« それは運命だった-映画「スラムドッグ$ミリオネア」 | トップページ | 「グラン・トリノ」-ガンマンが銃(ガン)を棄てる時 »

2009年5月11日 (月)

新緑の京都-三千院

5月に入り、GWの5連休も終わりました 

日本列島、1000円高速の渋滞列島となりましたね 
去年はGWにじっとしておれず京都広隆寺の弥勒菩薩に会いに行きました 
今年は高速道路の渋滞が予測されたので、GWに先がけてでかけました 
やはり行く先は京都にしました 
奈良巡りが多かったので、久しぶりの京都です 
目的地は大原の三千院、もちろん「恋に疲れた」からではありません(笑)、三千院のしっとりした苔の庭でゆっくり過ごそうと思ったからです

T_koinobori_002

新名神から見える山並みは新緑で若々しい命の息吹であふれていました 
ところどころに山藤の紫が点々と見えており、なんともすがすがしい風景でした 

京都東インターで降り山科を通って白川通りを北上しました 
途中で「銀閣寺」の案内を見つけました 
「銀閣寺」は学生時代に友人が百万遍に下宿していて遊びに行った時に連れていってもらったきりです 
時間もたっぷりあったので、ちょっと寄り道して「銀閣寺」に行くことにしました 
記憶の中の「銀閣寺」はとにかく「渋い」お寺で、それ以外は何も残っていませんでしたところが駐車場に車を停めて歩き出すと、しゃれたお土産もの屋さんや食べ物屋さんが並んでおり「えっ、こんなににぎやかな通りだったっけ!」とまず驚きました

T_koinobori_010 T_koinobori_012  

そして銀閣寺の受付に通じる道がきれいに刈ってある垣根(といっても、3mほどもある高い垣です)でこれもびっくり、「銀閣寺垣」と呼ばれてけっこう有名な垣根なんだそうです 

受付で拝観料500円をおさめて、入っていくと記憶の中の「銀閣寺」とは全く違いよく整備されたきれいな庭園をもつ立派なお寺でした 
「銀閣寺」は通称で正式には「東山慈照寺」というそうです

T_koinobori_020 T_koinobori_025

残念なことに銀閣と呼ばれる観音殿は現在修復中で姿は見られたのですが、工事中の足場が組んであって見栄えはよくなかったです 
私の中の「渋い」という記憶は豪華絢爛の「金閣寺」と較べてあまりに地味だったからでしょうね 

T_koinobori_033 T_koinobori_051

歴史上も銀箔を貼られることはなかったようですが、銀箔をはりめぐらしたらどんな外観を呈するのでしょうか
「哲学の道」も少し歩いてみました 

T_koinobori_009 T_koinobori_041

T_koinobori_061

ここもところどころおしゃれな店などがあり、今や哲学しながら歩く道の風情ではありませんでした

そして京都の郊外、大原へ向かいました 
前回訪れた時は「寂光院」にも寄ったので「三千院」までけっこう距離のあるところに駐車しましたが、今回は「三千院」だけなのですぐ近くの駐車場に停めて少し歩くだけで「三千院」に到着 
T_koinobori_079 T_koinobori_080

大きくて威厳のある御殿門をくぐり、受付で700円の拝観料をおさめました 
まずは「客殿」の縁側に坐って聚碧園を眺めながらゆっくりしました 

T_koinobori_085 T_koinobori_086

このゆっくり時間の流れる空間がとても好きです 
それから回廊を抜けると、この旅の目的「有清園」です 
まっすぐに伸びた杉木立とその下一面を苔で覆った庭園 
なんともいえない閑かさです

T_koinobori_105 T_koinobori_110  

空気も澄みきった感じがします 
いつまでもこの場所にいれそうな気がします
T_koinobori_122 T_koinobori_134  

T_koinobori_133

苔原の一隅にアクセントのように童地蔵が寝転んだり、首を傾げて笑っていたりします 石楠花や紫陽花、紅葉が有名でその頃訪れるのもいいでしょうが、人の少ない時が閑静さを味わうのにはいいなとも思えます 

T_koinobori_146

気持ちのいい時間をたっぷりと過ごしてきました 
やはり歴史の奥深い奈良に対して上品で優美な京都です

帰路は京都市街へ戻らず、大原を抜けて琵琶湖畔に出ました

T_koinobori_269 T_koinobori_334  

近江八景の「堅田の落雁」で名高い堅田の浮御堂から琵琶湖を望んできました 
なかなかいい旅となりました 

その分、GWは遠出もせずおとなしくしていました

T_koinobori_364

|

« それは運命だった-映画「スラムドッグ$ミリオネア」 | トップページ | 「グラン・トリノ」-ガンマンが銃(ガン)を棄てる時 »

京都」カテゴリの記事

コメント

ええ~?? そんな垣根あったけ?
何度も行ってる銀閣寺も 記憶が 剥がれてってる~ (T_T)
お香だけを買いに 受付を通らせてもらったこともありますが
ちゃんと 観るべきでした。 哲学の道は ひとり歩きが
いいのですよ・・・・私 考えたら いつも一人でした(笑)
三千院すてきですね!! 久々に ゆったりした気分が味わえ
ました。 どうもありがとうございます m(__)m 

投稿: きなこ | 2009年5月11日 (月) 23時02分

ここしばらく無沙汰の京都ですが、かつては仕事で足繁く。一度は日帰り取材で、東京から新幹線で京都駅、駅から某企業オフィスへタクシーで、2時間ほどインタビュー、復路も同様、そしてまた駅から「のぞみ」に飛び乗り、車中で食事……古都の風情も何もあったもんじゃない。
もちろん、たいがいは余裕もあって、東寺を散策したり、嵐山で湯豆腐を堪能したり、大原方面にも現地の友人運転で(当時は、ケータイが通じなくなりました)、独りのときは、まさしく「哲学の道」で哲学した学生のころを思い出したり……。祇園の、看板のない店の、雪見障子の奥座敷で、まったりした記憶は、15年後のいまなお鮮明。
それにしても、21歳だったか、あの小路で、いったい何を夢想していたのでしょう。思い出すに恥ずかしい……。

投稿: hiperk | 2009年5月12日 (火) 13時31分

こんにちは!

久しぶりの銀閣寺、私も高校卒業後すぐに、万博があり、京都の友人宅に数日泊まっていて、銀閣寺にも行きました。

私は、金閣寺よりも銀閣寺が好きでしたね。当時は、そんなに綺麗ではありませんでしたが、歴史が感じられた気がしていました。

今は、すっかり趣が変わっているみたいですね。

大原三千院は、行ったことがないので、画像で楽しまさせていただきました。

静かな庭園ですね。こういうところで、じ~~~っとしていると、昔のことが蘇ってきそうですね。

いつも、良いところを紹介していただき、ありがとうございます!!

投稿: べあ坊 | 2009年5月12日 (火) 18時58分

いい旅をなさいましたね。
おかげさまで、いい風景を拝見させていただきました。
京都はいつ行ってもどこへ行っても素晴らしいです。
また、行きたくなりました。
大原は雪の時出かけて良い風景を見てきました。
紅葉の時は人が多くて・・・・

旅は一人旅が良いですね。
夫と二人もいいですが・・・・

琵琶湖の旅は母と妹と・・・
もう旅が出来なくなった母も琵琶湖をTVでみると旅の事を話します。
行って良かったです。

投稿: shibata | 2009年5月12日 (火) 19時53分

vanillaさん、こんばんは^@^
銀閣寺は娘が大学4年生のとき 母娘で京都旅行
をしたとき訪れましたが、こんなに高い生垣が
あったなんて気づきませんでした。
ほかの景色は十数年前とあまり変わらない様な気がします。
銀閣寺の近くで買った焼き芋、美味しかったな~・・・
忘れられないお味です。
哲学の道も歩きましたが、お寺ばかり気になり
おしゃれなお店には気がつきませんでした。
大原は行ったことありません。
三千院、とても素敵ですね。ほんと、空気が澄み切っている
感じがします。童地蔵には、癒されますね。
とてもよい雰囲気なので絵手紙にしたくなります。
琵琶湖も通り過ぎるだけでまた立ち寄ったことがありません。
今日は素敵なお写真をたくさん見せていただきありがとうございました。

投稿: hiro | 2009年5月12日 (火) 20時39分

京都はもう40年以上前に高校の修学旅行で行ったきりです。当時の写真はモノクロで、雨の日も多かったせいか、記憶の中の京都の色は、春日大社の緑と、百済観音の黒以外はあまり浮かびません。
その中で銀閣寺は渋く光るように映像があります。きっと昔から渋好みなんでしょうね。

それにしてもvanillaさんの写真の三千院の緑、柔らかな日差しを上手に取り込みながら、とてもゆったりとした雰囲気が伝わってきます。(恋に疲れてから行って見たいです、、、笑)

投稿: joy | 2009年5月12日 (火) 22時33分

きなこさん

こんにちは♪
>ええ~?? そんな垣根あったけ?
あは!きなこさんが忘れてるくらいですもの、私が覚えていないの当たり前?^^
何で覚えていないのかと思うほど、存在感のある垣根でした
銀閣寺もそうですが、記念写真撮ってたらその時の記憶が蘇ってきたりするような気がします
記録として、写真は大切やなぁ~と思いました

哲学の道も三千院も懐かしいでしょ?
「きなこさん」「京都」から、私はイノダコーヒーが思い出されました(o^-^o)

投稿: vanilla | 2009年5月13日 (水) 15時34分

hiperkさん

コメントありがとうございます
>かつては仕事で足繁く。
仕事とはいえ、何度も京都を訪ねられ、祇園の一見さんお断りの店にも出入りされていたのですね
私も一度はそんな店で贅沢にもてなされてみたいものです(o^-^o)
>「哲学の道」で哲学した学生のころ
大学生の頃は京都で過ごされたのでしょうか?
久しぶりに訪ねた哲学の道は記憶と違って、本当に普通の川沿いの小道でした
桜の頃のような賑わいはありませんでしたが、それでも多くの人で賑わっていました
哲学するには人が多い方がいいのか?誰もいない方がいいのか・・・?

哲学したことのない私は散歩を楽しみ、道沿いの店で可愛い雑貨を見、西田幾多郎の「人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり」の石碑も見落としていました(。>0<。)

投稿: vanilla | 2009年5月13日 (水) 15時44分

べあ坊さん

こんにちは♪
>私は、金閣寺よりも銀閣寺が好きでしたね。
私もずっとそう思っていました
でも、2年ほど前に金閣寺をあらためて訪ねたら、これまた記憶と違いすばらしい庭で、すっかり気に入ってしまいました
歳を重ねてから再び行ってみた場所はどこも昔と違う印象で、何故かどこも素敵なところに思えるから不思議です

大原三千院は、広いからでしょうか人の多さは目立ちません
前もそうでしたが、落ち着いたゆったりした気分に浸れます
森林浴にもぴったりの場所ですよ(o^-^o)

投稿: vanilla | 2009年5月13日 (水) 15時50分

shibataさん

こんにちは♪
>京都はいつ行ってもどこへ行っても素晴らしいです。
そうですね
奈良とは全く違った魅力がありますね
私には「京都に行く」というだけでわくわくしてくる不思議な街です

雪の大原、すばらしかったでしょうね・・・
私は写真でしか見たことがありませが、その美しさにいつか雪の日に訪ねてみたいと思いました
shibataさんは一人旅がお好きですか?
私は誰かと一緒の方がいいかな?・・・私の場合は、綺麗な風景や美味しい料理に出会って「これ、美味しいね」「綺麗な景色」と共に感動できる相手がいた方が一人よりも楽しい旅ができそうな気がします
これからの季節、琵琶湖もいいですね!rvcar

投稿: vanilla | 2009年5月13日 (水) 15時56分

hiroさん

こんにちは♪
hiroさんも生垣覚えてらっしゃいませんか?
すごい生垣と思っても、そこから先に心が行ってしまうからかもしれませんね
はじめて銀閣を見た時の印象派は今も残っているのですよ
でも、生垣や広い庭のことは全く覚えていませんでした
この日はもう一度銀閣の姿を確かめたかったのですが、修復工事の最中で全貌が見られず残念でした
でもね、二階など見上げてみましたが、ほんとにボロボロな感じでした(笑)

私は哲学の道は綺麗なイメージだったのですが、そうでもなく、こんなんだったのか?と思ったのですが、所々に素敵なお店がありました(昔は気がつきませんでしたが)
中でもモビールの専門店があって、きっとhiroさんも夢中でご覧になるだろうと思うような、素敵なモビールがいっぱいでした
でも値段も高かったです(u_u。)

三千院も琵琶湖も素敵ですよ
どちらも、のんびりゆったりとした気持ちになれる場所です

投稿: vanilla | 2009年5月13日 (水) 16時03分

joyさん

こんにちは♪
40年以上前の京都、お寺の中はその頃と変わらぬ雰囲気を残しているでしょうね
でも京都の街は全然違って今京都にいらっしゃったら驚かれるでしょうね
>その中で銀閣寺は渋く光るように映像があります。きっと昔から渋好みなんでしょうね。
あは!joyさんは昔から渋さのわかる少年だったのですね
私は小学校の修学旅行の印象は、賑やかな京極ときらきらの金閣寺でした
小さな金閣寺の置物をお土産に買ったのですよ(笑)
今も実家のどこかにあるはずです^^

>恋に疲れてから行って見たいです、、、
どうぞ、その時は是非大原三千院に・・・恋に疲れた男でも絵になってしまう場所だと思います(o^-^o)

投稿: vanilla | 2009年5月13日 (水) 16時10分

私のお薦めは、慈照寺銀閣を正面にみて
左の道を進み、神社の前を右に曲がる
その道を進むと慈照寺銀閣の裏手です
そこを登っていくと、大文字山があります
京都市内が眼前に広がります<500m
ゆっくりできる時には是非に
三千院、あんなに上にあるとは
早目に駐車場へ入れてしまいますよね
お堂の中に、写経されてるお坊さんと3体の阿弥陀様?
本当にほっこりしたお堂の中で御側で拝顔できて
大好きなお寺です、いつでも花が愛でられるように
されてるのも、いいですね
赤い門も有名ですが
京都はどんな季節でもいい所です

投稿: 夢見る夢子 | 2009年5月13日 (水) 20時52分

shibataさんからの流れで着ました。
京都は好きな町のひとつです。
銀閣は近くということもあって、よくお昼に歩きました。
あの境内は人のいないときはほんとうにいいところです。
哲学の路もしっとりと歩けますね。
弥勒菩薩はいかがでしたか。
また見たい仏のひとつです。
今日もスマイル

投稿: kawazukiyoshi | 2009年5月13日 (水) 23時00分

vanillaさん
舌足らずでしたかね。かつて、わが敬愛する小松左京の『哲学者の小径』という作品を読んで、その雰囲気に憧れ、いちど訪ねてみんと。たまさか、21歳のころ、「恋に疲れた男」になってしまったので、東京から京都へと傷心の旅を気取って。
市電(路面電車)が走っていたはずですが、三千院へはアクセスが悪く、哲学の道を歩いたのでした。そのときは、何か、全宇宙を感じたように記憶していたのですが、20年あまりを経て久しぶりに、こんどは冷静に歩いてみたら、はい、たしかに、本当に普通の川沿いの小道でした。正直、ガッカリしたのを覚えています。これって、オトナになったのでしょうか。それとも、感受性が経年疲労しただけ?

投稿: hiperk | 2009年5月14日 (木) 00時23分

夢見る夢子さん

こんにちは♪
>慈照寺銀閣を正面に見て左の道を・・・
そうなんですね・・・あの道を進んで行くと大文字山に登ることができるのですね
銀閣寺の庭からも京都の街並みを眺めることができましたが、大文字山の頂上からの眺めはすばらしいでしょうね
いつか私も登ってみたいと思います
いい情報をありがとうございます(o^-^o)
>早目に駐車場へ入れてしまいますよね
そうなんですよね~^^
駐車場に車を止めて歩いて行くとまだまだ近くに駐車場があって、なぁんだ~、と思いますよね
何度もそんな経験があるので、今回ずいぶん奥まで進んで行って止めたのですが、まだその先に駐車場がありました(笑)

三千院は広いからでしょうか、いつも人が少なく感じられ好きなお寺です
石楠花はもう終わりかけていましたが、これから紫陽花が綺麗な季節ですね

投稿: vanilla | 2009年5月15日 (金) 15時11分

kawazukiyoshiさん

こんにちは♪
shibataさんのところから訪ねてくださってありがとうございますm(_ _)m
銀閣寺の近くにお住まいになっていたのですか?
近くに散策できるところがたくさんあって、毎日の散歩も楽しかったでしょうね
銀閣寺の修復工事が終わったら、もう一度行ってみたいなと思っています
弥勒菩薩、広隆寺の弥勒菩薩像に昨年会いに行ったのですが、完全に魅了されてしまいました

私も後でおじゃまさせてくださいね(o^-^o)

投稿: vanilla | 2009年5月15日 (金) 15時17分

hiperkさん

>21歳のころ、「恋に疲れた男」になってしまったので、東京から京都へと傷心の旅を気取って。
そうでしたか?
hiperkさんはロマンチストな青年だったのですね・・・思った通りです^^

京都は昔は市電が走っていましたね
でも、三千院にはバスで行かないと行けなかったでしょうね
>これって、オトナになったのでしょうか。それとも、感受性が経年疲労しただけ?
う~~ん。どうなんでしょうか?
でも、若かりし頃のhiperkさんならどんな小道でも哲学できたのではないでしょうか?(o^-^o)

投稿: vanilla | 2009年5月15日 (金) 15時20分

こんにちわ
17年前GWに母と最後の旅で行った大原三千院☆
懐かしく思い出しました。
駐車場からずいぶん坂を上ったような!?
苔原に木漏れ日が差してとても素敵なところでした。
あんな高い垣根は記憶にありませんが・・・
何より三千院で引いたおみくじが凶だったのがショックでwobbly後にも先にも凶みくじはこの時だけでした。

また、ゆっくり行ってみたくなりました。

投稿: 浅葱 | 2009年5月18日 (月) 16時49分

僕は学生時代、銀閣が好きで、あの周辺をうろうろしていました。子供が小学生高学年の時に一度連れて行ってやろうと思って再訪したのですが…、とんでもない状況でした。GWに行ったこともあり、工場で製造される商品のようにベルトコンベアを進むかのような状態。かなり幻滅しました。
でも、夏はいいはずです。京都の殺人的な夏の間も、銀閣の辺りはどういう訳か涼しいんです。あ、今年の夏、確かめに行ったりしないで下さい。また、甘美な思い出が崩されそうで。

三千院は行ったことがないのですが、この記事を見て行かなくてはならないと思うに至りました。
新緑の季節っていいですね。僕も、紅葉の名所なら新緑がきれいだろうと、あちこち訪ねていますが、本当に気持ちがいい。それに、紅葉の頃と違い、ひっそりとしているのが何事にも代えがたく思えます。静寂って本当に貴重ですね。

投稿: 朝霧 圭太 | 2009年5月19日 (火) 10時44分

浅葱さん

こんにちは
お返事遅くなりごめんなさいm(_ _)m
浅葱さんも三千院で車止めてからずいぶん歩かれましたか?
ダメなた戻ればいい、という気持ちでできるだけ進んで行った方がいいみたいですね
三千院も山門のすぐ近くに駐車場がありました

>苔原に木漏れ日が差してとても素敵なところでした。
GWの頃だと新緑が美しい季節ですね
三千院は人の多さも気にならず、ゆっくりできるのがいいですね

>何より三千院で引いたおみくじが凶だったのがショックで
あは!それは凹みますね
でも、凶なんてめったにでないでしょうから、逆にラッキーと思ってみたらどうでしょうか?・・・なんて・・・無責任かな? o(_ _)oペコッ

投稿: vanilla | 2009年5月20日 (水) 15時21分

圭太さん

こんにちは
お久しぶりです~(o^-^o)
銀閣はGWには行かない方がいい、覚えておきますね
そして、夏は涼しい・・・これも覚えておかなくちゃ^^
夏に京都に行く時はコースに入れてみることにします(確かめに行きますよ~^^)

三千院は前も休日に行ったのですが、人が多いという印象はありません
ゆったりと座って庭を眺められました
新緑がとっても綺麗でした
今からは紫陽花が綺麗みたいですよ
是非行ってらしてくださいrvcar


投稿: vanilla | 2009年5月20日 (水) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« それは運命だった-映画「スラムドッグ$ミリオネア」 | トップページ | 「グラン・トリノ」-ガンマンが銃(ガン)を棄てる時 »