« 菜の花の町へ-渥美半島 | トップページ | お休みします »

2010年3月16日 (火)

夢にまで見たセツブンソウ

セツブンソウは名前だけは聞いたことがありました 
それをsibataさんのブログで写真を見て、可憐な姿にすっかり虜になってしまいました なんとか実際にこの眼で見てみたいと思いを募らせていました 
そんな時知人から藤原岳にさいているから連れて行ってあげようと誘われて喜んでいたのですが、頂上付近に行かないと咲いていないと知りました 
藤原岳は1200m級の山で体力と脚に自信のない私にはとても無理だと思い諦めました 
ところが滋賀県の奥伊吹に行けば山麓なので登山をしなくてもセツブンソウの自生地があることをやはり知人が教えてくれました
矢も盾もたまらず、さっそく奥伊吹へ出かけました 
高速道路を利用する手もあるのですが、かなり遠回りになるので国道365号をどんどん北上しました 
この道はずっと山中を走るので景色もいいのですが、「ほたるの里」「自然の学校」など道中に自然に触れ合う施設が多数ありそれらの看板を見ながら走っていくので本当に退屈しません
2時間ほど走って「道の駅 伊吹薬草の里」に到着 
ここでゆっくり休憩をとりました 
店内には「ふきのとう」や「せり」を販売しており季節感いっぱい 
さて奥伊吹に向かって出発、この道の駅からはもう目の前・・・のはずでした 
道の途中で「セツブンソウまつり」の旗を見つけて、そろそろだと思って車を走らせましたがいっこうにそれらしい賑わいもありません 
そのうちに道の所々にあった雪が、田畑一面に広がりだしました 
今年1回だけ雪が降り、うっすら積もった景色しか見ていない私はもうその雪景色に夢中になってしまいました 
山中なので棚田になっておりそこに敷きつめられた雪の様はいい感じでした 
車を停めてしばしカメラのシャッターをきりまくりました
Photo_2
相方は田の斜面で野草採りをしている人たちと何やらしゃべっており、その後自分も野草採りに精を出しておりました 
両手いっぱいに抱えてきた野草は「ふきのとう」でした 
まだ花のひらいてない芽をだしたばかりの「ふきのとう」で、これが香りもよくおいしいと聞いて採っていたようです 
「夕飯のおかずは、早春の天麩羅だ」と一人喜んでいました

さあセツブンソウですが、近くのお店で聞いたら10kmほども通り越してきたようです 
車で引き返し、聞いた通りの目印の所で一本道を中に入るとありました、ありました「セツブンソウまつり」の本部テント 
そこで受付をして少し坂道を登ると、もうセツブンソウの自生地でした 
斜面のあちらこちらでセツブンソウが群生していました
夢にまで見たセツブンソウ-思っていたよりずっと小さな姿で10cmそこそこでしょうか
清楚で可憐な花に感激しました 
白い花びらに見えるのが萼片なのだそうですね 
花弁そのものは退化して黄色い蜜槽になっている 
驚いたのは、確かに観賞のための道はあるのですが、全く囲いもしてないので群生の中まで自由に入り込むことができるのです
間近に見ることができて、観るほうには申し分ないのですが、やはりたくさんの花が踏みつけられていました 
まつりのスタッフの方が「そろそろ、きちんと管理しないとだめですね。今から芽を出そうとしている場所もどんどん踏まれて芽を出せずにいます。」とおっしゃっていました
観賞のマナーが問われるところですが、この貴重な花の自生地にしては、あまりにも無防備な管理状態でした
そろりそろりと花に危害を与えないように歩き、撮影をしてきました(しかし、一枚も上手く撮ることができませんでした)
Photo  
わずかですが「キバナノアマナ」という黄色い花がこれまた美しく咲いていました 
黄色い花は珍しいそうです

自然はこんな清楚な花たちも創りだすのですね 
夢にまで見たセツブンソウは、まさに夢の花でした

時間にゆとりがあったので、このあと近江八幡の「左義長」というお祭りを見に行きました 
「左義長」の様子はまた次回で

|

« 菜の花の町へ-渥美半島 | トップページ | お休みします »

季節2010年」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
セツブンソウに会ってきましたね!
やはり伊吹山近辺でしたか!この山は石灰岩ですのできっとあちこちにあるのでしょうね。
それにしても雪景色とセツブンソウとは!
とてもいい時期に行かれたものと思います。
なんとも可憐な春の天使ですね!
まだまだ自然の多い所で柵もなく自然のセツブンソウをご覧になられて本当に良かったですね。
人が多く入るようになると花の元気が無くなってしまうようです。

藤原岳は山野草の多い所で行ってみたいと思っていた山です。
左義長、こちらでは「どんと焼き」と言います。
歳神さまを送る行事ですね。
きっとそちらでは格式ある行事でしょうね、楽しみにしています。

投稿: shibata | 2010年3月16日 (火) 19時28分

こんばんわ
「セツブンソウ」なんて素敵なネーミング!
名前の由来はなんなのでしょうか?節分の時期に咲くから?
初めて知りました。可憐で可愛い花ですね!
棚田の雪景色と山野草を探して山奥まで行かれたのですね。
貴重な自然の写真感謝です。

それに蕗の薹の天麩羅♪美味しそうですね~
今年はセリご飯まだ食べてません《花より団子がばればれ
春は目にも口にも美味しい季節ですね。

投稿: 浅葱 | 2010年3月16日 (火) 22時06分

セツブンソウ
やはり、名前は節分???からですかね?
本当にいろんな事、教えて貰って感謝です
かわいく撮れてますよね、お花も喜びそうで
伊吹山といえば、横浜ー京都間の新幹線で
名古屋を過ぎてから見える雪を頂いた山だと
言われた事がありますが。。。
未だに分らず。。。
今年は富士山が余りよく見えず、残念です

投稿: 夢見る夢子 | 2010年3月17日 (水) 15時30分

shibataさん
こんばんは
お返事がすっかり遅くなってしまって、申し訳ありません
伊吹山が石灰岩でできていたなんて知りませんでした
shibataさんはほんとによくご存知ですね
伊吹山の近く、藤原岳でもセツブンソウが見られるそうです
ここも花の百名山として有名なところだそうで、やはり石灰岩が多いようです
今は福寿草が綺麗に咲いていると聞きました
いつか福寿草も見てみたいと思っています
今回はセツブンソウに出会えただけで幸せだったのに、
雪景色まで見られてほんとに幸運でした

投稿: vanilla | 2010年3月21日 (日) 22時56分

浅葱さん
こんばんは
コメントありがとございましたm(_ _)m
お返事遅くなりすみません
セツブンソウの名の由来は、早春に芽を出し節分の頃に花を咲かせることからついたそうです
春を知らせる妖精のような可憐な花でしたよ
ほんとに小さな花で、可愛い花でした
「関東地方以西に分布し、石灰岩地域に多く見られる。」
とありましたので、浅葱さんのお住まいの地方でもどこかで見られるかもしれません
機会があれば是非ご覧になってくださいね

投稿: vanilla | 2010年3月21日 (日) 23時02分

夢見る夢子さん
こんばんは
いつものことですがお返事遅くなりすみませんm(_ _)m
可愛い花だったのですが、踏まないように触らないようにと気を使って撮っていましたので、思うようには撮れませんでした
写真よりもっともっと可愛い素敵な花ですよ
夢子さんももし機会があれば、実際に見てみてくださいね
伊吹山が新幹線から見えるのは知りませんでした
一昨年は夏に頂上まで登ったのですが、お花畑もあり魅力的な山でした
今の季節、周りの山は雪も目立たないのですが
伊吹山だけは雪が残っています
山の形も個性があって、すぐにわかります

投稿: vanilla | 2010年3月21日 (日) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菜の花の町へ-渥美半島 | トップページ | お休みします »