« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月20日 (水)

二十歳

成人式の日に伊勢神宮に初詣をして、晴れ着で着飾る新成人の人たちを見かけました 
羽織袴の「やんちゃ」そうな若者を見て、「二十歳」にいろいろな思いを馳せました
私の「二十歳」はもうはるか昔
自分の記憶もずいぶん曖昧になってしまっています
私たちの世代は「学生運動」に乗り遅れた世代です 
学生運動が激しさをまし、東大の安田講堂事件があったのは私がまだ中学生の時でした 中学生の私にはもちろんまだ無縁の世界でした 
高校ものんびりと穏やかな高校に進みました 
学生運動の余波は確かに高校にまで及び、私の高校の隣の高校では代表が卒業証書を破るという事件も起きていましたが、私はまだまだそんな社会問題にはうとい無邪気な生徒でした
私が高校を卒業して大学に入る頃には、もう過激な学生運動は消滅しかかっていました 私の大学でも残り火はあったのかもしれませんが、表面上は穏やかで紛争などももうありませんでした 
だから私は大学でも学生運動には無縁で、サークル活動を楽しんだり恋をしたり(勉強はあまり熱心ではなかったかな?)していました 
当時流行していたフォークソングも反戦歌や社会派ソングから大きく変化し、ユーミン、オフコースなどニュー・ミュージックと呼ばれる曲が流行、「『いちご白書』をもう一度」が大ヒットした頃です
高度成長を背景に「社会」から「個」が意識されるようになった時代のように思います
そんなことを思いながら、その頃に読んだ「二十歳の原点 高野悦子著」という本を思い出しました 
この本は二十歳で自殺した高野悦子さんが遺した日記が本となったものです 
本棚の奥に今もその本はありました 
ペラペラとめくり読みしてみると、衝撃的でした 
まぎれもなくその本の中に二十歳の私の一つの姿がありました
書き始め

1969年1月2日
「今日は私の誕生日である。二十歳になった。酒も煙草も公然とのむことができるし、悪いことをすれば新聞に『A子さん』とでなく『高野悦子二十歳』と書かれる。こんな幼稚なままで『大人』にさせてしまった社会をうらむなあ。(略)
私は慣らされる人間ではなく、創造する人間になりたい。私は、自分の意志で決定したことをやり、あらゆるものにぶつかって必死にもがき、歌をうたい、下手でも絵をかき、泣いたり笑ったり、悲しんだりすることの出来る人間になりたい。」

こんなにうまくは表現できなかったけれど、私もこんなふうに未熟でありながらも自己を確立しようともがいていたように思います 成人式に関わる部分ではもっとびっくりしました

1月6日
「成人式を迎えるというので親が十数万円の着物を作った。着物をきて写真をとれと母がうるさく言う。子供をきれいにパカパカに着飾らせて喜んでいるのだから世話ない。人形の身になってみろ!といいたいね。」
1月15日
「今日は成人の日だなあと、どうでもいい感じで思う。(略)
 私は勉強をしていない、遊び好きの大学生であったのだ。
「独りであること」「未熟であること」、これが私の二十歳の原点である。

私も同じように成人式に興味がなく、故郷に戻らず遠く離れた大学の地で成人式を迎えました 
成人式の少し前に母から、祖母も私の晴れ着姿を楽しみに待ち望んでいるから、帰ってくるようにと電話があったのに
私はその時どんな風に母に帰郷を断ったか、もう憶えていませんが、たぶん冷たく拒絶したのだろうと思います
それが私の二十歳
なんともほろ苦い思い出ばかりが浮かんできます 
私は今でもあの頃の自分を否定はしませんが、本当に未熟で自分しか見えていなかったのですね

「最近の若者は・・」とは言わないでおきましょう
私もそう言われるのが大嫌いでしたから 
それにしても、私たちが二十歳だった頃よりもっと未来は混沌としており、希望の持てない社会を私たちは創ってきてしまったようですね 
ひょっとすると、取り返しのつかない「負の遺産」ばかりを若者たちに遺してきたのかもしれません・・・

T_oo_188




| | コメント (16)

2010年1月14日 (木)

伊勢神宮-初詣

新年が明けてから、10日ほどようやく初詣に行ってきました 
伊勢神宮-このへんでは「お伊勢さん」の名前で親しまれています 
以前は近くの神社に初詣をしていたのですが、ここ3年ほど前から、せっかく近くに日本の総氏神である伊勢神宮があるのだからと「お伊勢さん」に詣でています 
正月の寒波もいくぶん和らいで外出もそんなに苦にはなりませんでした(豪雪に見舞われている日本海側の地域の人には申し訳ない) 
「一生に一度はお伊勢詣」と云われたほど全国的に有名な神宮ですので、正月三ヶ日などは大混雑です 
10日ごろならそろそろ人ごみも解消され、しかもこの日は成人式が行われるので新成人たちの晴れ着をカメラに収められるかなという気持ちで出かけました 
ところがなんのなんの「お伊勢さん」に近づくにつれて車の量はどんどん増えていき、2kmほど手前で渋滞が始まりました 
ノロノロと車は動き、ようやく駐車場の河川敷に車を停めることができました 
駐車代金1500円はちょっと高くないですかね
参道へ行くまでの「おはらい町通り」も人人人でした 

T_oo_178 T_oo_219

神宮の神域には五十鈴川に架けられた「宇治橋」を渡ります 
宇治橋は昨年11月に新しく架けられて渡始式が行われたばかりでその新品の橋を渡りました さすがに気持ちがピリッと引き締まります
御正宮に近づくにつれて、ここでも人の渋滞でした

T_oo_078 T_oo_095

正面からの参拝は全く進んでいく様子がなかったのでまだ人が流れている横からの人の流れにのってようやく初詣を済ませました 
家族の健康をお祈りしてきました

T_oo_083 T_oo_053_2

新成人の若者たちもやはりたくさん来ていました 
女の子の振袖も私たちの頃よりずっと増えているように思います 
私たちのころは「普段着で成人式を」という感じでした 
今年も「荒れる成人式」の会場があったようですね 
神宮内で見かけた羽織袴の成人たちにもいかにも「やんちゃ」な感じの若者がいました 私も青い20歳でしたが、最近の若者は「青い」というより「幼い」感じがします 
あっ、「最近の若者は・・・」なんて言い出すともう歳ですね
ずいぶんと遅い初詣でしたが、おそまきながらの正月気分にひたることができました 
さて気分一新2010年もマイペースながら、いい年にするぞって気になってきました

T_oo_197















| | コメント (12)

2010年1月 4日 (月)

2010年 開幕

Hanahana1

遅ればせながら、2010年 あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします
年末にゆっくり沖縄旅行を堪能したぶん慌ただしい年の暮れを過ごし、寒波とともに迎えた寒~い年明けに縮こまっておりました(とは言っても、他県の大雪と比べたら三重県は雪も降ってないのにね) 
まだ初詣にも行かずなんともさえないお正月でした
3日のNHKスペシャルで「まどみちお」さんの特番を見ました 
まどみちおさんは昨年11月で100歳を迎えられたとのこと、おめでとうございます 
まだまだお元気そうで日々新しい発見があるそうです 
もっともっと長生きして、やさしくてあたたかいそれでいて真実を見つめた詩をたくさん書いてほしいものです 
100歳のまどみちおさんを見て、正月ボケの私もちょっとシャキッとしました

ぼくがここに           まどみちお

ぼくが ここに いるとき
ほかの どんなものも
ぼくに かさなって
ここに いることは できない

もしも ゾウが ここに いるならば
そのゾウだけ
マメが いるならば
その一つぶの マメだけ
しか ここに いることはできない
ああ このちきゅうの うえでは
こんなに だいじに
まもられているのだ
どんなものが どんなところに
いるときにも

その「いること」こそが
なににも まして
すばらしいこと として

今年は本当に「いい写真」が撮りたい、そう思います 
私は花が好きなので、よく花を撮ります
「花はもともと綺麗だから、誰が撮っても綺麗に写る」そう言われたことがあります
でも、綺麗な花を綺麗に写すのは、ほんとはとても難しいことなのではないかと、自分の撮った写真を見て最近思うようになりました
なかなかイメージ通りには撮れません
今年も、いかに花を美しく、可愛く撮るかということに挑戦して行きたいと思います
2010年の幕が開きました 
まどみちおさんのように、日々新しい気持ちで新しい発見があるといいなあ


| | コメント (16)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »