滋賀

2009年7月30日 (木)

琵琶湖周遊-その2

集中豪雨被害の山口県、九州北部のみなさん、竜巻被害の群馬県のみなさん、心からお見舞い申し上げます 
異常気象の度合いがだんだんひどくなるように思います 
梅雨明けがまだやってこない程度ならいいですが、被害が甚大になると心が痛みます 
本当に地球を大切にする気持ちと行動がないと、とんでもないことになりそうですね

さて、琵琶湖周遊の旅2日目です 
全国的に荒れ模様の天気の中、なぜか滋賀県での1日目は晴れ間もみえていい天気での旅行となりました 
2日目もなんと朝目覚めるとお日様が射しこんでいました 
いやぁ、これなら夜明け前に起きて、琵琶湖の日の出が撮れたかもしれないと反省 
朝早くからルアーフィッシングの釣り人たちが岸辺からもボートからも釣り糸を投げていました 
ところが、朝食を食べているうちに空模様は一変、暗雲がたちこめてきました 
この日は雄琴温泉から湖西を北上(Saas-Feeの風さんの近江路行とは逆行です)して海津までの旅程です 
まずは「白髭神社」に向かいました

T_koinobori_064  T_koinobori_069

ここは鳥居が湖中に建っており、宮島の厳島神社を髣髴させてくれます 
神社そのものは小さなお社でした 

そして今津港のすぐ前にある「琵琶湖周航の歌記念館」を訪れました 
館内に「琵琶湖周航の歌」のメロディが哀切に流れていました 
加藤登紀子さんが歌っているのを聞いたことがあります
その後、ガイドブックの表紙にも写真が載っていた「道の駅 新旭風車村 」へ 
オランダ風の風車が3基あると聞いて期待していたのですが、風車が回っているわけでもなく少し期待外れでした 
T_koinobori_165 T_koinobori_089

それでも風車の前に小ぶりの向日葵が咲いており絵になる風景ではありました
さて、この日のお目当ては「マキノのメタセコイアの並木道」でした 
2.4kmにわたって道の両側にメタセコイアの樹が林立しており、冬に雪を冠した風景は「冬のソナタ」の名場面のようだとか 

T_koinobori_194 T_koinobori_195

なるほど行ってみるとメタセコイアの並木道が綺麗でした 
でも夏の木立よりは冬の雪の並木道のほうが似合っているかもしれませんね

湖西は浜辺が多くたくさんの水泳場がありました 
私は近くが海で水泳できる浜辺は「海水浴場」と呼ばれますので、「・・・水泳場」という看板に始めはあれっと思いました 
そうですよね、海水ではないので「水泳場」なんですね

海津大崎の桜並木まで行って、これで今までの旅と合わせて琵琶湖一周を遂げました
やはり、琵琶湖は自然の観光でも史跡・名所でも見応えのあるところが多いですね

T_koinobori_202 T_koinobori_206

2日目は上記した以外に湖西と湖北の「野鳥観察センター」に2ヶ所とも立ち寄って、望遠鏡でたくさんの野鳥の様子を観察してきました 
嘴とおでこ(?)が真っ白なオオバンという鳥やカンムリカイツブリの雄と雌が盛んに恋のアピールをしている姿が面白くて、スコープから目が離せませんでした 
野鳥観察は秋から冬にかけてがいちばん鳥も多くコハクチョウなども飛来して楽しめるとのことでした

雨がそぼ降る中、少し足早に湖西を旅したので、予定よりずっと早く海津に到着しました そこで余呉湖を一回りしてから長浜まで足を伸ばしました 
お目当てはもちろん「長浜浪漫麦酒」です 
ビールが大好きな私は地ビールには目がないのですが、数ある地ビールのなかでも長浜の地ビールは私の中ではトップクラスにランクするおいしさです 
T_koinobori_237 T_koinobori_232

Nagahama1_2

この日は4種類ある中から「ヴァイツェン」を注文しました(運転の相方はウーロン茶-すみませんです) 

それにしても、この時期に梅雨中の旅となるとは思いもよりませんでした

| | コメント (16)

2009年7月28日 (火)

琵琶湖周遊-そのⅠ

毎年、お盆の混雑を避けて少し早いうちに夏の旅行を楽しんでいます 
今年も早めにと予約をとりました 
本当はshibataさんのブログを見て前々から訪れてみたかった日光・尾瀬が今年の目的地だったのですが、都合により1泊の旅を余儀なくされて、それならば琵琶湖を思いっきり楽しんでこようと琵琶湖周遊の旅にしました

まずはこの時期ぜひ行ってみたかった「草津市立水生植物公園 みずの森」へ 
お目当ては湖面一面にひろがる蓮の群生です 
入場料は300円となんともお得 
入場してさっそく蓮の群生地へ向かいました 

T_koinobori_390

行ってみると、思わず「わぁー」と声が出るぐらい蓮が湖を覆いつくしていました 
これだけ広がっていると壮観です

T_ok15 T_ok16

多種な蓮は見られませんが大きな葉が湖面を埋めつくし、無数の淡紅色の花が誇らしげに咲いていました 
ありがたいことにここは肥料の臭気もなく(笑)、思う存分蓮の群生で目を癒してきました
睡蓮の池ではまだ可憐な睡蓮が花を浮かべていましたし、他にも夏の花々が園内を飾りたてていました
T_koinobori_524 T_koinobori_511  

中でも大型のツユクサのような花に惹きつけられました 
T_koinobori_552 T_koinobori_544

この花はアオバナと呼ばれ和名を「オオボウシバナ」といい、この地域では古くから栽培され花の色素から青花紙を作ったり、友禅染の下絵の絵の具として利用されたそうです 草津市の市花です 
またロータス館という館内では映写室で「蓮」「睡蓮」の映像を流し、アトリウムでは熱帯の水生植物を観賞できるようになっていました

T_koinobori_603 T_koinobori_631  

市の施設でもこんなに充実させられるものなんですね
半日ここで花々を楽しんで過ごしました 

T_ok11 T_koinobori_641

次に訪れたのは「三井寺」、近江八景「三井の晩鐘」で有名なお寺です 
正式には「長等山園城寺(おんじょうじ)」といい、天台寺門宗の総本山です 
また弁慶が延暦寺まで引きずっていったという「弁慶の引き摺り鐘」でもよく知られています
仁王門をくぐり拝観料500円を納めて、入っていくと大きなお寺でした

T_koinobori_675 T_koinobori_679  

国宝の金堂は歴史の重みを感じさせる威容を誇っていましたが、豊臣秀吉の正室北の政所が再建した建物だそうです 
御本尊の「弥勒菩薩」は秘仏中の秘仏だそうで、お目にかかることはできませんでした 
金堂内には「十一面観音像」「不動明王坐像」などが祀られており拝見することができました 
金堂の近くに「三井の鐘」の鐘楼があり、この鐘が大津市に響き渡るのだと感慨深しでした 
金堂の裏手に「閼伽井屋」があり、三井寺の名の由来となった天智・天武・持統天皇の産湯に使われたという霊泉がいまでも湧き出ていました 
「閼伽井屋」から少し登ると弁慶の引き摺り鐘を安置してある「霊鐘堂」で、なるほど鐘にはたくさんの傷がついていました

T_koinobori_693 T_koinobori_684

本当に弁慶が引き摺って延暦寺まで持ち去ったなら弁慶は相当な力持ちだと思われるほど大きな鐘でした
京都と縁が深いからでしょうが、滋賀にも名寺が多いですね

T_koinobori_703 T_koinobori_719

1日目は「草津市立水生植物公園 みずの森」と「三井寺」の二箇所にたっぷり時間をかけたので、その日の宿-雄琴温泉R亭に向かいました 
ちょっと贅沢をして露天風呂付の部屋にしたので、さっそく露天風呂へ 
うーん、極楽・・・極楽でした
T_koinobori_763_2 T_koinobori_759

夕飯には滋賀らしい、鮎の塩焼きや近江牛のしゃぶしゃぶなどいただきながら冷たいビール-これまた極楽でした
部屋から見える琵琶湖の夜景も素敵でした

Okok1

| | コメント (10)

2008年6月22日 (日)

比叡山延暦寺

E12

先日、梅雨の合間をぬって、比叡山延暦寺を訪ねてきました

延暦寺は数あるお寺の中でも、私の好きなお寺のひとつです

延暦寺は、京都の有名なお寺とはまた違った雰囲気を漂わせているお寺です

E2 E7

延暦寺との出会いはもう10年程前に遡ります

まだ私が、寺社や仏像にほとんど興味を持っていなかった頃です 京都に一泊し、翌日帰り道に大原の方から滋賀県へぬけようとしていました

道中「奥比叡ドライブウェイ」という看板が目に入って、ここを通っていこうということになりました

ドライブウェイを走る途中で延暦寺を見つけたのです

恥ずかしい話ですが、全くの偶然でした

比叡山延暦寺はもちろん名前は知っていましたが、奥比叡ドライブウェイの途中にあるとは知りませんでした

延暦寺に入って行くと、本当に山中の寺という感じでした

その延暦寺の総本堂でもある、根本中堂を拝観し終わって外に出ようとした時、突然の夕立に襲われました

あまりの雨脚に根本中堂の入口のあたりで雨宿りをしていました

まさに驟雨で、一時激しく降ったもののさっと降り止みました

そして、雲の切れ間から日の光が差し込んできました

その光がとても美しくて、その時隣にいた息子と思わず顔を見合わせました

雨に洗われた青葉がキラキラ光り、ちょっと感動すら覚えました

その時にふと浮かんできたのが「あらたふと青葉若葉の日の光」 有名な芭蕉の「奥の細道 日光」で詠まれた句です

芭蕉が日光で見た光景も、こんな様子ではなかったのかしらと思ってしまいました

その夕立がなかったとしても延暦寺は心に残る寺になっていたかもしれませんが、夕立後の差し込んだ日の光は、私に特別に印象深さを与えてくれました

E6

延暦寺を訪れるのはそれ以後4回目になります

今回ははじめて国宝殿にも入り、重要文化財級の仏像や仏画も見学してきました

でも、やはり延暦寺の魅力は「根本中堂」にあります 現在の根本中堂は1642年に復興されたものですが、創建にまで遡れば開祖である伝教大師、最澄が自ら刻んだ薬師如来仏を安置して比叡山寺としたのは788年のことです

根本中堂は、入母屋造りの建築で中堂の前庭を回廊がコの字形に取り囲んでいます

そして、中堂の中に須弥壇である内陣と参拝者が拝む外陣をあわせ持っているのが大きな特徴です

私たち参拝者は外陣より内陣を拝観するのですが、内陣は下が石畳で、拝観する外陣よりも3m程も低くなっています

内陣全体は薄暗くなっており、それがより厳かさを増しています

中央の大厨子には秘仏の薬師如来がまつられており、その前には開祖以来の「不滅の法灯」が1200年の時を注がれ注がれて輝いています

その内陣に神秘的な厳かさを感じるのです

E1_2

はじめに、京都の有名なお寺と違った雰囲気を持っていると書きましたが、それは根本中堂の荘厳さと関係しているように思います

確かに京都のお寺は庭や建物が美しかったり、その静けさに魅力があるのですが、荘厳さという点においては格段の違いがあるように感じるのです

延暦寺というより、比叡山全体に修行を重ねる宗教の原点があるような気がします

たくさんの名僧がこの山で修行を積み、各宗派の開祖となったのも頷ける気がします

私自身はどちらかと言えば無宗教ですが、延暦寺の持つ厳かさに触れて、ちょっと清浄な気分になることのできた、延暦寺の旅でした


E11

雨に霞んで見える琵琶湖です・・・




| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

水郷の町へ・・・

晩春の休日、天気も快晴、絶好の行楽日和
陽気もよくなったこの日、近江商人で有名な街、近江八幡の水郷めぐりを目的に出かけました
二回目の新名神の利用です
前回は帰り道に利用して、日も暮れていたので、周りの景色も見えませんでした
昼間に通るのははじめての体験です

Img_5504

鈴鹿峠を越えていくので山間の道路なのはあたりまえなのですが、実際に通ってみると、まさに山並みハイウエイという感じでした
ところどころに山桜や八重桜などがまだ花を残しており、春の名残を楽しませてくれる一方で、山の木々の新芽がやわらかい緑色を見せていて晩春と初夏の入り混じった風景を目にしながらの新名神でした

名神竜王インターチェンジでおりて20分程車を走らせると、近江八幡の市街地に入りました

Oumi4

まず市営の駐車場に車を止めて、ガイドマップをもらい近江商人の町を散歩しました
郷土資料館・歴史民俗資料館や旧家が並ぶ新街通りは昔ながらの町並みのようすを残していて、とても風情がありました

Bb2_7 Oumi1_7

町並みを抜けると八幡掘という水路があり、そこに架かる橋も水路沿いの枝垂柳も一体となって、まるで倉敷の美観地区のようでした
橋を渡ると日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)という神社がありました。そんなに大きな神社ではありませんでしたが、山門は風格がありましたし、入ってすぐ横の能楽舞台も古びていて歴史を感じました
ここでのお目当ては日牟禮八幡宮の前にある、洋菓子屋さんのバウムクーヘンでした
案の定行列ができていましたが、10分程並んで焼きたてのバウムクーヘンをお土産に買うことができました

Aa99_5 Aa11_6  

さて、目的の水郷めぐりです

駐車場から車を出し10分程のところに「水郷めぐり」の看板を見つけさっそく受付をしました
休日は人数が集まり次第舟を出してくれるということで、そんなに待つこともなく人数が揃い、水郷めぐりの舟に乗り込みました
水郷めぐりの店は4軒あったようですが、たまたま見つけたその店は手漕ぎの舟であったのもラッキーでした 手漕ぎの舟でゆらりゆらりと出船しました

思ったより水がにごっていましたが、周りが田んぼのせいで土が流れ込みいつもこんなふうに濁っているのだそうです
まず迎えてくれたのが、可愛らしいカイツブリでした 時々もぐっては餌をとっていました大好物はザリガニなんだそうです
ゆっくりゆっくりと舟は進みます

Bb1_2 Oumi5_5

水路の周りには無数の葦が生えていました 枯れた古い葦の間から、新芽の青々とした葦が真直ぐに伸びていました 葦がさかんに利用されていた頃は枯れた古い葦を刈り取り残った葦に火をつけるともっと青々とした新芽が生えてきていたのだそうです
その葦も使い道が減ってきて葦の加工業者もなくなり今は自然のままになっているようです。これも時代の流れでしょうか?
次に驚いたのは綺麗な新芽をつけている木々が立ち並んでいましたが、船頭さんの説明によるとそれらが川柳という柳の木だったことです 柳と言えば、枝垂れ柳を思い浮かべますが、川柳は普通の木と同じような姿で葉も丸葉でした

Oumi3_2

舟の進むスピードは本当にゆっくりで心からのんびりとくつろぐことができるスピードでした
水郷は広い池のようなところがあって、そこから安土城が築かれた小高い山が見えたり、急に狭い水路になり右手には桜並木(もう葉桜になっていましたが・・)左手には菜の花畑など変化にとんだ景色を十分に楽しむことができました
水郷めぐりも終わりに近づくと木々の間から、ホ~ホケキョとウグイスの声、また水鳥たちの鳴き声で耳も愉しませてくれました
80分の心底リラックスできた時間でした
車や電車では決して味わえない、ゆるやかに流れる時間を過ごすことができました

帰り道は琵琶湖沿いの湖岸道路を通り爽やかな湖からの風をうけての旅でした

商人と水郷の町近江八幡、私の好きな町がまたひとつ増えました


   

Oumi2
暮れなずむ琵琶湖です・・・



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

新名神を走ってみました~♪

2月23日は、新名神(亀山~草津田上間)の開通の日でした
この新名神開通は、京都や琵琶湖が好きな私にとってはとても便利な高速道路の開通になりました

道路の開通の時、早くから並んで一番乗りで車を走らせたいという方もいて、よくニュースなどで報道されていますが、私は開通一番乗りでその道路を走りたいという気持ちはありません
ところが、たまたま大津市内の友人に会う日が開通の日とピタリと重なり、開通は午後3時だったので、帰りに利用するつもりで大津の友人に会いに行きました
友人との用事も終わったので、私の好きなお寺のひとつ比叡山延暦寺を訪ねることにしました

大津市内から湖西道路を通って、比叡山ドライブウェイに入り延暦寺に向う予定でした。
ところが、
比叡山ドライブウェイの入り口の看板に「道路凍結のため、ノーマルタイヤの通行は禁止」の通告がしてあり、ノーマルタイヤの私の車は入ることができませんでした
そこで、延暦寺はあきらめて、好きな琵琶湖を眺めながらドライブしようと考えました
友人との会話の中で、「琵琶湖博物館
がいいよ 琵琶湖沿いの道にあるよ」と聞いて、ドライブがてら寄ってみようとも思いました


Biwa1



湖西道路をゆっくりと北上し、琵琶湖大橋を通って琵琶湖の東側に渡りました。
琵琶湖大橋から眺めた湖は、まだ春らしさもなく、冬のモノトーンの色合いで、湖面も風で波立ち、やや荒々しい感じの琵琶湖でした
琵琶湖の東側の湖に沿った道は、さざなみ街道と呼ばれています

目的の
琵琶湖博物館は、このさざなみ街道を南に下った草津市内にあります。
道の駅に寄ったり、琵琶湖畔で車を止めて景色を眺めていたりしたので、博物館に着いたのは、もう4時を回っていました
受付で、入館料600円を払うと、受付の人が「5時で閉館ですよ。今からだと少し駆け足で見てもらったほうがいいですね。是非1階の魚の展示館から回ってください」と言われました。
私は、博物館と言っても琵琶湖にちなんだ資料が少しだけ展示されているのだろうと、たかをくくっていました
ところが、展示内容の豊富さにびっくりしました。
受付の人が、「先に見てください」と言った魚の展示館だけでも、小規模な水族館と言える程、充実していました


Biwa5


そこには、琵琶湖の固有種である琵琶湖おおなまずやフナ寿司で有名なニゴロブナはもちろんのこと、さまざまな淡水魚を本当にたくさん見ることができました

(みなさんは、琵琶湖名産のフナ寿司を召し上がったことがありますか?
フナ寿司は、卵を持ったニゴロブナを使い塩漬けにしたフナをご飯の中に漬け込んで発酵させて作るものです
発酵させるだけあって、とてもクセがあり食べられない人も多くいるみたいです
私は初めて食べた時から、そんなに抵抗なく食べられました^^)


Biwa7


世界の湖に住む魚も飼育されており、中国の洞底湖に住むめずらしい、ケツギョや、アメリカの五大湖に住むロングイヤーフィッシュという魚なども鑑賞することができました
急いで見て回ったつもりでしたが、魚の展示館だけで30分程も費やしてしまい、2階へ上がって行った頃には、もう残り時間も少なくなっていました
2階の展示館も充実しており琵琶湖の生い立ちや、人と琵琶湖の歴史など、興味深げな展示物がいっぱいでした
「もう一回ゆっくりと見にこなくてわ」と未練を残しつつ、閉館になってしまいました


Biwa16


さて、帰りは開通したばかりの、新名神を利用しました
しかし、この日も雪にたたられてしまいました^^
博物館に入る前から、少し雪がちらついていたのですが、鈴鹿峠を縫うように作られた新名神は雪が激しく舞い、50キロ制限の規制で亀山に向かいました。
50キロ制限であったにもかかわらず、草津から亀山は本当に近く感じました

思っていた通り、これで、私にとって、京都も琵琶湖もますます近い存在になりました



Biwa15


| | コメント (0) | トラックバック (0)