« 伊勢神宮-初詣 | トップページ | 春到来 »

2010年1月20日 (水)

二十歳

成人式の日に伊勢神宮に初詣をして、晴れ着で着飾る新成人の人たちを見かけました 
羽織袴の「やんちゃ」そうな若者を見て、「二十歳」にいろいろな思いを馳せました
私の「二十歳」はもうはるか昔
自分の記憶もずいぶん曖昧になってしまっています
私たちの世代は「学生運動」に乗り遅れた世代です 
学生運動が激しさをまし、東大の安田講堂事件があったのは私がまだ中学生の時でした 中学生の私にはもちろんまだ無縁の世界でした 
高校ものんびりと穏やかな高校に進みました 
学生運動の余波は確かに高校にまで及び、私の高校の隣の高校では代表が卒業証書を破るという事件も起きていましたが、私はまだまだそんな社会問題にはうとい無邪気な生徒でした
私が高校を卒業して大学に入る頃には、もう過激な学生運動は消滅しかかっていました 私の大学でも残り火はあったのかもしれませんが、表面上は穏やかで紛争などももうありませんでした 
だから私は大学でも学生運動には無縁で、サークル活動を楽しんだり恋をしたり(勉強はあまり熱心ではなかったかな?)していました 
当時流行していたフォークソングも反戦歌や社会派ソングから大きく変化し、ユーミン、オフコースなどニュー・ミュージックと呼ばれる曲が流行、「『いちご白書』をもう一度」が大ヒットした頃です
高度成長を背景に「社会」から「個」が意識されるようになった時代のように思います
そんなことを思いながら、その頃に読んだ「二十歳の原点 高野悦子著」という本を思い出しました 
この本は二十歳で自殺した高野悦子さんが遺した日記が本となったものです 
本棚の奥に今もその本はありました 
ペラペラとめくり読みしてみると、衝撃的でした 
まぎれもなくその本の中に二十歳の私の一つの姿がありました
書き始め

1969年1月2日
「今日は私の誕生日である。二十歳になった。酒も煙草も公然とのむことができるし、悪いことをすれば新聞に『A子さん』とでなく『高野悦子二十歳』と書かれる。こんな幼稚なままで『大人』にさせてしまった社会をうらむなあ。(略)
私は慣らされる人間ではなく、創造する人間になりたい。私は、自分の意志で決定したことをやり、あらゆるものにぶつかって必死にもがき、歌をうたい、下手でも絵をかき、泣いたり笑ったり、悲しんだりすることの出来る人間になりたい。」

こんなにうまくは表現できなかったけれど、私もこんなふうに未熟でありながらも自己を確立しようともがいていたように思います 成人式に関わる部分ではもっとびっくりしました

1月6日
「成人式を迎えるというので親が十数万円の着物を作った。着物をきて写真をとれと母がうるさく言う。子供をきれいにパカパカに着飾らせて喜んでいるのだから世話ない。人形の身になってみろ!といいたいね。」
1月15日
「今日は成人の日だなあと、どうでもいい感じで思う。(略)
 私は勉強をしていない、遊び好きの大学生であったのだ。
「独りであること」「未熟であること」、これが私の二十歳の原点である。

私も同じように成人式に興味がなく、故郷に戻らず遠く離れた大学の地で成人式を迎えました 
成人式の少し前に母から、祖母も私の晴れ着姿を楽しみに待ち望んでいるから、帰ってくるようにと電話があったのに
私はその時どんな風に母に帰郷を断ったか、もう憶えていませんが、たぶん冷たく拒絶したのだろうと思います
それが私の二十歳
なんともほろ苦い思い出ばかりが浮かんできます 
私は今でもあの頃の自分を否定はしませんが、本当に未熟で自分しか見えていなかったのですね

「最近の若者は・・」とは言わないでおきましょう
私もそう言われるのが大嫌いでしたから 
それにしても、私たちが二十歳だった頃よりもっと未来は混沌としており、希望の持てない社会を私たちは創ってきてしまったようですね 
ひょっとすると、取り返しのつかない「負の遺産」ばかりを若者たちに遺してきたのかもしれません・・・

T_oo_188




|

« 伊勢神宮-初詣 | トップページ | 春到来 »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
もう背中がぞくぞくするほど感動をしています。
vanillaさまが高野悦子さんのことを書かれていたもので・・・・
彼女とは宇都宮女子高校での同期なのです。
バスケットコートで同じ時を過ごしました。
私とは違っておとなしいけれど芯の強い方でした。
京都の大学に行かれてからは交流もなく、次に知ったのが彼女の死でした。
同じ同期で私と同じ宇都宮大へ進学したもう一人も学生時代に自ら死を選びました。
学生運動が盛んな時代でいろいろと思うことが多い時だったのです。
過激な運動にはついていけず、ついていけないことに負い目を感じたり・・・
今、残された者たちは、普通の社会人、家庭人になっています。
あの時は何であったか、・・・こうして安穏としていてよいのか・・・
今の政治の混乱を作って、社会を壊した世代なのか・・・
まさに「個」の時代を作り、負の遺産を残そうとしている・・
私たち世代も必死で生きてきた・・・と思うのですが、
いろいろと複雑な思いが今も心の底にあるのです。

今の成人式のひどい有様を見ると腹が立ちます。
でもそんな子供たち、社会を作ったのは私たち・・・と何とも複雑な思いです。

vanillaさまとこのようなお話をするとは・・・縁があったのですね。

投稿: shibata | 2010年1月20日 (水) 19時55分

こんばんは!!

20才・・・もう、ずっと昔のことです。
その頃、私は、長崎から一人で、北九州市門司区に来て、働いていました。

学生運動も労働運動も盛んで、官公労の中では私の職場も組合が強く、私も何度もデモに行ったりしていました。

その頃、「自分たちの力で世の中が変わる!」そう思っていました。
でも、スト権スト敗北をきっかけに、急速に運動は収束していきました。挫折感を覚えました。

歌も、反戦歌から、4畳半フォークになっていました。
そんな20才の青春でした。

あの時と今・・・豊かになりました。食べることに困らない生活。
でも、あの頃は生活に追われていても大きな夢がありました。
世の中が変わる夢です。貧富の差のない社会、平等な社会、平和な社会・・・そんな夢でした。

今は大きな夢はなく、ささやかな夢・・・です。

今年私の知人が2人、成人式を迎えました。
祝メールすると、「しっかりと、自覚を持って・・・」と返信が来ました。

いい世の中、希望のもてる世の中になって欲しいものです。

PS:写真、とっても素敵ですね。。。暫く眺めていました。。。

投稿: べあ坊 | 2010年1月20日 (水) 22時05分

酒は小学生から、タバコは中学生からのんでいた僕にとって、成人式はあまり大きなものではありませんでした。時代もバブル真っ盛りで、成人式やねんから盛り上がったらええやんという雰囲気。
日記をつけていないので、何を考えていたかはよく覚えていませんが、自分のことがようやく分かり始めたのが二十歳の頃だったような気がします。中学生の頃はいきがって「死ぬことなんて怖くない。腹だって切れる」なんて考えていましたが、自分にはそんなことができはしないと遅まきながら自覚できたのです。
それまでは、死に方とか死の意味をよく考えていたのが、生き方や生きる意味を考えるように変わったのも同じ頃だったかもしれません。今でもこれは続いているのですが、もちろん答えなど見つかるわけがありませんので、最近は考えないようにし、「とにかく可愛く生きたらええねん」と開きなおっています。

投稿: 朝霧 圭太 | 2010年1月21日 (木) 11時22分

高野悦子さんって名前は知ってましたけど
こんなこと書かれてたんですね
いちご白書をもう一度♪どころか
いちご白書を映画館で見た世代です
私の世代はただ一度の東大入試がなかった世代です
1950年生まれですね
相方も最近、よく言うのですが、日本は破滅に向かってるぞ
電車の中の若者には、目に余る物があると
でも、いちご白書の後の映画<ジェネレーション>で
キムダービーが父親に言ってます
それを育てたのはお父さん達なんだよ、だからもっと信じてって
でも最近電車でずっとマスカラを塗ってる女の子に
音が漏れてるから、小さくしてと何回言っても無視された時
(話してもわからん!)を実感してしまいました
いい子もたくさんいるんでしょうけど、悪い子が記憶に残ってしまいます

投稿: 夢見る夢子 | 2010年1月21日 (木) 16時01分

こんばんは。
高野悦子の名前はどこかで聞いた事があったような名前です。私より少し若いですね。私の時代は学生運動の谷間でした。私は高校から大学まで7年間楽器を吹いていました。クラブは体育会でしたので学生服でした。20歳と言うとどちらかと言うとバンカラ学生で忙しく活動していました。

投稿: シゲ | 2010年1月21日 (木) 18時54分

shibataさん
こんばんは(o^-^o)
shibataさんが<背中ぞくぞく>なら、私は口から心臓が飛び出るくらいにびっくりしました
高野悦子さんと高校の同期生でいらしたなんて・・・
今回「二十歳の原点」を読み直して、若かりし頃愛読し多大な影響を受けていたんだということがよくわかりました
ただ、私は学生運動にのめりこんでいくことはありませんでした
私たちは「学生運動に乗り遅れた世代」とは書きましたが、高校の時デモに参加している子もいましたし、友人の兄は過激なセクトに入り10.21-国際反戦デイに東京まで闘争にでかけ逮捕されました
お父さんが教職についていたため、「辞職願」を出したとも聞きました
周りには学生運動の活動家たちが珍しくなかった時代です
でも、shibataさんが感じていたような<ついていけないことの負い目>を感じる雰囲気はもうありませんでした
それでも高野悦子さんの「未熟さや孤独感」の苦悩は本当に共感できました
憧れの人でもあったのです
その高野悦子さんとshibataさんが同期生とは不思議なそしてありがたいご縁ですね
shibataさんにどこか心の奥のほうで魅かれていた理由がようやくわかりました
希望の見えない社会を創ってきたのでしたら、なんとか光明を見いだせる兆しぐらいは創りだしていきたいですね

投稿: vanilla | 2010年1月21日 (木) 21時21分

べあ坊さん
こんばんは(o^-^o)
「二十歳」の頃について書いてしまい少し照れくさい気がします
でも、おかげでみなさんの「二十歳」の一端にこうやって触れさせてもえました
べあ坊さんも「革命」を夢見る闘士のお一人だったんですね
私の頃はもう革命運動に飛び込んでいく土壌もそして私にそこまでの社会問題意識も勇気もありませんでした
「兵どもが夢の跡」のような挫折感が漂い、そこから「個」の幸福や満足に向かっていった時代に私は育ったのでしょうか
でも、巨大なる権力に立ち向かい挫折感を味わったべあ坊さんはそのことが自身の根っこになり芯の強い生き方をされてるのですね
若い時のほろ苦い経験は決して無駄にはならないものですよね

投稿: vanilla | 2010年1月21日 (木) 21時26分

圭太さん
こんばんは
酒は小学生から、タバコは中学生からって・・・すごすぎます
私も小さい頃、毎日晩酌していた祖父に、「ちょっとのむか?」とおもしろがって日本酒を一口飲まされていましたが^^
やんちゃで、いきがってた中学高校の頃の圭太さんに今、会ってみたい気がします
今の圭太さんのブログからは想像できませんもの
その頃の圭太さん、きっと綺麗な目をしていたのだろうなという気がします(今もそうですね^^)
>「とにかく可愛く生きたらええねん」と開きなおっています。
う~~ん。可愛く生きる、これも何か難しそうですね
でも、素敵な生き方、圭太さんらしい生き方、そう思います
私は、今は、シンプルだけど「とにかく楽しく生きたい」かな?
陽水の曲にあったみたいに「楽しいことなら何でもやりたい~~note笑える場所なら何処へでも行く~~notes」そんなふうに日々を過ごして行きたいです

投稿: vanilla | 2010年1月21日 (木) 21時32分

夢子さん
こんばんは(o^-^o)
ちょうど、夢子さんが高校3年の時に東大紛争で東大の受験がなかった年なのですね
私の友達のお兄さんも夢子さんと同じ年で、京大を受けるのに、東大を受けるはずだった人たちが多く京大に流れて大変厳しい受験になったそうです
「二十歳の原点」を最初に読んだのは高校生の時だったと思います
その後映画にもなったようですが、私は映画は観ませんでした
「いちご白書」私も映画で観ましたよ
この映画もコロンビア大学を舞台にした、学生運動に取り組むアメリカの若者がテーマでしたね
バフィー・セントメリーの「 サークル・ゲーム」がとても印象的に流れていましたね

投稿: vanilla | 2010年1月21日 (木) 21時36分

シゲさん
こんばんは(o^-^o)
シゲさんの学生時代はバンカラですか?
バンカラと聞くと、体育会系、下駄、硬派、そんなイメージを思い浮かべます
何の楽器を吹かれていたのでしょうね
きっと、勉学にも真面目に取り込んでいらしたのでしょうね
シゲさんのイメージはそんな感じに私には思われます

投稿: vanilla | 2010年1月21日 (木) 21時42分

vanillaさんこんばんは。
20歳の思い出ですか。僕は酒は飲みませんでしたが
たばこは吸っていましたよ。
成人式の思い出も一つの通過点と思ってましたから
感慨もなかったような。
成人式に行って友達と久しぶりに会って挨拶した
くらいで一緒に何かしたということもないし、
女性みたいに華やかな衣装も着なかったしね。
当時の女性は振り袖姿はあまりいなかったような。?
洋服が多かったと思います。
いつの時代からか女性は振り袖が多くなりましたね。

成人式で騒ぐばかをテレビで見ると、腹立たしくなります。
どうせ騒ぐならグループでやらずに一人で堂々とやれと
思います。

投稿: 凛太 | 2010年1月22日 (金) 22時35分

vanillaさん こんにちは

どんな時代にもみなが志をもって

時流に刃向かってきたのです

幕末の時も、安保闘争のときも

良き世の中を作ろうとして

それは今も変わらないでしょう

ただそれは少数の人たちなんですよね

今、ぼくたちが何を成すべきかなんだと思います

評論家にはだれでもなれますから

負の遺産がみえるなら潰さねばならないと思いますよ。

環境問題だってしかり、いまやらねばですよね。。。

投稿: ヒロぴょん | 2010年1月24日 (日) 09時05分

Vanillaさん
こんばんは。
自分が高野悦子さんの二十歳の原点を読んだのは
高校2年の時でした。
今ではうろ覚えになっていた記憶が、Vanillaさんが書かれている
冒頭部を読んで、明確に思い出されました。
また手にとって読みたくなりましたよ。
自分の二十歳を思い出すと、彼女のように矛盾や葛藤と向き合う
こともなく、自分を見つめなおし抗うこともしなかった二十歳でした。
最近の若い者は…同年代で飲んでいたりすると、つい口に出てしまった事もありますが、
自分だって、自分の親世代だって、当時の大人達から「最近の若い者は」と言われ続けて来たんですよね。
自分がそんなに大した人間じゃないと気付き、改めて若い人達を
見ていると「若い人も捨てたモンじゃない…」
最近はそう思うようになってきました。

投稿: 日光岩魚 | 2010年1月25日 (月) 02時14分

凛太さん
こんにちは(o^-^o)
>成人式に行って友達と久しぶりに会って挨拶した
成人式は同窓会のようでもありますよね
私の中学時代の同級生の中に、成人式での再開をきっかけに付き合い、結婚したカップルが2組いますよ^^
私は自分の成人式の日、友人と喫茶店の2階から成人式の晴れ姿の人たちを眺めて、そういえば、今日は成人式なんだと話していました
>成人式で騒ぐばかをテレビで見ると、腹立たしくなります。
確かにそうですね
来なくていいのに・・・と思ってしまいます

投稿: vanilla | 2010年1月25日 (月) 15時59分

ヒロぴょんさん
こんにちは(o^-^o) 
ヒロぴょんさんのおっしゃる通り、いつの時代も古いものを壊して新しいものを創ろうとする時には古いものに立ち向かっていくものなのでしょうね 
ただ新しい体制や時代を創ろうとする時、少数で賛同者が拡がらないと権力の前に挫折するだろうし、大きなうねりとなって多くの人が改革を望む時にようやく権力を打破して変革なり革命なりがおこるのでしょう 
>今、ぼくたちが何を成すべきかなんだ
ヒロぴょんさんは前向きですね 
未来が見えない時代-私たちに何ができるか、負の遺産をどうしてプラスの遺産に変えていけるのか、考えて行動するしかないのですね

投稿: vanilla | 2010年1月25日 (月) 16時04分

日光岩魚さん
こんにちは(o^-^o)
私も「二十歳の原点」を最初に読んだのは高校生の時でした
>また手にとって読みたくなりましたよ。
是非今、もう一度読んでみてください
二十歳の頃の自分に会えるかもしれません
私はやはりその頃に読んだ、ポール・ニザンの「アデンアラビア」冒頭に書かれていた「僕は二十歳だった。それが人の一生でいちばん美しい季節だなんて誰にも言わせはしない。」という一節にも、とても共感していました(そういえば、昨年の日記に書いたのでした^^)友達といて騒いでいても、楽しさと背中合わせにいつも焦燥感や空しさを感じていたような気がしました
「最近の若者は・・・」は世代が違い、自分たちに理解ができないとつい言ってしまう言葉なんでしょうね 
成人式の「荒れる」若者ばかりがマスコミに取り上げられますが、真剣に自分について考え、社会について考える若者もたくさんいますよね

投稿: vanilla | 2010年1月25日 (月) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊勢神宮-初詣 | トップページ | 春到来 »