« 梅雨空のもと東奔西走 | トップページ | 醒ヶ井の「バイカモ」 »

2009年7月 2日 (木)

6月の向日葵

先日、新聞の一面に色鮮やかなひまわり畑の写真が掲載されていました 
どこか南のほうの地方でもうひまわりが真っ盛りなんだと思い、記事を見てみると愛知県知多半島の豊丘-「花ひろば」の写真でした 
知多半島、それなら日帰りの圏内ではないかと思うともう行く気満々になってしまいました 
4月初旬から日をずらして種をまき、第一弾が20万本咲いているという話でした
伊勢湾岸高速道にのり、セントレア行きと同じく大府ICでいったん降りて知多半島道路の最先端「豊丘IC」まで行くと「花ひろば」まではすぐでした 
思ったよりずっと早く着きました 
でも新聞で紹介されてすぐの週末、やはり駐車場は満杯で臨時駐車場に車を停めました 入園料600円、少し高い気もしましたが好きな花10本持ち帰りOKでそれならお得感ありという感じでした

T_koinobori_022 T_koinobori_070

なるほど、広大なひまわり畑の一画がもう満開でした 
少し小高い丘から眺めるとその一画だけは真夏の風景でした 
ただ残念なことに日をずらして咲くようになっているため、畑全面の黄色ではありませんでした 
ひまわり畑に下りてみるとひまわりは背が高く2mぐらいはあったでしょうか 
目線の高さからは花を見上げるばかりというロケーションでした 
でもちゃんと、花が見渡せるように「足場」が組んでくれてありました 
その上から眺めると、うーんまさに真っ盛りのひまわり畑でした

T_koinobori_029T_koinobori_037

お土産用にきれいなひまわりを取るためにひまわりの太い幹の間を奥まで入っていきました 
10本はとても持てないので5本のひまわりと入口付近の紫のラベンダーを5本手折ってきました 
ひまわりは漢字で書くと「向日葵」、花がお日さまを追うから付けられた名前です 
でも、大輪の花となったひまわりはもうお日さまを追わないのですね 全部の花が西よりの太陽とは逆の東向きに向かって咲いていました
一足早い真夏を味わってきました

T_koinobori_055 T_koinobori_054

ひまわり畑を見て、ずいぶん昔に見に行った「ひまわり」の映画のことを思い出しました   
かつての名優マストロ・マスチェロヤンニとソフィア・ローレンが演じた名作中の名作です 
オープニングとエンディングで映し出される見渡す限りの地平線の彼方まで続く「ひまわり畑」が圧倒的でした 
それに反して二人の恋は戦争により引き裂かれ、なんとも切ない物語でした 
でも、もうストーリーのほとんどの記憶は薄れています
なぜか、新婚の二人が卵24個も使って作ったオムレツを食べきれないユーモラスなシーンだけは鮮明に覚えています(笑) 
少しの間感傷にひたってしまいました

ひまわり畑での時間が早かったので、帰路は知多半島道路を利用せずに半島の西側の国道を戻ってきました 
こちら側からは太陽は海に沈むのです 
海に沈む夕日が見えるほど晴れていませんでしたが、夕暮れ時のモノクロのセントレアがきれいでした
T_koinobori_234

T_koinobori_148 T_koinobori_161

それにしても、帰り道のいくつもの堤防は釣り人でいっぱいでした

梅雨が明けると真夏はもうすぐです

T_koinobori_279


|

« 梅雨空のもと東奔西走 | トップページ | 醒ヶ井の「バイカモ」 »

旅 文化」カテゴリの記事

コメント

あ、珍しく一番乗り!
早いですね。6月でもうひまわり。愛知県とか静岡県の沿岸部は「南国」っていう感じですもんね。
実は僕もひまわりを狙っています。兵庫県の田舎ですが、そこも150万本ものひまわりを時期をずらして咲くようにしているようです。
蓮は何度か挑戦しましたが、vanillaさんのトップの写真ほどのものは撮れなかったので、向日葵でなんとか自分の部屋に飾れる程度の写真はものしたいと思っています。
6月は「雨のロマン」を逃したので、7月は「光の舞踏」をテーマにしようかな。やっぱりやめておこう。写真よりテーマの方ばかりに気をとられていると思われそうなので。

投稿: 朝霧 圭太 | 2009年7月 3日 (金) 10時34分

以前まどみちおさんの「黄」をご紹介いただきましたが、タンポポや向日葵の黄色は生命力そのものを感じるので大好きです。ゴッホも向日葵で生命そのもを描きたかったのかもしれません。

写真の女性も夢中でシャッターを切っているのでしょう。きれいな方ですね、「ゆらりと高し、、、」(前田夕暮?)という言葉が浮かびました。

映画の方はそれこそ向日葵そのもののようなソフィアローレンの広告に載っていたの立ち姿だけが記憶に残っています。

投稿: joy | 2009年7月 3日 (金) 16時40分

そう、ひまわりで思い出すのは
映画<ひまわり>凄い花畑
イタリアからロシアに向かう
途中の圧倒的なひまわり畑
何十年たっても忘れられない風景ですね
はたちそこそこでしたか、若かった(*´ェ`*)
お気に入りの映画<追憶>も
ひまわりのように、日の当たる道しか
進めない男と、なあなあで済まされない女
アジサイもいいけど
ひまわりの黄色って楽しくなりますね( ^ω^ )

投稿: 夢見る夢子 | 2009年7月 3日 (金) 20時28分

vanillaさん、こんばんは^-^
我が家の菜園のひまわり、コボレダネで
毎年咲きますが、今年はもう咲きました。
年々早く咲き出すようです。

ひまわりといえばやはりソフィアローレンの映画を
思い出します。残念ながらポスターでしか見ていませんが、
哀愁を帯びたテーマ音楽は大好きでした。
今でもこの音楽を聴くと切なくなり涙があふれそうになります。
DVDを借りて映画をみて見ようかしら。きっと泣くでしょうね。

私が昨年見たひまわりも、朝日の出る東に向って咲いて
いました。我が家のひまわりもそうです。
ひまわりが太陽を追いかけるのは蕾の時だけだそうです。
赤ちゃんみたいですね。


投稿: hiro | 2009年7月 3日 (金) 23時25分

こんばんは!!

凄い数の向日葵ですね。。。
壮観だったでしょうね!かくれんぼもできそうですね(笑)
夏の向日葵の花は明るくて、強さを感じますね。
そこは、もう真夏ですね。。。

向日葵は北九州市の市花で、私にも馴染みの深い花です。
向日葵で思い出すのは、情熱的な「ゴッホ」の絵です。

梅雨空の中で、向日葵から明るさを頂きました。
ありがとうございます!!

投稿: べあ | 2009年7月 5日 (日) 21時41分

こんばんは
ちょっと旅に出ていましてご無沙汰でした。

もうひまわり!ですか、早いですね。
これだけのひまわり畑、迫力ありますね。
以前に迷路が造られていたところがありましたが・・・・
お土産付きだなんて、粋な計らいですね。
ひまわり10本を活ける花瓶は・・・さてさて・・・
vanillaさまはどのようにされたのかな~
5本でも凄いですね。

ソフィア・ローレンとひまわりのポスターは覚えているのですが、
内容は・・・・???

投稿: shibata | 2009年7月 5日 (日) 21時56分

圭太さん 

こんばんは(o^-^o)
お返事大変遅くなりました
6月の向日葵は早すぎますよね・・・
今回行ってみて、やっぱり向日葵には青空が似合うなって思いました
蓮の写真、褒めていただきましたが、昨年撮ったもので今も未熟ですが、もっともっと未熟な時の写真です
圭太さんの方がずっと上手に決まっています
蓮もそうですが、向日葵も個性的に撮るのは難しいような気がします
この夏、圭太さんがどんなふうに向日葵を見せてくださるか、とても楽しみになってきました


>7月は「光の舞踏」をテーマにしようかな。
素敵なテーマですね
梅雨が明ければ光がいっぱいの風景を楽しむことができますものね
是非お願いしますよ・・・テーマを決めて撮るのは大切なことだと思います
私はまだそこまで行かなくて、撮りたいものだけ撮ってる感じです゚゚(´O`)°゚

投稿: vanilla | 2009年7月 6日 (月) 23時17分

joyさん

こんばんは(o^-^o)
>タンポポや向日葵の黄色は生命力そのものを感じるので大好きです。
私も同じことを感じます

「向日葵は金の油を身にあびてゆらりと高し 日のちいささよ」

という短歌ですね
向日葵の大輪をよく表していますね
私が前に読んだエッセーで面白いのがありました
「ひまわりは太陽を追いかけて咲くと言われるが、あれは蕾のうちまでのことだそうだ。金色の輝く花びらを広げて咲いたひまわりは、そのまま自分自身が太陽となる」
上手い表現ですね
大輪の向日葵は太陽である、だから私たちに元気をくれるのかもしれませんねnote

投稿: vanilla | 2009年7月 6日 (月) 23時25分

夢見る夢子さん

こんばんは(o^-^o)
>映画<ひまわり>凄い花畑
ほんとにすごい向日葵畑でしたね
ロシアは向日葵の生産?世界一なんだそうです
何でも、昔油ものを食べてはいけないという状況になった時、ロシアの人々は向日葵の種から油を摂ったらしいのですよ

<追憶>私も大好きな映画ですmovie

投稿: vanilla | 2009年7月 6日 (月) 23時30分

hiroさん

こんばんは(o^-^o)
向日葵年々早く咲くようになってきていますか・・・
温暖化の影響なのでしょうかね?

映画「ひまわり」のポスター、先日借りたDVDの写真と一緒かもしれません
やはり一面のひまわり畑が広がっていました
音楽はヘンリー・マンシーニ
素敵な映画音楽をたくさん作曲していますね
「ティファニーで朝食を」「ピンク・パンサー」「シャレード」などなど・・・「刑事コロンボ」もそうだったかな?
とくに「ひまわり」のテーマ曲は哀愁が感じられ、涙を誘う曲です


>ひまわりが太陽を追いかけるのは蕾の時だけだそうです。
>赤ちゃんみたいですね。
あは!ほんとですね
いっぱいお日さまの光を吸収して、早く大きくなりたいのでしょうね

しばらく忙しくてhiroさんのところにおじゃまできなくて、すみません
明日ゆっくり遊びに行かせてくださいませねnote

投稿: vanilla | 2009年7月 6日 (月) 23時43分

べあ坊さん
こんばんは(o^-^o)
>凄い数の向日葵ですね。。。
でも、全部の畑いっぱいに咲いていたらもっとすごかったと思うのですが、ずっと9月頃まで見られるようにと、咲く時期をずらして育てられていたので、これでも一部で咲いていたのですよ

向日葵は北九州市の市花なのですか?
元気をもらえそうな花でいいですね
「ゴッホ」のひまわりは太陽の象徴だったのでしょうかsun

投稿: vanilla | 2009年7月 6日 (月) 23時46分

shibataさん

こんばんは(o^-^o)
私も忙しくて、ちょっとの間ここにこれませんでした
shibataさんのところにも遊びに行けなくて・・・
明日はおじゃましますね^^

向日葵の迷路、昨年体験しました
でも、そこは小さな規模だったので子供向けでした(笑)

>ひまわり10本を活ける花瓶は・・・さてさて・・・
実家に半分届けました
家に持ち帰ってみると余計に大きく感じられ、一本づつガラスの花瓶にさして並べてみました
トイレにも小さな花を選んで飾りましたよ

でも、今はもうみんな枯れてしまいました゚゚(´O`)°゚

投稿: vanilla | 2009年7月 6日 (月) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅雨空のもと東奔西走 | トップページ | 醒ヶ井の「バイカモ」 »