季節2007年

2007年12月 9日 (日)

イエローマジック

金色の小さき鳥のかたちして銀杏散るなり夕日の岡に  与謝野晶子

7530

7197

 


紅く色づく紅葉は、もちろんきれいなのですが、全てが黄色に黄葉する銀杏もみごとですね。

私の家の近くの公園に、一本の大きな銀杏の木があります。
その銀杏の黄葉を見たくて、何度も足を運びました。
もう少し、もう少し、と待ち望んでいましたが、秋と冬が同時に存在するようになった頃、木全体が曇りのない黄色に覆われていました。
でも、今日見に行ったら、葉はほとんど散って、あたり一面黄色い絨毯が敷き詰められたようになっていました。

風に吹かれて次々と落ちてくる銀杏の葉はたとえようもないほど美しいのですが、与謝野晶子はそのようすを「金色の小さき鳥のかたちして」と、何ともうまい喩えを使って、銀杏の葉の散るようすを表現しています。

私はそんなにうまく喩えることはできませんが、「イエローマジック」とでも呼びたいような、正に黄色の魔法です。

銀杏が黄色く色づくメカニズムは

『冬になると、気温が低下して葉の光合成能力が下がり、さらに乾燥により葉から水分が損失してしまいます。そのため、冬には落葉させたほうが樹木にとって生理学的に有利なのです(落葉樹の場合)。
葉をそのまま落葉させると、葉の中の「クロロフィル」をそのまま損失してしまうことになります。そのため、樹木は落葉させる前に葉の「クロロフィル」を分解して回収します。
葉の主な色素は緑色の「クロロフィル」と黄色の「カロチノイド」です が、「クロロフィル」が分解され「カロチノイド」が残った結果、葉が黄色くなります。葉が黄色くなるのは黄色い色素が新しく作られるのではなく、もともと 緑色で隠れていた「カロチノイド」の黄色が顔を出したのです。』

ということです。

生物学的な理由に納得はしますが、それにしてもやはり自然は偉大なるマジシャンですね^^
13


銀杏の葉   ゲーテ(井上正蔵訳)


これは はるばると東洋から

わたしの庭に移された木の葉です

この葉には 賢者の心をよろこばせる

ふかい意味がふくまれています

これは もともと一枚の葉が

裂かれて二枚になったのでしょうか

それとも 二枚の葉が相手を見つけて

一枚になったのでしょうか

こうした問いに答えられる

ほんとうの意味がどうやらわかってきました

わたしの歌を読んであなたはお気づきになりませんか

わたしも一枚でありながら あなたとむすばれた二枚の葉であることが

131




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

ウィンター・イルミネーション・・・この甘い響き~♪

紅葉に秋の終わりを感じる一方で、天気予報では「今年一番の冷え込み」などという言葉も聞かれるようになり、冬の訪れを感じるこの頃ですね。
何故か、クリスマスが大好きな日本人。
クリスマスを一ヵ月後に控えて、クリスマス・イルミネーションなどの話題も聞かれるようになりました。

そこで、我が家から車で2時間ほどのところにある、ウィンター・イルミネーションがすごいと評判の場所に、出かけることにしました。
三連休の初日ということもあって、すごい車の列でした。
何とか駐車場に車を止めると、さっそく入り口の樹の眩いばかりの、イルミネーションが迎えてくれました。
中に入ると、車の多さから想像していた通りすごい人出でした。
まず、目に飛び込んできた、二本の大きな樹のブルーとホワイトのイルミネーションはステキでした。
ぶらぶらと歩いて行くと、中央の池を飾るイルミネーションは、光の川を表現していたのでしょうか、光の川が次々と色を変え、何とも幻想的でした。

A


そして、圧巻は、花の広場と呼ばれる大きな花畑に繋がる、黄金色の光のトンネルでした。

100メートルぐらいの長さはあったでしょうか、その長さといい、あふれるばかりの光の渦に圧倒されてしまいました。

D7c7_2








ところが、さらに感動的な光景は、トンネルを抜けた先にありました。
広大な花の広場が、イルミネーションの銀河の世界に姿を変えていました。

Aa

真青なイルミネーションの間を縫うように走る、様々な色の光の銀河が貫いていました。
そして、夜空をイメージさせる青のイルミネーションのあちらこちらから、流れ星が尾を引いて流れるのです。
ちょっと、おおげさかもしれませんが、銀河鉄道に乗って窓から景色を眺めているような気分になりました。

『野原はまるで、幻燈のようでした。百も千もの大小さまざまの三角標。そ の大きなものの上には赤い点点をうった測量旗も見え、野原のはてはそれらが、いちめん、たくさんたくさん集まってぼおっと青白い霧のよう。そこからかまた は、もっと向こうからか、ときどきさまざまの形のぼんやりとした狼煙のようなものが、かわるがわるきれいな桔梗いろのそらにうちあげられるのでした。じつ にそのすきとおった綺麗な風は、ばらの匂いでいっぱいでした』―――「銀河鉄道の夜」より

Aaaaa

ウィンター・イルミネーションは、想像していた以上のすばらしさでした。
少し残念だったのが、私の大好きな地ビールを飲むために入ったレストランも長い行列で、体が冷え切ってしまったことです。
その分ようやく席について飲んだ地ビールはまた、格別でしたけどね^^

Aaaaaa
      

レストランの周りの樹も綺麗にイルミネーションで飾られていました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)