« 秋の花たちⅡ―コスモス | トップページ | 薄紅葉 »

2009年10月13日 (火)

秋の奈良-春日山原始林

日が沈むのが早くなりました
まさに秋のつるべ落としですね 
さらに夜は冷えこむようになってきました 
相方から「そろそろいい季節だから、大台ヶ原のハイキングに行こうか」ともちかけられましたが、長時間のウォーキングやハイキングが苦手な私は、紅葉にはまだ早いから、春日山の原始林にしようと提案しました 
前に春日大社を訪ねたときに、奥にある春日山は永年人の手を入れることなく原始林を保っていると聞いて、行きたかった場所でした 
しかも原始林の中をドライブウェイが通っているので、そんなに歩かなくても済むし・・・ と、そんなわけで「春日山原始林」に行ってきました
最近よく訪れる奈良公園を横切って、東大寺の裏手から「奈良奥山ドライブウェイ」に入りました 
このドライブウェイは「新若草山コース」「奈良奥山コース」「高円山コース」の三つからなり、全コースを走ると1,720円の料金です 
「奈良奥山コース」が原始林内を通るコースなので、全コースをめぐることにしました(と言っても、全13kmの短い距離です)
まずは若草山の頂上へ 

1

2_2
3  

ここにも鹿さんがいました 
奈良公園ほどではなく、5,6匹の鹿が餌をねだっていました 
山頂の展望台からは奈良の街が一望できました 
東大寺の大仏堂や興福寺の五重搭が遠くかすんで見えていました 
古墳跡にはススキが群生しており、風になびいていました
若草山頂を過ぎると、「奥山コース」-春日山原始林です 
道もドライブウェイとはいえ舗装されてなくて、木々がうっそうと繁る中ゆっくり車を走らせました 
途中で「鶯滝」に立ち寄りました

9 11

7_2

木洩れ日が気持ちよく、森林の澄んだ空気を吸うととても落ち着きます 
「鶯滝」は名の通り見上げるような大滝ではなく、せせらぎが流れ落ちるかわいい滝でした

16 18  

ハイキングの方たちもたくさん来ていて、あちこちで休息をとっていました 
岩肌を刻んだ石仏の数も多いそうですが、その中の地獄谷の石仏だけ拝んできました
奥山を過ぎると「高円山」、万葉集に数多く詠まれた地です

高円の 野辺の秋萩 いたづらに 咲きか散るたむ 見る人なしに  

高円山からもう一度奈良の街を眺望して下っていきました

20

時間が早かったので、明日香村ののどかな秋の風景を楽しんでこようと足を延ばしました途中柿づくりが盛んなのか、道中色づきはじめた柿の木をたくさん見かけました(圭太さん垂涎の風景です)
明日香村も何度か訪れているのですが、恥ずかしいことにどうも大和三山の見分けがつきません 
今回初めて「香具山」を確認しました 
山というより丘陵と呼んだほうがよさそうです
 「耳成山」「畝傍山」もこれぐらいの高さの山かもしれない、今までわからなかったはずだと納得しました
石舞台に向かう途中「奈良県立 万葉文化館」の看板を見つけて、えっこんな施設あったかな、と興味津々・・・車で向かいました
たぶんオープンして間もないのでしょう(調べたら、平成13年オープンでした) 
真新しい建物に立派な庭園が広がっていました

28_2 30  

22 23

しばらく庭を散歩して、入館料600円を払い館内へ入っていきました

常設の「日本画展示室」があり、万葉をモチーフにした魅力的な日本画が展示してありました
定期的に特別展示もあるようで、この時は浅野均さん(絵に疎い私は存じあげていません)の絵が初期から現在まで順に展示されていました

一般展示室ではアイデアこらした万葉人の生活に触れるコーナーがあったり、万葉劇場ではからくり人形による万葉歌の朗詠(歌のようにメロディがついてました)が聞けます 
私は「柿本人麻呂」の歌劇を楽しんできました 

25 26  

このような立派でアイデアいっぱいの施設ができるのも古都奈良だからですね   
万葉文化館に長くいたために、もう夕暮れ時になってしまいました 
紅葉の頃にまたおとずれることにして明日香村をあとにしました

50













|

« 秋の花たちⅡ―コスモス | トップページ | 薄紅葉 »

奈良」カテゴリの記事

コメント

私、京都に住んでいた時に何回か奈良へ
読みながら、旅行させて頂きましたよ感謝♪

せんと君?
ここって亀の遺跡のそばですか?
それだったら、駐車場を利用したような
中には入ってないのでわからないのですが
奈良も来年は1300年
行事も多そうですね

投稿: 夢見る夢子 | 2009年10月13日 (火) 20時50分

vanillaさんこんばんは。
奈良は奈良公園しか知りませんでした。
春日山原始林なんてぜんぜん知らなかったです。
ドライブウェイがあるそうで、歩かなくてもいいから
奈良公園をてくてく歩いているより楽かも
しれませんね。
若草山頂からの市内の眺望も高円山からの眺望も
すばらしいですね。

紅葉の季節に行ったらきれいなんでしょうね。

投稿: 凛太 | 2009年10月13日 (火) 22時19分

若草山の写真を見ると「あ~地球は丸いんだ!」って改めて感じます。
彼岸花の時にも一枚ありましたよね? 風景の向こう側を想像する
楽しみがあって私のお気に入りになります。
最後の緑のもみじも・・・赤い紅葉より 私はすがすがしい緑の紅葉
が好きなので うれしくなりました。
季節を待って 大台ケ原に誘う相方さんも なかなかです~(^.^)

投稿: きなこ | 2009年10月13日 (火) 22時58分

夢見る夢子さん
おはようございます(o^-^o)
>ここって亀の遺跡のそばですか?
今調べてみましたら、すぐ側でした
次の機会には是非中に入ってみてください
半日は楽しめそうな充実した施設でしたよ
暗く証明が落とされた部屋があって、リラックスできる椅子が並べられていて、虫の音や鳥の鳴き声が聞こえてくるのですが、奈良時代の野原にいるような雰囲気が味わえて素敵な空間でした
そこで昼寝してたら気持ちいいだろうなって思います^^
>奈良も来年は1300年
せんと君も頑張ってるようですよo(*^▽^*)o

投稿: vanilla | 2009年10月14日 (水) 09時08分

凛太さん
おはようございます(o^-^o)
>奈良は奈良公園しか知りませんでした。
奈良に行こうか?京都に行こうか?
と、迷った時はどうしても京都に気持ちがいってしまいますよね
私も以前は奈良にはほとんど行ったことがありませんでした
でも、最近はよく奈良に行きます
奈良のお寺は京都のような庭園の美しさなどを味わうことはできませんが、重厚な歴史の重みを感じることができてすっかり奈良のファンになってしまいました
凛太さんも是非奈良のあちこちを訪ねてみてください
春日山原始林の紅葉はどんな感じになるでしょうね・・・
素敵な色に染まるでしょうか?
いつか紅葉の頃にも行ってみたいなと思いました

投稿: vanilla | 2009年10月14日 (水) 09時17分

きなこさん
おはようございます(o^-^o)
若草山の頂上に行ける道があると知ったのは、まだ5年くらい前なんですよ
偶然走ってきたら若草山の頂上に出て感動しました
こんな場所に鹿がいるのも驚きでした
きなこさんはきっとご存知だったでしょうね
奈良が一望できていい場所ですね
>最後の緑のもみじも・・・赤い紅葉より 私はすがすがしい緑の紅葉が好きなので うれしくなりました。
新緑の頃のもみじではありませんが、光の当たり具合がとっても綺麗なので、撮ってみました
私も紅く染まったもみじもいいですが、こんな緑のもみじも大好きです

投稿: vanilla | 2009年10月14日 (水) 09時24分

こんにちは
奈良、来年が遷都1300年祭でしたね。
どれもいい風景ですね。祭り前の静かな風景・・・・
大和三山のどこかへ登ってみたいと思っています。
明日香も徒歩か自転車などで・・・・
原始林のことは初めて伺いました。行ってみたいですね。

今日は美術館の森を友人と・・・
木漏れ日はいいものですね。

投稿: shibata | 2009年10月14日 (水) 16時17分

shibataさん
こんばんは(o^-^o)
>奈良、来年が遷都1300年祭でしたね。
平城宮跡など各地でいろんなイベントの計画があるようです
人人人で混雑するでしょうが、近くなので行ってリポートしてきますね^^
明日香村あたりをのんびり歩くにはいい季節ですよね
是非散策してください
原始林もshibataさんなら歩きで楽しまれるでしょうね
私も少しの間歩いただけですが、時おりはっとするような光景に出会いました
そこだけ宝石みたいに光ってる葉っぱとか^^

投稿: vanilla | 2009年10月14日 (水) 19時01分

すみません。
きなこさんのふれておられる若草山とか、鶯谷の桂(?)の透過光とか、万葉文化館の贅沢な空間とか、背景から浮かび上がる楓の優しく艶めかしい曲線とか、素敵なシーンがいっぱいあるのに、今、我が頭を占めるのは柿のことばかり。
あ、登場させて頂いて、なんか、もう、すみません。

柿そのものを食べるなら、量も種類も和歌山が充実しているのだと思いますが、あの過酷な地形で水田が少ない。それに対し、奈良は稲作も盛ん。ということは、わらこづみ と柿の共演がふんだんに見られる。彼岸花と紅葉の間、明日香を訪ねる人がやや減る今の時期が僕にとっては一番いい時期です。

投稿: 朝霧 圭太 | 2009年10月15日 (木) 09時21分

こんばんは!!

秋の古都「奈良」を満喫してきましたね。
写真の「若草山」はTVドラマ「鹿男あおによし」で見た覚えがあります。

きっと、見晴らしがいいのでしょうね。
行楽と文化に最近縁遠くなって、このブログで、見知らぬ土地へ言った気持ちになれます。

明日香村・・・たくさんの緑に囲まれて、美味しい空気をたっぷりと吸えたことでしょうね。ここも、いつかは行ってみたい場所の一つです。

素敵な写真と情緒豊かな秋のお便りをありがとうございました。

投稿: べあ坊 | 2009年10月16日 (金) 19時38分

こんばんは。
京都も良いですが奈良も良いですね!今年は行けそうもないので
来年は京都&奈良へ行きたいと思っています。

投稿: シゲ | 2009年10月16日 (金) 19時47分

圭太さん
こんばんは(o^-^o)
奈良県は和歌山県に次いで柿の収穫量が第二位なのだそうですね
奈良県果樹振興センターというところには、「柿博物館」もあるそうですよ
柿を使ったお菓子もたくさんあるみたいです^^
この時も、ほんとにあちこちで美味しそうな実をつけた柿の木を見ました
>わらこづみ と柿の共演がふんだんに見られる
なるほど、そんな風景をカメラにおさめることができたら素敵ですね
日本の秋の風景、心魅かれます
是非是非圭太さんの洗練された写真で見せてくださいませ
楽しみに待っていますよ!note

投稿: vanilla | 2009年10月17日 (土) 22時59分

べあ坊さん
こんばんは(o^-^o)
若草山は小学校の修学旅行で奈良、京都を訪ねた時
お弁当を食べた場所、そんな記憶が今も残っていますが
それ以来遠くから眺めるだけの場所でした
今回若草山の頂上に登ってみると、思ったよりずっと高くてびっくりしました
見晴らしもいいし、鹿も出迎えてくれるし、なかなかいい場所でしたよ
明日香村を訪れるなら今の季節が一番好きです
野焼きの煙なども見られ、里の秋を満喫できますmaple

投稿: vanilla | 2009年10月17日 (土) 23時07分

シゲさん
こんばんは(o^-^o)
>京都も良いですが奈良も良いですね!
奈良も素敵な場所ですよ
お寺も京都よりずっと古びていて歴史の重みを感じさせてくれます
是非来年は奈良に京都にお出かけくださいbullettrain

投稿: vanilla | 2009年10月17日 (土) 23時09分

ご無沙汰しました。
書いては休み、書いては休みのブログパターンになっています。
以前は毎日アップしていたのですけど、
これもトシのせいかなと思っています。

奈良にお出かけでしたか。
明日香には一昨年9月初めに出かけて甘樫の丘から飛鳥寺、岡寺、
石舞台、橘寺、高松塚古墳までの約9kmを歩きました。

甘樫の丘から大和三山を眺めましたが
そのときにはどれがどの山なのかわかりませんでした。

奈良県立 万葉文化館・・一昨年には寄りませんでした。
学生時代のこと、万葉集の権威であった犬養孝教授による万葉集の講義があって
万葉集収載の歌を犬養教授の指導のもとで、それこそ歌うのですよ。
>万葉歌の朗詠(歌のようにメロディがついてました)<
おそらくは同じことだろうと思います。

投稿: Saas-Feeの風 | 2009年10月18日 (日) 09時22分

Saas-Feeの風さん
こんばんはmoon3
私など、はじめから一週間に一回、二週間に一回の更新なんていう時もあります(;´д`)トホホ…
明日香には何度か行っているのですが、まだ飛鳥寺には行ったことがないのですよ
次回は行ってみなくては、と思っています
>甘樫の丘から大和三山を眺めましたが
私は、今回たまたまナビを眺めていたら「香具山」という文字を発見し、あそこに見えるのが「香具山」なんだと確認できました(笑)
>万葉集収載の歌を犬養教授の指導のもとで、それこそ歌うのですよ。
素敵な講義だったのですね
私もあんなふうに歌ってみたいです
歌を詠む人の声が綺麗だったからいっそううっとりと聞き入ってしまいましたheart

投稿: vanilla | 2009年10月19日 (月) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の花たちⅡ―コスモス | トップページ | 薄紅葉 »