を続けてくださることを期待しております。

投稿: joy | 2009年5月21日 (木) 23時15分

shibataさん

おはようございます♪
ほんとうにすばらしい映画でしたね
最後にタオと犬がグラン・トリノに乗って海沿いを走ってる場面で流れてきた歌・・・イーストウッドの渋い歌声にまたぐっと涙が込み上げてきました
いつもエンド・ロールで席を立つ人が多いのに、ほとんどの人がエンド・ロールが終わるまでスクリーンを見つめていたようでした

「ローハイド」は残念ながら観たことがないのですが、西部劇の名作というのは知っています
何度も再放送されてきたようですね
私もイーストウッドのロディ、観てみたいです・・・どんなに素敵だったのかな?(o^-^o)

投稿: vanilla | 2009年5月22日 (金) 07時56分

きなこさん

おはようございます♪
きなこさんも是非観てくださいね
きっと涙が止まらないと思います
観てらしたらまたお話したいですね!

一日一回感動、いいですね!
美味しい豆腐料理に感動したりねhappy01

投稿: vanilla | 2009年5月22日 (金) 09時20分

joyさん

おはようございます♪
>価値創造のバイタリティーを持った個人が沢山いるアメリカとその対極にある日本というイメージが強く残ったんですか?
それらをさりげなく描いてるクリント・イーストウッドはすごいなと思いました
でも、焦点は一人の男の生き様であり、それがみごとに描かれた作品でした

投稿: vanilla | 2009年5月22日 (金) 09時24分

こんにちわ!バニラさん
「グラントリノ」私もエンドロールを最後まで観た今年観た数少ない映画の秀作に入る一本でした。

ラストのイーストウッドがまるで殉教したキリストみたいで・・・
俳優出演最後とも言われてますが、まだまだこれからもいい作品を期待したいですね♪

投稿: 浅葱 | 2009年5月22日 (金) 12時06分

vanillaさん、こんにちは^-^
昨日美術館に一緒に行ったお友達も
この映画を見たそうです。
内容は聞いていませんがよい映画だと
言っていました。
イーストウッド監督の硫黄島からの手紙は見ました。
切なくて涙が出ました。
この作品も監督・主演されているのですね。
ぜひ見たいものだと思いました。
ローハイドは人気のあるテレビドラマでしたね。
私も見ていましたが、そのときに出ていたなんて
知りませんでした。


投稿: hiro | 2009年5月22日 (金) 13時07分

浅葱さん

こんにちは♪
浅葱さんもご覧になったのですね
>ラストのイーストウッドがまるで殉教したキリストみたいで・・・
本当でしたね・・・それから、エンドロールの終わるまでずっと感動に包まれていましたね

イーストウッドは79歳なのですね
映画を作るのに歳なんて関係ないんだな、とイーストウッドをみてると思いますね
すばらしい感性ですよね
もっともっと映画に出てほしいし、監督としても活躍してほしいですよね

投稿: vanilla | 2009年5月22日 (金) 15時01分

hiroさん

こんにちは♪
>イーストウッド監督の硫黄島からの手紙は見ました。
「硫黄島からの手紙」「父親たちの星条旗」の二部作もすばらしい映画でしたね
あの映画についてイーストウッドが言った言葉を今も覚えています
「硫黄島には、スピリチュアルな風が吹いていて、
私たちはただただ戦争の悲劇に圧倒されるばかりだった」
そんな想いを抱きながら「硫黄島からの手紙」を手がけたのですね

「グラン・トリノ」もすばらしい映画、もしかしたら、イーストウッドの最後の映画になるかもしれないそうです
機会がありましたら、是非ご覧になってください

投稿: vanilla | 2009年5月22日 (金) 17時20分

いまさらながら。観ました。
あまりに切なすぎたためか、涙は流しませんでしたが、
2度目には、きっと泣くかも。とにかくも、堪能。

当方、実は、イーストウッドには、かつてカーメル市長
時代の80年代、いわゆる「タカ派」の印象が強く。共和
党員でもありますしね。なにより、「ガンマン」のイメ
ージが払拭できなかったのかな。似たような役柄の多い
俳優チャールトン・ヘストンからの(悪)影響も?

ですから、「スペース・カウボーイ」あたりからの作風
に少し戸惑いつつ、「硫黄島」は衝撃でした。アメリカ
人の「あの」イーストウッドが、と。

今回も、泣いたり叫んだり、愛や家族を押し売りする、
昨今の日本映画(およびテレビドラマ)が遠く及ばない、
みごとな物語。「心温まる」部分ももちろんありますけ
ど、むしろ、抑制の効いた演出だけに、やりきれない感
が否めない、そんな気分。

我が祖国にも「健全さ」はあると信じたいですがね。

投稿: hiperk | 2009年10月17日 (土) 12時47分

hiperkさん
こんばんは(o^-^o)
ご覧になりましたか・・・そしてコメントくださるなんて嬉しく思います
イーストウッドをはじめて見たのは、淀川長治さんの「日曜洋画劇場」で観た『夕陽のガンマン』だったと思います
でもその時は、すごくカッコよかったにもかかわらず、イーストウッド以上にリー・ヴァン・クリーフの方が存在感があり魅力的に感じたのを覚えています(変な女の子ですね^^)
その後の『ダーティハリー』シリーズの頃にはすっかりイーストウッドのファンになっていました
それ以降は映画を観る機会が減ってしまい
イーストウッドが監督としても活躍してるのも知らないまま『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』を観て、何てすばらしい作品を作る監督になったのだろうと感動しました
『硫黄島からの手紙』のパンフレットに書かれていたイーストウッドの言葉を今も覚えています
「硫黄島には、スピリチュアルな風が吹いていて
 私たちはただただ戦争の悲劇に圧倒されるばかりだった」

そういえばかつて市長だった時期もあったのでしたね
映画の世界に戻って来てくれてよかった、そう思います
『グラン・トリノ』がイーストウッドの最後の作品かもしれないと言われていますが、どうかこれからもいい作品を作ってほしい、そう思います
hiperkさんは涙を流さずに観られたのですね
私は、今思い出しても涙が込み上げてきます
確かにやり切れなさを感じますが、
いつも心に気高さを持ったウォルトの最後はやはりウォルトらしいのですよね
ほんとにすばらしい作品でした

投稿: vanilla | 2009年10月18日 (日) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新緑の京都-三千院 | トップページ | 浜名湖周辺の旅 »