« 滋賀―彦根城から奥琵琶湖へ | トップページ | 6月の向日葵 »

2009年6月24日 (水)

梅雨空のもと東奔西走

しばらく梅雨らしからぬ好天が続き、先週末あたりからようやく梅雨らしい曇天、雨天になりました 
目下、梅雨空のもとあちらこちらと梅雨らしい風景を求めて走りまわっています

まずは北へ 圭太さんの「睡蓮」の写真に魅せられて、「国立 木曽三川公園」へ 
木曽三川公園というのは揖斐・長良川と木曽川のちょうど真ん中の中洲につくられた公園で国立だけによく整備されていて、休日は家族連れやカップルで賑わっているところです ここの池に睡蓮が咲いていると聞いて行って来ました 
午後から出かけたのですが満開と聞いたわりにあまり花が咲いておらずつぼみが多かったので狙っていたような写真は撮れませんでした 

Ok5 T_koinobori_008

あとで調べたら、睡蓮は午後には花を閉じるそうで行く時間を間違えていました 
がっくり。
木曽三川公園は周辺にスポーツ施設や水上スポーツも盛んでみんな梅雨の短い晴れ間を楽しんでいました 
またすぐ近くに蓮根が名産の地域があって、つまり蓮も一面に花開かせるはずで、時期が来たらまた訪れようと思いました

次は西に 
梅雨時に最も似合う「紫陽花」、近くの紫陽花も真っ盛りなんですが、「あじさい寺」で有名な奈良の「矢田寺」まで足をのばしました 
2年ほど前に行って紫陽花を堪能した記憶があるので、今度はカメラにうまくおさめようと出かけました 
着いて、まずすごい階段にぐったり 2年前に来たばかりなのにもうこの階段の記憶は飛んでました 歳ですね

T_koinobori_055 T_koinobori_060

T_koinobori_067_2
T_koinobori_076

約1万本と言われる紫陽花は見てまわるだけでもたいへんでした 
あまり多すぎてどう撮っていいかわからず、ここでも納得のいくいい写真は撮れませんでした

最後に南へ 雨足がけっこう強かったので、屋根つきの庭をもつ松阪の「ベルファーム」に恨みの「睡蓮」を狙いにいきました 
ここは池というより噴水つきの水槽みたいなもので規模は小さいのですが、青や黄色の睡蓮がきれいです

T_koinobori_045 T_koinobori_046

T_koinobori_034 T_koinobori_033

ベルファームに着いた頃には雨もあがりカメラを向けるのにグッドタイムでしたが、やはり納得のいく写真が撮れません
なぜか最近いい写真を撮りたいという気持ちばかりが先行して却ってうまくいきません


いい写真がないので、この時期にぴったりの詩を紹介します 
二つとも最近大好きなまどみちおさんの詩です


つゆのあめ                    まどみちお

しとしと じとじと
つゆの あめ
じとじと しとしと
あめの つゆ
てるてるぼうずが そう いった
  いじわる あめ あめ
  やんでくれ
  おてんとさんと もう かわれ

しとしと じとじと
つゆの あめ
じとじと しとしと
あめの つゆ
でんでんむしが そう いった
  おりこう あめ あめ
  もっと ふれ
  三六五んち ふれ






アジサイの花                  まどみちお

アジサイの花を 見た人は
せかいに ひとりも いませんが
そのことを ほんとに する人も
せかいに ひとりも いません

みんな うっとりと
見とれてしまうのです
アジサイの花だと おもって

るりいろの シジミチョウが
いつも びっしりと
すきまも なく
とまっているものですから・・・


だれかにとってうっとうしい梅雨もだれかにとってはかけがいのない雨、そんなことをなにげなく教えてくれるまどさんです 

あの素敵な紫陽花は実はシジミチョウだったのか・・・
そんな想いで、もう一度カメラをかまえてみるべきなんでしょうね




|

« 滋賀―彦根城から奥琵琶湖へ | トップページ | 6月の向日葵 »

季節2009年」カテゴリの記事

コメント

1枚目の睡蓮の葉と水と光のきらきら感いいですね。ちょっとモネを想いだしました。

北海道に住んでいる私は梅雨の実感はありません。
まどさんのでんでんむし君から、なぜか、八代亜紀の、「雨雨雨も~っとふれ~」を思い出してしまいました。鬱陶しい雨もでんでんむしにとっては、慈雨以上のものなんですね。その生き生きした姿に微笑んで、生命を尊んでいる詩人が目に浮かぶようです。

まどさんには、(なぜか、「花と蝶」のメロディーが邪魔をするんですが、)水をたっぷり吸った「水の器」、紫陽花の勢いが、「すきまなくとまっている」蝶と感じられんでしょうね。

投稿: joy | 2009年6月24日 (水) 12時52分

こんばんは
長良川と木曽川、大河が二本並んで流れている風景は驚きでした。
伊勢湾台風などを思い起こして眺めた経験があります。
そこに国立の公園があったのですね。
行って見たかったです。
どんな公園なのかしら?

写真というのも不思議なもので、意気込んで行ってうまくいかなくて
なにげなくシャッターを押してお気に入りが撮れたり・・・・
見るタイミングでプラスになったり、マイナスになったり・・・・

詩とは縁のない生活をしておりますが、素敵な詩ですね。
詩を味わうゆとりも持ちたいです。

投稿: shibata | 2009年6月24日 (水) 21時25分

vanillaさん、こんばんは^-^
毎日季節のお花の写真を撮る為 東奔西走されていたのですね。
私も家のお花ばかりでなく 綺麗なお花を写しに
行きたいのですが、なかなかお天気に恵まれずいかれません。
写真のことは良くわかりませんが
一枚目の写真、私もきらきら輝いてとても素敵だと思います。
一つのお花のアップして写すより、このように全体を写すほうが
難しいのでしょうね。
睡蓮の写真は写したことがありませんが
午後になるとお花が閉じてしまうことは知りませんでした。
紫陽花も沢山咲いていますね。
これだけ咲いていると被写体をどれにするかも迷いますね。
ベルファームの睡蓮は色が鮮やかできれいですね。
お忙しかったでしょうが沢山の綺麗なお花に出会えてよかったですね。
まどみちおさんの詩は素直にそのまま受け取ればよいので
気持ちが楽になりますね。
今年100歳、太宰治と同い年だそうですね。

投稿: hiro | 2009年6月24日 (水) 23時28分

東海地方は雨どうですか。播磨南東部は、入梅以来2、3回しか降っていません。「雨のロマンを撮る」を目標に掲げたものの…。
もう、目標を「雨のロマンを撮ってもらう」に変更しますので、お願いします!

二篇の詩、どちらもいいですね。特に「つゆのあめ」。対句とリフレインで生み出されたリズムにすっかり慣れた頃、最後に「三百六十五んちふれ」。いっぺんに気に入りました。

写真については、僕も一眼レフを買って9ヶ月、適当に撮っておれば中に結構いいのがある、そういう幸福な時期が終わりました。ビギナーズラックが望めないなら、考えて撮らざるを得なくなる。もちろん、考えて思い通りに撮れるほどの技術も経験もないので、気に入らない写真が量産され不満が蓄積される…といった状況です。
打開策は…1)お気に入りの場所を探す:写真を撮らなくても心地の良い場所を見つけ、行くだけで満足する 2)古い方のカメラを使う:写真は機材や技術じゃないことを思い出すため 3)でもやっぱりレンズ貯金は継続する:いいレンズで撮りたい気持ちは、なくなりません。どうしても。 4)撮影に行く頻度を減らす:ただただ撮れればいいという気持になるかな?未実行 5)レタッチに手を染める:強引に駄作を傑作にできるかも。未実行
といったところでしょうか。秋が来れば、それだけで全て解決するような予感もしていますが。

投稿: 朝霧 圭太 | 2009年6月25日 (木) 08時09分

joyさん 

こんにちは(o^-^o)
>1枚目の睡蓮の葉と水と光のきらきら感いいですね。ちょっとモネを想いだしました。
ありがとうございます
そういえば、昨年モネの睡蓮を見にいきましたよ
もちろんこの写真よりずっと素敵でした(当たり前^^)

北海道は梅雨がないのでしたね
今頃はラベンダーやライラックなど北海道に似合う花々で綺麗な季節でしょうか?
今頃の北海道は憧れの場所です
八代亜紀の、「雨雨雨も~っとふれ~」と聞くと、北海道が舞台のドラマ「北の国から」で流れてた紅白歌合戦の「雨の慕情」を思い出します(笑)

紫陽花の花が、じつはシジミチョウだったなんて、すごい発想ですよね
まどみちおさんの感性にはいつも驚かされます

投稿: vanilla | 2009年6月26日 (金) 14時15分

shibataさん

こんにちは(o^-^o)
>長良川と木曽川、大河が二本並んで流れている風景は驚きでした。
雄大な景色でしたでしょ?
私は「L'eau Vive 河は呼んでいる」の曲を思い出すのですよ^^
>どんな公園なのかしら?
http://www.kisosansenkoen.go.jp/
こんなところです
春のチューリップの頃に「チューリップ祭り」が開かれるのですが、その時はすごい車で駐車するのも一苦労ですが、四季折々の花が楽しめるし、お金がかからないのも魅力で、いつも多くの人々が訪れています

shibataさんがおっしゃるように、何気なくシャッターを切った写真が後でPCに取り込んで眺めてみるとよかったり、そういうこともありますね
でも、私の場合は「これ撮りたい」と心動かされて夢中で撮った写真がやはり自分なりに満足できる(自己満足ですが・・・)写真である場合が多いです

詩は、こうして季節に合った詩を思い浮かべたり、探したりするの、私には楽しみなことなのですよヽ(´▽`)/

投稿: vanilla | 2009年6月26日 (金) 14時35分

hiroさん

こんにちは(o^-^o)
今咲いてる花々を写真に残しておきたいと、あちこち飛び回っていました
ただ花だけを撮るより風景や人を入れて撮る方が難しいです
最近風景も人が入ってる方が素敵に思えるのですが、プライバシーなどを考えるとなかなかブログにアップはしずらいです(。>0<。)

hiroさんは出かけられなくても、ご自分の庭に綺麗なお花がいっぱいで、何よりの被写体ですよね・・・いつも羨ましく思っています

>まどみちおさんの詩は素直にそのまま受け取ればよいので
そうですよね
とっても易しい言葉で素敵な情景が表現されていて、いつも優しい気持ちになります
まどみちおさんが太宰と同じ年の生まれだったなんて知りませんでした
柔らかで若々しい感性、すばらしいですよね

投稿: vanilla | 2009年6月26日 (金) 14時39分

圭太さん

こんにちは(o^-^o)
>もう、目標を「雨のロマンを撮ってもらう」に変更しますので、お願いします!
アハハ~^^
でも、こちらも、また晴天が続いています
今日は夏日を通り越して、猛暑日になると天気予報は伝えていました
でも、昨日は湿度が低いのか日陰は爽やかで涼しい風が吹いていました
雨のロマンにお似合いの紫陽花はもうそろそろおしまいですね
さて、梅雨の後半、どんな雨のロマンを撮りましょうか?

>二篇の詩、どちらもいいですね。
いいでしょ?私はアジサイの花がるりいろの シジミチョウなんて・・・なるほど!といっぺんに気に入ったのです^^

写真のこと、圭太さんの書いてくださったこと、とっても勉強になりました
1)の、お気に入りの場所を探す、これは私も思っていました
私は海が好きでしょっちゅう海を撮りに行きます
1年を通して海の表情、海に集まる人たちの様子、そういったものを写真におさめて行くのは作品として幼稚な写真でも、記録としては面白いのではないかと思ったりしています
ある写真家の方が、「レンズ一本で撮ってみることをお勧めします、そうするといつもはレンズ交換して撮っていた風景を自分なりに工夫して撮ることになる。するとまた新鮮な発見があったりするものです」とおしゃっていました
それも、なるほどなぁ~と思いながら聞いていたのです

>4)撮影に行く頻度を減らす
私は、逆に増やしたいと思っています
もっともっと撮って、自分の視点を見つけられたら、と思っています

>秋が来れば、それだけで全て解決するような予感もしていますが。
圭太さんが一番撮りたい季節なのですねmaple

投稿: vanilla | 2009年6月26日 (金) 14時46分

いつも感謝

今旅行疲れで???
家に引きこもり中
本当にいつも一言でごめんなさいね

癒されてますヽ(´▽`)/

投稿: 夢見る夢子 | 2009年6月26日 (金) 20時47分

こんばんは・・・

紫陽花・・・みんな、花びらと思って見ているのは、
      本当はがく・・・

でも、それでもいい・・・綺麗な花と思えば、心も和みます。

最近は雨が少なくて、紫陽花も何だか可哀想に思えます。
雨と紫陽花・・・いい取り合わせなのに!

矢田寺の紫陽花はさぞや壮観でしょうね!
参道の回りを紫陽花が取り囲んでいるようですね。
ここで、のんびりと散策したら、
きっと心も豊かになってきそうな気がします。

そんな感じを受けました。ありがとうございます!!

投稿: べあ坊 | 2009年6月26日 (金) 21時16分

こんにちは。
スイレンも蓮も花は午前中だけですね。やはり朝のうちの涼しい時に写真を撮らないと暑くなって写真どころではなくなってしまいます。
今年の梅雨は雨が降る時は嵐のように降るのでシトシト雨と紫陽花の写真は撮れません。

投稿: シゲ | 2009年6月27日 (土) 09時57分

こんにちは!

睡蓮ていろんな色の花があるんですね!

とってもステキです。

アジサイは土壌の酸性度で色が変わるといいますが

睡蓮もそうなのですかね?

投稿: カバディーtakennaka | 2009年6月27日 (土) 10時41分

夢見る夢子さん

こんにちは(o^-^o)
旅行疲れはもう治りましたか?^^
いつも楽しい旅をしてらっしゃる夢子さん・・・
今頃はもう新たな旅の計画を練ってらしてしてcar

いつも読みに来てくださって感謝してますよ~(._.)アリガト

投稿: vanilla | 2009年6月29日 (月) 13時12分

べあ坊さん

こんにちは(o^-^o)
>本当はがく・・・
そんな花、意外と多いですよね
ハナミズキもそうでしたよね・・・でも、楽しんで見てる私たちには、どっちでもいいですね 綺麗なら^^

こちらも空梅雨のようなお天気が続いていましたが、今日からしばらくは梅雨空に戻るみたいです


矢田寺は紫陽花寺として知られているだけあって、圧巻でした
入ったところに20体くらいの小さなおじぞうさんがあって、紫陽花と一緒に撮ろうと、たくさんの人がカメラを構えていました
人が少ない雨の日などだったら、ほんとにのんびりゆったり過ごせそうなお寺でしたnote

投稿: vanilla | 2009年6月29日 (月) 13時35分

シゲ さん

こんにちは(o^-^o)
これから暑くなると、撮影も大変ですね
シゲさんなど、真夏の撮影対策などおありなのでしょうか?
やはり、朝の涼しいうちに撮り終わってしまうことが一番なのでしょうかねcamera

こちらは正に今、しとしと雨が降っていますが、紫陽花はもうおしまいのようです

投稿: vanilla | 2009年6月29日 (月) 13時45分

カバディーさん

こんにちは(o^-^o)
>睡蓮ていろんな色の花があるんですね!
黄色や青やオレンジはみな熱帯睡蓮と呼ばれる種類のようです
紫陽花のように土壌で花の色が変わることはないんじゃないかな?と思いますが・・・

投稿: vanilla | 2009年6月29日 (月) 13時55分

vanillaさん ご無沙汰でした (^o^)丿
お花を求めてあちこちへ・・・ステキですね!
スイレンもアジサイも どれも とても綺麗で、
暑さと湿気とヒザ痛で 参ってた私には
良いお薬だったようで いっぺんに元気に
なりました。 
m(__)m どうもありがとうございました♪

投稿: きなこ | 2009年7月 2日 (木) 21時09分

きなこさん

こんばんは~(o^-^o)
お久しぶりです^^
えっ!?ヒザが痛かったのですか?
もう大丈夫ですか?
私は、お仕事が忙しいんだな、と思っていました

梅雨が明けると真夏です
体調崩さないようにしてくださいね・・・sun

投稿: vanilla | 2009年7月 2日 (木) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 滋賀―彦根城から奥琵琶湖へ | トップページ | 6月の向日葵 »