« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月25日 (火)

短い夏を飛び回るⅡ

長かった梅雨の償いをしてくれているかのようにいい天気が続いています 
朝夕の気配はもちろんのこと、まだまだ暑い昼間にもふっと秋のさわやかな風を感じますし、空もだんだんと高くなってきました 
私の地方の夏の終りの風物詩になった稲刈りも盛りです 
今年は日照時間が短かったので稲刈りもおくれるのかと思っていたら、なんのなんの早いところではお盆前に稲刈りが始まりました 
これには早い稲刈りに慣れている私もびっくりでした 

解散から40日という長い衆議院選挙戦も大詰め、30日にはいよいよ投票です 
マスコミの報道は民主党の圧倒的な有利を伝えています 
歴史的な選挙となるのでしょうか 
でも選挙が歴史的でも何の意味もありません 
問題は選挙後、政治のあり方が歴史的な意味を持ち日本の国が希望の持てる、信頼に足る政治が行われるよう祈っています

さて短かった夏、カメラを手に海を中心に飛び回っていました 
今回は海のない京都・奈良行の報告です
京都は夏ならどこがいいだろうと思案して、暑いので市街地の寺社はやめて山中の「鞍馬寺」にしました 
京都の街中を北進、大原へは右折の道もこの日はさらに北へ車を走らせました 
坂道を登り貴船神社と鞍馬寺の分かれ道を鞍馬寺のほうへ進みました
民間の駐車場に車を停めて、仁王門をくぐりました

T_10_055 T_10_056  

立派な山門でしたが明治時代の再建だそうです 
木の看板に「鞍馬弘教総本山・・・」と書かれており、元は天台宗のお寺でしたが昭和に入ってから「弘教」という宗派を立教して総本山となっているのがわかります
拝観料200円を納めて入っていきましたが、まさに入山という感じでした 
ここは寺内にケーブルを運行しておりすぐにケーブルの下駅がありました 
登山が苦手な私はケーブルに足が向きましたが、相方が下山にケーブルを使ったらいいから上りは有名な「九十九折り(つづらおり)」の参道を登らなくては意味がないというので徒歩で金堂をめざしました
T_10_058 T_10_064  

清少納言が「枕草子」の中でこの九十九折りのことを書き、牛若丸が夜にこの参道を通って修行に出かけたと伝わる由緒ある参道だそうです 
途中、「由岐神社」や「義経公供養塔」などありました

T_10_067 T_10_068  

いつもマイペースで行く私ですが、この九十九折りはたいへんでした
汗はだくだく足は痛んでくるし、もう泣きそう・・・ 
T_10_083 T_10_101

T_10_103

最後に長い石段を登ってようやく「本堂金堂」に到着しました 
朱塗りの柱が鮮やかな堂々としたお堂でした 
本尊は「尊天」といい、あらゆるものの根源、宇宙エネルギーであり真理そのものなんだそうです 
そのへんが昭和に立教されたちょっと新しい教えの宗教という感じです 
金堂前の広場は同じく朱塗りの欄干で囲まれていましたが、そこから見えるのは山また山、本当に山中の寺でした 
T_10_134 T_10_148







帰りはもちろんケーブルを利用して下山しました らくちん、らくちん
帰り道に貴船神社のほう道へ寄り道しました

T_10_164 T_10_166

ここは道沿いに清流が流れており、川床料理の店が軒を連ねていました 
垣で覆われていましたが垣間見える川床は涼しげでした 
一度はきて食事をしてみたいところでした

日をおいて、奈良へも出かけました 
奈良はどこそこの寺社へ行くというのではなく、奈良公園で散策しようという目的でした 
興福寺の近くの駐車場に車を停めて、興福寺の周辺から歩き始めました 
この日もいいお天気で、公園内は盆地特有の蒸し暑さでむんむんしていました 
興福寺の五重塔も陽炎でゆらめいているようでした
T_10_016  T_10_018

それでも、この暑さの中、奈良のシンボル鹿さんがたくさん出迎えてくれました 
鹿せんべいをねだって群がる鹿さんたちに外国の観光客たちは大喜びの様子でした 
さすがに他の鹿さんたちは暑さを逃れて日陰に群れて座りこんでいました

T_10_063 T_10_187

T_10_073 T_10_086

T_10_215 T_10_055_2

この日は寺社内には入らないで、春日大社の参道を歩いたり東大寺の南大門の参道を歩いたりして、ゆっくりと(汗だくでしたが)時間を過ごしました 

暑い日差しのもとの京都・奈良行、カメラに興味のなかった頃には考えられなかった小旅行です 
短い夏の猛暑を肌で感じた京都・奈良でした 
吹き出す汗もまたいいものとちょっとやせ我慢で言ってみたりして・・・・・

さあ、日一日と秋の気配が残暑を覆っていくのでしょうね

サルスベリ                  まどみちお

幹をつたって昼が?
昼をつたって幹が?
空のむげんの静けさへと
這いのぼりつづけている

花びらに乗って昼が?
昼に乗って花びらが?
大地のむげんの静けさへと
舞いおりつづけている

この上り下りの たえまない
小さな駅に いま
はるかに近づいてくる白い帽子は
あれは秋の駅長さんだろうか

ひとり 立ち去っていこうとする
赤い帽子の夏の駅長さんに
あんなに きらきらと
交替の手をうちふりながら・・・

赤い帽子の夏の駅長さん、ご苦労さまでした 
今年の任務は少し短かったですか 
もう交替の白い帽子の秋の駅長さんの姿がかすかながら見えてきましたよ

Kukukmo1

| | コメント (18)

2009年8月18日 (火)

2009-短い夏を飛び回る

残暑お見舞い申し上げます 
ブログもお盆休みしていました 
それにしても8月3日に遅~い梅雨明け宣言が出て、7日には暦の上で「立秋」を迎えました 
しかも、暦の上だけでなく昨日ぐらいから朝夕涼しげな風まで心地よく秋の気配が感じられます 
今年はなんとも短い夏でした 
梅雨空が長かったので、青空が見えるようになってからそれまでの鬱憤をはらすかのごとくあちらこちらと飛び回っていました
まずは、大好きな海 
T_10_007 3921ok_3

Okokok1_2

長い堤防と先端に灯台のある眺めのいいロケーションを見つけてからは、何度も写真を撮りに出かけました 
ここは水上バイクの基地みたいになっていて、いつ行っても水上バイクが海上を走っています 
堤防もあまりに長いので歩きではなくて、自転車で散歩する人もいてなかなかおもしろいショットが狙えます 
そして「シラス干し」の名産地のため、晴れ渡った日には四角い籠のような中で「シラス干し」作業をしている人の姿も見られます 
最近「人のいる風景」を撮るのが楽しくなってきています

少し足をのばして、知多半島の西海岸も行ってきました 
こちらからだと水平線の夕焼けがきれいだろうと思って出かけたのですが、西の空の雲が厚くてなかなかいい夕焼けには出会えませんでした 
遠浅の白砂の浜で有名な内海海水浴場はよく賑わっていましたが、なにしろ車を停めると1日1000円という駐車場ばかりで通りすがりに眺めるだけでした 堤防のあるところは釣り人がいっぱい 
T_10_0831 T_10_086

T_10_040 T_10_049

T_10_067 T_10_189

ファミリーフィッシングのグループも多く、慣れない子どもたちに手ほどきしているお父さんの姿が微笑ましい光景でした

青空に入道雲、水平線に浮かぶ舟たち、水遊びを楽しむ人々 夏は(夏だけではありませんが)海がいいですね
知多半島からの帰り道、伊勢湾岸道から長島リゾートの花火を見ることができました
ほんの5分ほどで通り過ぎてしまうような短い時間でしたが
写真におさめることもできました
もちろん自慢できるような写真は撮れませんでしたが

T_10_231 T_10_234  

T_10_236

実はこの暑い夏に、わざわざより暑い盆地の京都、奈良も行ってきました 
その小旅行の話は次の機会に

296

| | コメント (18)

2009年8月 6日 (木)

鳥羽水族館

2日の日、東海地方もようやく梅雨明け宣言が出されました 
観測史上、最も遅い梅雨明けだそうです 
今年はもうはっきりした梅雨明けはないだろうと思うくらい、天気予報はずっと曇りマーク雨マークがならんでいました 
梅雨明け宣言が出されて真夏の酷暑が2日ほど続きいよいよ夏本番かと思いきやまた曇天、雨天の空模様・・・今年は本当におかしな天候です

雨の日の風景もそろそろうんざりで、気分転換に雨関係なしの「鳥羽水族館」に行ってきました 
鳥羽水族館はこの8月3日に累計観客数5,500万人を超えたそうで、今でも鳥羽の観光の人気スポットです 
私も小さい頃連れてきてもらった記憶があります(もちろん今とは規模も場所も違ってました) 
息子たちも生き物が大好きったので何度か連れて行って、おおはしゃぎしていたのを思い出します 
さて、水族館の駐車場に車を停めて入口へ 入館料2400円なり、けっこうしますね 
家族で来て1日中遊べばお得ですかね

T_koinobori_092 T_koinobori_086  
なにしろ全部で12ものゾーンに分かれてテーマ別に楽しめるようになっています
入口を入るとすぐにDゾーンで巨大水槽がありサンゴ礁を泳ぐ色とりどりの魚たちと出会うことができます 

T_koinobori_077 T_koinobori_083

かわいいクマノミや優雅なミノカサゴ、頭にこぶができたような大きな魚メガネモチノウオが目を惹きました
Eゾーンは「伊勢志摩の海、日本の海」がテーマですが、日本で初めて人工繁殖に成功したスナメリが気持ちよさそうに泳いでました

T_koinobori_122 T_koinobori_123

Fゾーン「ジャングルワールド」ではアマゾン川のピラルクがいました

 
T_koinobori_099 T_koinobori_100

何度見ても怪魚という感じです 
また大きな水槽でアフリカマナティーがのんびりと浮かんでいました

Hゾーンは鳥羽水族館の顔とも言うべきジュゴンが見られます 
T_koinobori_111_2 T_koinobori_113

大好きな海草に首ごと突っ込んでえさを食べていました
このジュゴンが人魚伝説のモデルとは????です

鳥羽水族館は魚種の豊富なことでも日本有数です
奇奇怪怪のシードラゴンやユーモラスなラッコ、神秘的なクリオネなどいっぱいの魚たちに目を奪われました
T_koinobori_159 T_koinobori_136

着いた時間が遅かったせいもあって、あっという間に閉館時間の5時になってしまいました 
でもそのおかげで、閉館間際の清掃をするスタッフに甘えるセイウチやアシカの訓練風景を見ることができました

T_koinobori_197 T_koinobori_245

久しぶりに童心に還って、水族館を楽しんできました

T_koinobori_258

| | コメント (12)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »