« 六月点描 | トップページ | 梅雨空のもと東奔西走 »

2009年6月 8日 (月)

滋賀―彦根城から奥琵琶湖へ

梅雨入り宣言間近、天気予報は快晴と聞いて大好きな琵琶湖を訪れました 
最近ゆるキャラブームですが、ひこにゃんというご当地キャラ(東海地方ではけっこう有名)がいる彦根市の彦根城が目的地の一つです 
近江商人や人工水路で名高い近江八幡や黒壁スクエアが売り出し中の長浜は何度か行ったことがあるのですが、なぜかその間に挟まれた彦根は今まで素通りしてきました 
彦根城は天守が国宝の貴重な歴史的史蹟です 

T_koinobori_001

今までなら名神高速の関が原ICまでは一般道の行程です 
高速1000円の恩恵で少し遠回りになりますが、新名神高速から名神高速に入り彦根ICまでいきました 
新緑が深い緑に色を増してきており、万緑の中の走行となりました 
予報通りの快晴だったのに鈴鹿峠を越えるあたりからどんよりと曇ってきました

彦根ICを降りて少し車を走らせるともう彦根市街、中央にこんもりと森が広がっており、あそこが彦根城だとわかるものの天守が見えてきません 
規模が小さいからかしらと思いましたが、なんのそれほど城跡が広いことはあとからわかったことです
いくつかの「満車」の駐車場を通りすぎ奥の駐車場に車を停めました 
受付までにおおがかりな「馬屋」(重文)なども保存・公開されていました 

T_koinobori_013 T_koinobori_015

T_koinobori_019 T_koinobori_073

お堀も広く水を満面に湛えていました 
受付で入城料600円を納めて入っていきました 
受付に貸出し用の杖がおいてありました これはひょっとしてかなりの階段?と思いつつ、前日のドブ掃除で腰を痛めた(笑)私は杖をお借りしました 
杖は借りて正解でした、城内の広いこと・坂のおおいこと・・・ 
最初に目を惹いたのは「天秤櫓」です
T_koinobori_033_2 T_koinobori_027  

天守への要の櫓でしょうか、木造の橋を渡ると両端に荷物を下げた天秤のように両端に2階建ての櫓を設けて中央の門が開閉できるようになっていました

T_koinobori_021  T_koinobori_055

敵が攻めてきたらこの橋を落として侵入を防ぐそうです 
そしてさらに登っていくとようやく天守閣が見えてきました 
3階3重で規模は小ぶりですが白壁にいくつもの屋根様式がきれいに配置されで美しい天守でした 
天守内の階段は急勾配で上り下りが怖いぐらいでした 
天守の最上階からは西側に琵琶湖が広がっておりいい眺めを堪能しました

T_koinobori_038 T_koinobori_035

天守を出て、降りていくと西の丸が続き西の丸の三重櫓もおおがかりなものでした 
なんと広い城跡を保存してあるのでしょう、名古屋城よりも敷地はずっと広いでしょうね
城外に出るとお堀沿いに「楽々園」という屋敷と近江八景を模して造られた「玄宮園」というこれまた広大な庭園がありました

T_koinobori_098 T_koinobori_103  

池には船着場もあり、かつては舟を浮かべて遊んだのだろうと思わせるほどの庭園でした

城の前は「京橋 キャッスルロ-ド」と呼ばれる洒落た商店街になっていました

T_koinobori_109 T_koinobori_110  

長浜の「黒壁スクエア」よりは、規模は小さいものの洒落た通りです 
ここの「お蕎麦屋」さんで十割そばをいただきました 

さて第二の目的は琵琶湖の北端、奥琵琶湖でした 
彦根から湖岸道路「さざなみ街道」をどんどん北上していきました 
曇り空は切れて青空も顔をのぞかせる天気にはなりましたが、風が強く湖岸はまるで海のように波が打ち寄せていました 

T_koinobori_134 T_koinobori_137

湖北に着き「奥琵琶湖パークウェイ」を走りました 
もう観光の名所とは呼べないほどで山の土砂崩れで片側通行、しかも一方通行で車も閑散としていました

T_koinobori_160 T_koinobori_168  

それでも途中で停まったところは入り江になっているせいか風もなく澄んだ水が穏やかで湖東とは違い湖であることがよくわかりました

帰路は木ノ本ICから北陸自動車道に乗り戻ってきました 
T_koinobori_202







やはり琵琶湖はいいですね 
そして琵琶湖の湖岸には魅力的な街がたくさんあります 
次は蓮が一面に花咲く季節に訪れたいものです

T_koinobori_127_2

|

« 六月点描 | トップページ | 梅雨空のもと東奔西走 »

旅 文化」カテゴリの記事

コメント

smile
名古屋に住んでた頃行った事あります
丁度遊びに来てたアンディーと共に
なので庭と馬やまでで、お城には入りませんでした
歴女の娘は何度も行ってるようです、彦根城
家にはひこにゃんの写真やグッズが山のように。
新幹線から見えますので、一回しか行ってないのに
何回も行った気分になってますけど

投稿: 夢見る夢子 | 2009年6月 9日 (火) 13時32分

vanillaさん、こんにちは^-^
最近こちらでは彦根城が入ったツアーがよく組まれています。
なぜ今彦根城か、という疑問はありましたが答えは最後の
お写真でわかりました。

彦根城は天守閣や櫓や橋、どこを見ても美しくまとまっていますね。
私も今までは 彦根城は規模が小さいのだろうと思っていましたが、
周りにも広大な庭園があり 規模の大きなお城であることがわかりました。
彦根が井伊氏の城下町だったことも知りませんでした。
これもvanillaさんの記事のおかげです。
彦根城だけでなく行きたい所もたくさんありますので 機会があったら
ぜひ滋賀県を訪ねてみたいと思います。

投稿: hiro | 2009年6月 9日 (火) 14時41分

夢見る夢子さん

おはようございます
昨日は九州から私の住む東海地方まで梅雨に入りました
今日は今にも雨が降り出しそうな空です


アンディーちゃんと一緒ではお城の中には行けないのですね
でも、広々とした城庭を散歩できて、アンディーちゃんも大喜びだったでしょうね
ひこにゃんはご当地キャラの中で、愛嬌も可愛らしさもNo1じゃないかなと思います
ひこにゃんグッズ、私も何か買ってくればよかったhappy01

投稿: vanilla | 2009年6月10日 (水) 09時24分

hiroさん
おはようございます
井伊直弼と開国150年、私も行ってみてはじめて知りました
彦根城はお城自体はそんなに大きくありませんでしたが、昔からのままに残っているので、とても歴史が感じられるお城でした
それに、庭がとにかく広くて緑の中を歩くのは気持ちがよかったです(今回はちょっと腰を痛めてましたが^^)
彦根の街も素敵でしたよ
古い町並みを再現したようなメイン・ストリート
そこから一歩入った道にもオシャレな店が立ち並び
美味しそうなレストランもいっぱいありました
奥琵琶湖には今回はじめて行きましたが、静かな落ち着いた琵琶湖の風景を楽しむことができましたhappy01

投稿: vanilla | 2009年6月10日 (水) 09時46分

去年のお盆に琵琶湖へ行ってきました。その時の記事です↓
http://golgo-yt.air-nifty.com/butsu/2008/08/post_1ddc.html
まだ、一眼レフを買う前ですが、今見ると、あまり写真の質が変わらないような気がcoldsweats02
嫁さんには絶対内密にしておこう。
それはともかく。猛暑の中あちこち回ったのですが、奥琵琶湖パークウェーは僕も行きました。徒歩ですが。やはり、通行止めがあるなど、とても観光地としてやる気があるようには思えませんでしたが、そこが良かった。何より湖北隧道は感動的でした。桜の名所だということですが、雪の時期に再訪したいなと思っています。

彦根城は良かったのですが、彦根の駅から城までの間にさんざんヒコニャンの歌を聞かされたので、そのフレーズが残ったまま見学しました。

投稿: 朝霧 圭太 | 2009年6月10日 (水) 10時17分

こんばんは
記事は昨日拝見しておりましたが、仕事が忙しくて・・・・
琵琶湖へは7年ぐらい前に母と妹と私の女三人旅で行きました。
素敵な所でした。特に湖北が良かったです。

母の祖父が竹生島と少々ご縁がありまして島へも・・・
あいにく母はもう階段を上がることが出来ず下から参拝を・・・
彦根城も足の弱った母には無理ということで外から眺めただけでした。
中の様子が分かり嬉しいことです。
かなりの広さなのですね。
湖南はまだ歩いて居らず、そのときは寄ってみたいと思いました。
いい風景をたくさん、ありがとうございました。

投稿: shibata | 2009年6月10日 (水) 21時38分

こんばんは。
昨年の秋に彦根城へ行ってきました。時間がなくて超特急で回りました。
全国的に人口が減っているのに、わずかに沖縄県と滋賀県だけが人口が増えているそうです。不思議ですが地の利を見直されているようです。

投稿: シゲ | 2009年6月11日 (木) 22時56分

圭太さん

おはようございますsun
お返事遅くなりすみません


>嫁さんには絶対内密にしておこう。
あは!^^
昨年の琵琶湖の記事拝見しました
写真、圭太さんはそのころからすでに上手に撮ってらっしゃいますね・・・トンボの写真も背景が綺麗にボケて・・・コンデジでもあんなふうに撮れるものなのですね
(びっくり!)
奥琵琶湖は観光客が少ないのも魅力ですね
奥琵琶湖パークウェーを走ってる車も少なくて、ほんとにここでいいのかとちょっと不安になるくらいでした
この日は雲っていてあまり美しい琵琶湖の姿が見られなかったのが残念でした


>彦根の駅から城までの間にさんざんヒコニャンの歌を聞かされたので
ひこにゃんの歌ってどんな歌なのかなぁ~
と思って調べてみました

http://www.youtube.com/watch?v=wJ7IUXnHQfc


ほんと、耳に残る曲ですね
ひこにゃんは歌の中で、彦根のお宝になってるんだhappy01

投稿: vanilla | 2009年6月12日 (金) 09時12分

shibataさん

おはようございますsun
shibataさんは、ほんとにあちこち旅をされていますねshoe
私も琵琶湖が好きでわりと近いので何度も行っているのですが、いつも湖南か湖東方面で湖北にはまだ行ったことがありませんでした
今回駆け足でほんの少しだけ湖北の風景を見てきましたが、いつも訪れる琵琶湖とはまた違ったしっとりとした風情が感じられる、そしてより自然も残っているような、そんな場所のように感じられました
今度はもっとゆっくりと湖北を訪ねてみたいと思っています
歴史あるお寺も多くあるようですし・・・^^

彦根城は思ったよりずっと広く、ほんとに何故今まで行かなかったのだろうかと、思いました(o^-^o)


投稿: vanilla | 2009年6月12日 (金) 09時22分

シゲさん

おはようございますsun
シゲさんも行ってらしたのですね、彦根城
玄宮園など綺麗な庭があったり、天秤櫓と廊下橋などの他の城では見かけたことがなく、印象に残りました

>わずかに沖縄県と滋賀県だけが人口が増えている
そうなんですか?
住み易い、居心地のいい場所でもあるのでしょうかね^^

投稿: vanilla | 2009年6月12日 (金) 09時29分

素人でも描けそうなヒコニャンは、大人気、プロ中のプロの作ったせんとくんはもう一つ支持が広がらない。興味深い現象ですね。

彦根城跡は、堀や池が沢山あって本当に広そうですね。二枚の庭園の写真、遠近感があって特にそう感じます。「玄宮園」の方でしょうか、池に青空が映って、空の方はピンクの雲、面白いですね。

廊下橋と格子窓からの写真、視線の対照的効果がありますね。見上げアングルは、一種の才能かなあ。いつも大胆で斬新ですね。

湖岸の写真は本当に海のようです。水平線と平行に走っているような雲で、強い風も感じます。

投稿: joy | 2009年6月13日 (土) 00時23分

joyさん

こんばんは
またお返事遅くなりすみませんm(_ _)m

ヒコニャンとせんとくん・・・せんと君は、デビューした頃、可愛い癒しキャラのひこにゃんと比較されて、気持ち悪いなど、いろいろ言われましたね
でも、その後イベントに引っ張りだこになりましたね
今はどうなのでしょうね・・・

彦根城は人も多くなく、いいところでした
写真、いろいろ褒めていただきありがとうございます
今回、カメラの調子が悪く自動でしか撮ることができず
なかなか自分の思うようなイメージに撮れなくて凹んでいましたので、そうおしゃっていただけると、とっても嬉しいですhappy01camera

投稿: vanilla | 2009年6月15日 (月) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六月点描 | トップページ | 梅雨空のもと東奔西走 »